東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業))

東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

令和元年度 活動ブログ

令和元年度 活動ブログ養成講座の活動を記録しています

2020.01.08

卵が潰れそう...2

全然更新ができていなかったことを反省している青森県立八戸高等学校第一学年の二階堂有希乃です。ほんとにブログとか、まちかどサイエンスとか書けていなかったために前回の記事は「卵」「潰れる」がタイトルに入っています。潰しませんけども。そろそろ講座が終わりに近づいているから孵化させないとまずいです...。今回の記事は「DNAと遺伝子組み換え植物」についてです。

 さて、昨年の夏「DNAと遺伝子組み換え植物」についての講義を受講させていただきました。今さら?とかいうご感想あるかと思いますがお許しください...。この講義テーマ、学校のマイタイムでディベートを行っていて、私たちの班は「遺伝子組み換え食品について」を行うところだったのでかなり勉強になりました。

 講義の中で一番印象に残っているのはアグロバクテリウムです。アグロバクテリウムの働きを聞いたとき、DNAを注入するという点で頭の中にT₂ファージが出てきました。筆箱にストラップがついているせいなのかT2ファージには愛着があります。どちらもDNAを注入する際、分解されないというところが気になりました。いただいたPowerPointの資料には()づけで「分解されずに」と書かれてあります。通常は分解されるということなのでしょうか。ポートフォリオで伺ってみます。ちなみに、DNA注入について気になったため、インターネットで調べてみたところ、様々なタイプがあるようです。アグロバクテリウムが植物にT-DNAを送り込むことをタイプIV分泌系といい、ヒト病原菌の多くが細胞にタンパク質を送り込むことをタイプIII分泌系と分類するようです。特にアグロバクテリウムはVirB系で最も解析されているそうです。調べたら結構分泌系面白かったので、検索結果上位に表示された論文を添付しますので、是非お読みください!!https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsb/65/4/65_4_379/_pdf

 アグロバクテリウムはT₂ファージと違い、宿主(?)を破壊するまでは至らないので、サイズ的な問題もあるのだろうか、と考えてしまいます。また、その働きの「自分専用の栄養分」を作り出してしまうことに驚きました。植物がアミノ酸を分解できないのを初めて知ったうえ、どうやってその兼ね合いを生み出したのか、とも思います。この栄養分を作り出すために細胞分裂が行われ、活発な部分はコブになる、と講義で教えていただきましたがこれもハエの幼虫のパフに似ているなーと感じました。この講義ではひたすら関連するものばかりが頭の中に登場していました...。いいのか悪いのか...。これらの異なる点としては、植物は栄養分、ハエの幼虫は体の構成を生み出しているということくらいかな。やはり細胞分裂が盛んだとそこだけ膨らむのですね。パフは様々な場所に何度も現れますが、コブはできる場所に目安はあるのでしょうか。アグロバクテリウムがいろんなところを動き回ればその分組み換えをされる細胞は増えますし...。本体が死んでしまったら意味はなくなってしまうのですが。うーん。そうやって自分に都合がいいように作り変えて生み出されたアミノ酸を、アグロバクテリウムはどうやって摂取しているんでしょう...。細菌類の栄養摂取の仕方がよくわからない...。かなり素朴すぎる疑問ですね。生物にはかなり疎いことが自分でもよくわかります。ブログを書いている間だけでも様々疑問が出てきました。自分でも復習はしているつもりだったのですが、読み込む深さが違っていたのかと思います。ところどころで疑問が出てきてしまったために読みづらくなってしまい大変申し訳ありません。

 話は変わりますが、この講義の予習をするまでは恥ずかしながらゲノム編集と遺伝子組み換えの区別があまりついていませんでした。かなりざっくりいうと「ゲノム編集はその生物が持っているDNAを切り貼りするもの」「遺伝子組み換えは他の遺伝子を持ってきて切り貼りするもの」と知りました。間違っていたら教えてください。動画編集みたいだと以前から思っていましたが、遺伝子組み換えのプロモータが絡んだときのものをみて、「あっ、プログラミングのほうが近かった...?」と感じました。身近な技術になっている遺伝子組み換えですが、やはり非常に面白いです。

 「遺伝子組み換え食品についてディベートをする」と前述しました。遺伝子組み換え関連ということもあり意見の見解を書かせていただきます。ちなみに、このテーマは私がごり押しした様なものです...。悪気は一切ないです。多少、相手に申し訳なかったかな...くらいは思いますが!  議題は「遺伝子組み換え食品を法律で禁止するか否か」です。我々は否定側です。肯定側は「安全性」「生態系への影響」などを指摘してくるのですが、まず安全性に関しては問題ありません。よくネズミに遺伝子組み換え食品を食べさせ続けたらがんになった→人間も食べたらがんになる!という内容の論文が引き合いに出されやすいですが、あれは実験の杜撰さが指摘され取り下げられています。内容としては、使用したネズミの種類ががんを起こしやすいものだったこと、対照実験になっていなかったこと、などです。ほかに農薬の面での安全性も指摘されますが、ヒトには農薬の毒の受容体がないのでそのまま消化されて流れていきます。よって安全といえるかと。  「生態系への影響」としては、確かに崩しかねないと我々は考えました。しかし、いまだに遺伝子が流出した!生態系が崩れた!新種が!という報告はないようです。アメリカなどでは遺伝子組み換え大豆などが多く栽培されており、遺伝子組み換え植物は日常の中に普通に存在するため、この規模で続けていても報告が無いようなら大丈夫なのではないかと班で話しています。根拠が「報告なし」のみなので、ほかにも情報収集に努めてまいります。

投稿者:青森県立八戸高等学校

ブログトップへ戻る

高校別

宮城県宮城第一高等学校(15)

宮城県古川黎明高等学校(0)

宮城県仙台向山高等学校(0)

宮城県仙台第一高等学校(2)

宮城県仙台第二高等学校(4)

宮城県仙台第三高等学校(0)

宮城県仙台南高等学校(1)

宮城県仙台二華高等学校(18)

聖ウルスラ学院英智高等学校(0)

仙台市立仙台青陵中等教育学校(6)

仙台白百合学園高等学校(2)

東北高等学校(0)

青森県立三本木高等学校(1)

青森県立青森高等学校(13)

青森県立青森東高等学校(4)

青森県立八戸高等学校(17)

秋田県立秋田高等学校(0)

秋田県立秋田南高等学校(17)

秋田県立能代高等学校(9)

岩手県立一関第一高等学校(2)

岩手県立遠野高等学校(0)

岩手県立花巻北高等学校(5)

岩手県立釜石高等学校(9)

岩手県立黒沢尻北高等学校(2)

岩手県立水沢高等学校(7)

岩手県立盛岡第一高等学校(3)

岩手県立盛岡第三高等学校(0)

岩手県立大船渡高等学校(6)

岩手県立福岡高等学校(0)

盛岡中央高等学校(0)

山形県立山形東高等学校(1)

山形県立酒田東高等学校(2)

山形県立米沢興譲館高等学校(1)

私立福島高校(2)

福島県立安積高等学校(0)

福島県立安積黎明高等学校(0)

福島県立須賀川桐陽高等学校(0)

福島県立相馬高等学校(0)

福島県立磐城高等学校(0)

福島県立福島高等学校(6)

作新学院高等学校(0)

群馬県立高崎女子高等学校(9)

群馬県立中央中等教育学校(8)

埼玉県立熊谷西高等学校(0)

筑波大学附属駒場高等学校(0)

東京都立大泉高等学校(3)

東京都立科学技術高等学校(0)

立教女学院高等学校(0)

PAGE TOP