東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業))

東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

令和元年度 活動ブログ

令和元年度 活動ブログ養成講座の活動を記録しています

2020.03.01

恋する卵第7回

 こんにちは青森県立八戸高等学校第一学年の二階堂有希乃です。今回のブログは第6回講義について書いていきます。タイトルはわかる人はわかってくれると信じています。なにもいいのが浮かばなかったのです…ガチ勢の方々、お許しください。ちなみにこれを書いているのは3/31ですが投稿日はいくらでも調整可能ですので3/1と表記されています!この回では、英語サロンと「哺乳類の進化における歯の重要性について」「進化する航空機~ライト兄弟から火星飛行機まで~」を受けさせていただきました。



 今回の英語サロンのお題はSNSについてでした。私自身としては賛成でしたが、受付で渡された紙には反対の立場から意見するようにとあり少々戸惑いました。ですが、両方の意見をまとめていたのでそこまで苦戦はしませんでした。また、準備していない受け答えも以前より言葉がとっさに出てくるようになりました。人から見れば、まだまだなレベルだとは思いますが、自分としては大きく変化を感じました。

 担当の留学生の方は、火星飛行機について研究していてJAXAなどとも連携しているようで、私の持っていたJAXAのキーホルダーに反応してくれました。いいなーと言われましたが、イベントでの貰い物でどこで売っているか分からず少々申し訳なかったです…。


 さて、最初の講義は「哺乳類の進化における歯の重要性について」でした。いつも講義前は渡された資料を見て用語などを調べて書き込んでいたのですが、いくら探してもない!ということで自分だけないのではないか…と不安になりましたがもともとないということで安心しました。いつも以上にメモをする量が多いため大変でした。書くことは早いほうですが、急いで書くと普段ミミズのような字が暗号にまでなってしまうのでそこそこの速さでメモを取りました。いっそのこと速記を習得しようとしていますが、それよりだったら楔形文字を完璧にしたいので身につけることができないままです。


 メモは先生のお話の順にとっていたはずなのですが、かなり色々なところにとびまくっていて読むことはなかなか困難でした…。


 歯のエナメル質はモース硬度が7ということで、保育園のころ「歯は固いから鉄だって曲げられるんだよ!」というような内容を本で読み、実際に試さないと気が済まなかったので実践しようとしたら親に止められたという出来事を思い出しました。その後もう一度読み直したら「マネしないでね!」と書いてあり「ミ゛」となりました…。また、モース硬度にも、10段階のところ、5段階増やして15段階になっている修正モース硬度(主に工業系で使用)があると卵の数日前に知りました。これは卵つながりで知り合った方のオープンチャットで紹介されていた事柄の中にありました。ほかにも多くの人とつながっているとたくさんの知識なり情報なり得られるなあという出来事が多く、Twitterなど人とつながることの重要さを日々痛感しています。Twitterやってない方ははじめましょう。特定の界隈とつながると世界が広がります。自分の非力さをいやというほど思い知りますが、いい刺激を受けることができます。


 しれっと話題がそれてしまいましたので修正します。エナメル質はこれほど硬く、人間の歯は2mmくらいの厚さで覆われています。なぜ歯冠が発達したのか、それは「誤って砂や土を口に入れたときに歯が摩耗してしまうのを防ぐため」だそうです。摩耗すると歯はすぐになくなってしまって食事などができなくなってしまいますものね。現代ではこんな摩耗のしかたはめったにありませんが、長く使えば摩耗してしまいます。しかしなんと、普通に使っていれば人間の永久歯は150年くらいもつそうです!ちなみに乳歯は30年。私は講義中、最初から永久歯じゃダメなの?と浅はかな考えをもってしまっていました。先生はそんな考えも見透かしていらっしゃるようで、「永久歯が150年くらいもつための準備期間は胎児の間じゃ足りないから生まれた後に、準備中の仮の歯として乳歯が生える」と説明してくださいました。8,9年ほどかかって永久歯は生えてきますが、乳歯がないとそれまで歯は生えてこないという大変な事態になります。寿命が短ければ乳歯のままでもいいのかもしれませんが、人間は寿命が長いですからね。先生は、エナメル質の厚さが生物を長生きさせると仰っていました。


 他にも様々知識を得ることができたのですが、かなり衝撃的だったのは「口に歯になると思われる因子を入れたら毛が生えてきた」というものですね…。歯の因子ではなく、毛にならないようにブレーキをかけるものだったようで…。写真も見せていただきましたが何ともシュールな写真でした。当初先生は学生と、育毛剤の開発にも使えると思ったようなのですが、ちょっとでもかかるとそこから毛が生えてくるから危険、とまだ研究中のようです。完成したら私の中学時代の担任の先生に教えて差し上げたいです。先生結構気にしてたから…。


 また、テラトーマも衝撃的だったものの一つです。写真でも見たことがありましたが、改めてみるとグロテスク。このテラトーマ、歯と毛があることが非常に多いそうです。この2つは先ほどの因子の関係からしても非常に近そうですね。全く違うものと思っていましたが近いものだったとは驚きです。これらは人体の中でもつくられやすい部位のようです。テラトーマ自体は口や肛門にできやすく、現段階ではそこに使える細胞があるとしか言いようがなく、メカニズムはまだ解明されていないそう。人体は不思議なことばかりですね。


 少々長いのでここで区切ります。次回は「進化する航空機~ライト兄弟から火星飛行機まで~」について書いていきます。

 お読みいただきありがとうございました。

投稿者:青森県立八戸高等学校

ブログトップへ戻る

高校別

宮城県宮城第一高等学校(15)

宮城県古川黎明高等学校(0)

宮城県仙台向山高等学校(0)

宮城県仙台第一高等学校(2)

宮城県仙台第二高等学校(4)

宮城県仙台第三高等学校(0)

宮城県仙台南高等学校(1)

宮城県仙台二華高等学校(18)

聖ウルスラ学院英智高等学校(0)

仙台市立仙台青陵中等教育学校(6)

仙台白百合学園高等学校(2)

東北高等学校(0)

青森県立三本木高等学校(1)

青森県立青森高等学校(13)

青森県立青森東高等学校(4)

青森県立八戸高等学校(17)

秋田県立秋田高等学校(0)

秋田県立秋田南高等学校(17)

秋田県立能代高等学校(9)

岩手県立一関第一高等学校(2)

岩手県立遠野高等学校(0)

岩手県立花巻北高等学校(5)

岩手県立釜石高等学校(9)

岩手県立黒沢尻北高等学校(2)

岩手県立水沢高等学校(7)

岩手県立盛岡第一高等学校(3)

岩手県立盛岡第三高等学校(0)

岩手県立大船渡高等学校(6)

岩手県立福岡高等学校(0)

盛岡中央高等学校(0)

山形県立山形東高等学校(1)

山形県立酒田東高等学校(2)

山形県立米沢興譲館高等学校(1)

私立福島高校(2)

福島県立安積高等学校(0)

福島県立安積黎明高等学校(0)

福島県立須賀川桐陽高等学校(0)

福島県立相馬高等学校(0)

福島県立磐城高等学校(0)

福島県立福島高等学校(6)

作新学院高等学校(0)

群馬県立高崎女子高等学校(9)

群馬県立中央中等教育学校(8)

埼玉県立熊谷西高等学校(0)

筑波大学附属駒場高等学校(0)

東京都立大泉高等学校(3)

東京都立科学技術高等学校(0)

立教女学院高等学校(0)

PAGE TOP