東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

科学者の卵養成講座

東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

令和元年度 まちかどサイエンス

科学者の卵たちが見つけたちょこっとサイエンスをご紹介します。

アスファルトのひび

2019.07.21家の近くの道路

青森県立八戸高等学校

二階堂有希乃

アスファルトのひび

私の住む街は田舎だからなのか、道路のヒビがとても目立ちます。「また、ヒビ入ってる」といつも流していたのですが、そういえばなんで割れてるんだろうと思いました。車とかの圧力だったり、地震の影響かと思ったのですが、かなり色々ありました。

・舗装面の温度の変化による膨張収縮

・交通量が多いための反復作用

・土壌凍結による低温ひび割れ

・地震

などなど



特に私が「あー」となったのは日光と水によるものです。



温度が上がることで膨張したアスファルトの隙間から水が入り込み、内部で水が状態変化などをしてアスファルトを持ち上げることを繰り返すために亀裂ができていくというものです。



些細なことですが、面白いですね。

早く舗装して欲しい。