東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

科学者の卵養成講座

東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

令和元年度 まちかどサイエンス

科学者の卵たちが見つけたちょこっとサイエンスをご紹介します。

木星

2019.08.14ぐんま天文台

群馬県立中央中等教育学校

栁澤日和梨

木星

ぐんま天文台で、星の観察をしてきました。
残念ながら、曇り空で星はほとんど見えませんでした。
ただ、唯一肉眼でみえたのは、木星でした。(スマートフォン撮影)
画像では分かりにくいですが、真ん中より少し下に写っている、小さな丸い光です。
木星とは、太陽系の惑星の中で一番大きいです。
大きさですが、半径は7万2000キロ、質量は地球を1として317.8、温度は太陽から遠いため約マイナス144度と低いです。
水素とヘリウムガスでできているので、大きい割に軽いのも特徴です。

昨日8月13日は、ペルセウス座流星群が見える予定でしたが、見ることができませんでした。でも、木星が見えただけよかったかなと思います。
群馬県立中央中等教育学校 栁澤日和梨