東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

科学者の卵養成講座

東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

令和元年度 まちかどサイエンス

科学者の卵たちが見つけたちょこっとサイエンスをご紹介します。

気圧の変化

2019.08.27飛行機内

群馬県立中央中等教育学校

栁澤日和梨

気圧の変化

先日、飛行機に乗りました。
その時の機内食で出されたパンの袋です。パンパンに膨らんでいます。(ダジャレ)
ご存知の方も多いかと思いますが、気圧の関係で起こる現象です。
空気は地上から高く離れるほど少なくなるので、地上より高いところほど気圧はだんだん少なくなります。
パンの袋詰めは、地上で製造されて密封されるため、袋内は1気圧の状態です。
しかし、このまま高度の高いところにいくと、地上より気圧が小さくなります。
そのため、袋内は1気圧なのに対し、袋の外側は1気圧以下なので、外側から袋を押す力より、内側から袋を押す力のほうが強くなり、袋が膨らむわけです。
先日、まちかどサイエンスで、山道のタイトルで書いた耳のことについても、同じ気圧が原因のことです。

実験はしていませんが、おそらく地上に着陸したら、元の袋に戻っていたとおもいます。
見えないはずの気圧の変化が、視覚的に見られて不思議な感じでした。
また、今日学校の物理基礎の授業で、気圧のことについて学習し、理解が深まりました。
群馬県立中央中等教育学校 栁澤日和梨