東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

科学者の卵養成講座

東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

令和元年度 まちかどサイエンス

科学者の卵たちが見つけたちょこっとサイエンスをご紹介します。

スペクトルの撮影

2019.09.01自宅

群馬県立中央中等教育学校

栁澤日和梨

スペクトルの撮影

ぐんま天文台で、簡易分光器を作り、実際に蛍光灯のスペクトル(光を分解したときにできる色の帯)を撮影してみました。
接眼部分に、回折格子シートを貼っています。回折格子とは、平面ガラスの片面に、1cmあたり数百本から数千本の割合で細い溝を等間隔に掘ったものをいいます。溝の部分は、ギザギザしていて光を透過せず、溝の間のガラス部分が光を透過させます。CDなどがその例です。
そして、箱をのぞいて右のスリットという穴から光が入るようにすると、左側にスペクトルが見えます。
これは可視光線で、人の目に見える光です。何度かまちかどサイエンスで投稿しました。

光源によってスペクトルの見え方が違いました。光源による可視光線の幅などを、また実験してみたいと思います。
群馬県立中央中等教育学校 栁澤日和梨