東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

科学者の卵養成講座

東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

令和元年度 まちかどサイエンス

科学者の卵たちが見つけたちょこっとサイエンスをご紹介します。

高積雲

2019.10.10群馬県

群馬県立中央中等教育学校

栁澤日和梨

高積雲

世界気象機関では雲を10種類に分類しています。
これは、その中の一つで高積雲(こうせきうん)です。別名をひつじ雲ともいいます。
上空5000m付近に出来ることが多い中層雲です。
色は白く、ほとんどが水の粒で出来ています。

高積雲は、以前私が投稿した巻積雲、別名いわし雲によく似ているなと思いました。
この巻積雲と比べると、高積雲は発生する場所が低く、雲が厚いため、底に陰があります。
発生する高さが違うということは、地上にいる私たちからの距離も異なってきます。
そのため、見かけの大きさでも判断することが可能と言われています。
手を伸ばして、小指または人差し指を1本立てます。雲の塊が小指に隠れた場合は、上空の高い所にできる巻積雲の可能性が高くなります。一方、雲の塊が人差し指からもはみ出してしまうようであれば、高積雲ということになります。
この方法で、秋の空を見上げて雲を識別してみたいと思います。
群馬県立中央中等教育学校 栁澤日和梨