東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

科学者の卵養成講座

東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

令和元年度 まちかどサイエンス

科学者の卵たちが見つけたちょこっとサイエンスをご紹介します。

生クリーム→バター

2019.10.21群馬県

群馬県立中央中等教育学校

栁澤日和梨

生クリーム→バター

先日生クリームをふんだんに使ったロールケーキをいただきました。
液体の生クリームは、泡立て器でかき混ぜると固くなります。
なぜ固くなるのか調べてみました。

生クリームには乳脂肪が含まれています。この乳脂肪を膜で包んだものを脂肪球といいます。
泡立て器でかき混ぜると、脂肪球の膜が壊れ、脂肪球同士がくっつき始めます。
さらにかき混ぜると、くっついた脂肪級が空気を包み込みはじめます。空気がきれいに包みこまれた状態が固くなったものが生クリームです。
しかし、それ以上混ぜると今度は空気を包んでいた膜が壊れます。さらにそれを混ぜていくと脂肪球がくっついて水分と分かれてバターができます。

小学生のころ、学校の授業で液体の生クリームをジャムの瓶に入れて全力で振りバターを作ったことを思い出しました。
バターになる前はふわふわの生クリームになっていて、どうして生クリームがバターになるんだろうとずっと疑問に思っていましたが、科学的理由があると今更ながら知り勉強になりました。
群馬県立中央中等教育学校 栁澤日和梨