東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

科学者の卵養成講座

東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

令和元年度 まちかどサイエンス

科学者の卵たちが見つけたちょこっとサイエンスをご紹介します。

チョコレートはなぜ溶ける?

2019.12.08群馬県

群馬県立中央中等教育学校

栁澤日和梨

チョコレートはなぜ溶ける?

チョコレートでコーティングされたラスクをいただきました。食べている時に、体温でチョコレートが溶けて袋にベタベタついてしまいました。
このラスクは、11月〜5月の限定販売だそうです。おそらく、夏場だと溶けてしまうからだと考えられます。
そもそもなぜチョコレートは溶けるのだろうと思い、調べてみました。

チョコレートは、カカオから作られます。
カカオの種を、火で炒って細かくつぶしてよく練ると、カカオペーストというものになります。これにカカオバターや砂糖やミルクを混ぜ、冷やして固めたものがチョコレートです。
カカオペーストには油分が入っており、この油分は、温度が低いと固まり、温かくなるととけるという性質をもっています。バターやマーガリンなどと同じようなイメージです。
そのためチョコレートは、温度が高くなると溶けるのです。
(学研キッズネット参照)

チョコレートは甘くておいしいですが、油分が多いことがわかったので、食べ過ぎに気をつけたいと思いました。
群馬県立中央中等教育学校 栁澤日和梨