東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

科学者の卵養成講座

東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

令和元年度 まちかどサイエンス

科学者の卵たちが見つけたちょこっとサイエンスをご紹介します。

冬の富士山

2020.01.19大宮

群馬県立中央中等教育学校

栁澤日和梨

冬の富士山

新幹線で大宮を走っている途中、車窓から富士山が見えました。
100キロほど離れているにもかかわらずはっきりと見えました。
このときは冬の朝でした。これが、富士山が見えた大きな理由だと思います。

景色がきれいに見える条件として、空気中に含まれている水蒸気量が関係しています。
空気1㎥中に含むことの出来る水蒸気の量のことを、飽和水蒸気量といいます。
この日の気温が5度と仮定すると飽和水蒸気量は6.8です。
これが、気温30度だと飽和水蒸気量は30.3です。
つまり、冬の方が気温が下がり、空気中の水分量が減るため、遠くの景色がきれいにみえるのです。(浜島書店理科便覧参照)

年明け早々に富士山が見られて縁起がいいなと思いました。
群馬県立中央中等教育学校 栁澤日和梨