HOME > 事務局からのお知らせ

事務局からのお知らせ|新学術領域|ゲノム・遺伝子相関

「ゲノム・遺伝子相関」の概念を取り入れた新たな遺伝学分野の創成を目指すため、公募研究を募集します。
領域概要について、詳しくはこちらをご覧ください。

みなさまからのご応募をお待ちしています。

ページトップへ|新学術領域|ゲノム・遺伝子相関

科学研究費補助金 新学術領域研究
「ゲノム・遺伝子相関」計画研究班員・公募研究班員 各位

【 平成25年度領域若手の会開催のお知らせ 】

 
 新学術領域研究「ゲノム・遺伝子相関」平成25年度若手の会につきまして、下記の通りご案内申し上げます。各研究班の若手研究者におかれましては、昨年に引き続き積極的にご参加いただき、泊まり込みで活発に交流する機会としていただければ幸いです。

 北海道支笏湖畔の温泉にて、昨年同様、口頭発表・ポスター発表を中心とする会を計画しております。特にこの度は、Derek Goto先生のご協力のもと、「英語のセッション」や「学生対象の英語コミュニケーション講座(日本語)」というユニークな企画も準備しております。国際学会発表や海外研究者との交流に自信を持てる契機となるよう、多くの学生、ポスドクの皆さんの参加をお待ちしております。若手研究者を叱咤激励して頂ける研究班員の先生方も、ふるってご参加ください(英語講座時間中、温泉を堪能して頂くこともできます)。

 参加登録方法につきましては、後日ホームページ上でご案内する予定です。下記日程をご考慮いただきますとともに、班内の若手研究者・学生の皆様にもご連絡いただきますようお願い申し上げます。


場所: 北海道支笏湖温泉 休暇村 (http://www.qkamura.or.jp/shikotsu/)

日程: 2013年10月28日(月)16時 ~ 30日(水)13時(2泊3日)

交通: 新千歳空港から無料バス送迎用意(乗車時間約30分)
※新千歳空港への飛行機はスカイマークなどを利用すれば格安予約も可能

人数: 70〜80人程度

会費: 宿泊代として16,000円(28日の夕食から30日の昼まで全食込み)
    ミクサー代として大学院生まで2,000円、研究員・教員4,000円

登録: 8月末から専用ホームページを開設

世話人:Derek Goto(北海道大学)、鈴木剛(大阪教育大学)、高橋文(首都大学東京)、山中美和子(事務局)



ページトップへ|新学術領域|ゲノム・遺伝子相関

平成25年度班会議を6月2日より3日間、神戸にて開催しました。

s-IMG_2533.jpg
本領域も昨年度から、計画班に公募班を加えて、30の研究グループが微生物、動植物など多様な研究材料を駆使し、多様で複雑な表現型、生命現象の中に潜む「ゲノム・遺伝子相関」の実体解明を試み、それらの中にある共通機構・原理を少しずつ明らかにして参りました。これらの成果から、本領域が目指す、新しい遺伝学分野の創成に到達できるのではないかと、感じております。


s-IMG_2638.jpg

 今年度の班会議は3日間とし、また、夜にはディープな議論ができる時間設定も行いました。昼間の講演で気になった点、共通性の見いだせそうだと思ったグループとの活発な議論が行われました。

hankaigi25.jpg
 

ページトップへ|新学術領域|ゲノム・遺伝子相関

新学術領域「ゲノム・遺伝子相関」 班員の皆様

 

 10/31から11/2まで開催されました若手の会、のべ61名の方がご参加くださり、無事に終了いたしました。

 

 招待講演、口頭発表、ライトニングトーク+ポスター発表、夜のミニ企画と、多彩かつ分野横断的な企画を多数開催することができ、どの企画も盛り上がっていたように思います。

参加してくださったみなさま、ご協力くださったみなさま、誠にありがとうございました。また、不手際も多数あったかと思いますが、何卒ご容赦ください。

 

CGS_young2012-2.jpg

 

 会の最後にアンケートを書いていただきましたが、もし書き足りないことなどありましたら、若手の会世話人 cgs_young@nibb.ac.jp まで何でもご連絡ください。また、アンケートにつきましては、取りまとめまして後日また連絡いたします。

 

 

 最後になりましたが、開催に向けて最初から最後まで事務を取り仕切ってくださいました木下班の山中 美和子様、ホームページやメーリングリスト開設などを行ってくださいました基礎生物学研究所・情報管理解析室の三輪 朋樹様、当日の事務仕事を行ってくださいました高山班の阿部 愛様、リフレッシュメントの準備・タイムキーパー・照明係を担当してくださいました三重大の松田 智貴様、長坂 香里様、東北大の前田 隼輔様、曽根 美佳子様、大嶋 涼達様、総括班としてサポートしてくださいました奈良先端大の木下 哲博士、招待講演を引き受けてくださいました、OISTの川島 武士博士、領域代表の高山 誠司先生に、この場を借りて深くお礼申し上げます。

 

 それでは、領域のさらなる発展を願いつつ、ひとまず失礼いたします。

 

世話人

打田 直行(奈良先端科学技術大学院大学)

岡 彩子(新領域融合研究センター)

鈴木 剛(大阪教育大学)

玉田 洋介(基礎生物学研究所)

問い合わせ用メールアドレス:cgs_young@nibb.ac.jp

 

ページトップへ|新学術領域|ゲノム・遺伝子相関

科学研究費補助金 新学術領域研究
「ゲノム・遺伝子相関」関係各位


日頃より領域運営にご協力いただきありがとうございます。

先日ご案内しました領域若手の会における発表について、皆様にもっと気軽にご参加いただけるよう、全員発表から希望者のみの発表に変更いたしました。

 

詳しくは前回のお知らせ「平成24年度領域若手の会開催のお知らせ」をご覧下さい。

※参加登録は締め切りました(10/5)。

 

 

世話人

打田 直行(奈良先端科学技術大学院大学)

岡 彩子(新領域融合研究センター)

鈴木 剛(大阪教育大学)

玉田 洋介(基礎生物学研究所)

問い合わせ用メールアドレス:cgs_young@nibb.ac.jp

(総括班事務局:山中)

ページトップへ|新学術領域|ゲノム・遺伝子相関

ページトップへ|新学術領域|ゲノム・遺伝子相関