東北大学大学院生命科学研究科 植物生殖遺伝分野 渡辺研究室

教授プロフィール

教授:渡辺正夫プロフィール

渡辺正夫

渡辺 正夫 (Masao WATANABE)
昭和40年5月3日生まれ
(O型/Rh+)

学歴
昭和53年3月 今治市立桜井小学校卒業
昭和56年3月 今治市立桜井中学校卒業
昭和59年3月 愛媛県立今治西高等学校卒
昭和63年3月 東北大学農学部農学科卒業
平成2年3月 東北大学大学院農学研究科博士課程前期修了
平成6年3月 博士(農学)取得
職歴
平成3年4月 東北大学助手 農学部(採用)
平成8年6月 大阪大学蛋白質研究所共同研究員(併任)
平成9年2月 国立遺伝学研究所共同研究員(併任)
平成9年12月 岩手大学助教授 農学部(昇任)
平成14年9月 岡山大学資源生物科学研究所非常勤講師(併任)
平成17年4月 東北大学大学院教授 生命科学研究科(昇任)
平成17年4月 岩手大学21世紀COEプログラム特任教授
平成19年6月 東京大学理学部非常勤講師(併任)
平成21年4月 鹿児島大学大学院理工学研究科非常勤講師(併任)
平成21年5月 鹿児島県立錦江湾高等学校・SSH重点枠運営指導委員会委員(併任)
平成22年4月 岩手県立水沢高等学校・コアSSH共同研究指導講師(併任)
平成22年4月 仙台市立七北田小学校・学校評議員(併任)
平成22年5月 宮城県仙台第三高等学校・SSH運営指導委員会委員(併任)
平成23年4月 香川県立観音寺第一高等学校・SSH運営指導委員会委員(併任)
平成23年4月 岩手県立盛岡第三高等学校・SSH運営指導委員会委員(併任)
平成24年4月 福島県立福島高等学校・SSH運営指導委員会委員(併任)
平成24年4月 福島県立福島高等学校・コアSSH運営指導委員会委員(併任)
平成24年4月 鹿児島県立錦江湾高等学校・コアSSH運営指導委員会委員(併任)
平成24年4月 宮城県仙台第三高等学校・コアSSH運営指導委員会委員(併任)
平成26年9月 三重大学大学院生物資源学研究科非常勤講師(併任)
平成27年6月 名古屋大学大学院生命農学研究科非常勤講師(併任)
平成28年4月 国立研究開発法人理化学研究所客員研究員(併任)
平成28年4月 仙台市立片平丁小学校・学校評議員(併任)
出身
愛媛県今治市(ゆるキャラ・バリィさんのふるさと)
趣味
甲虫(昆虫も)採集
趣味の園芸(忙しくて、最近できないが、・・・)
甲子園に夏の高校野球を見に行くこと
スポーツ観戦(サッカー)
特技
出張時の交通手段の選択・切符の手配(運賃計算を含む)
作物をきちんと育てること
資格
高等学校専修(理科)教員免許、農業改良普及員
運転免許(原付・中型自動二輪・普通一種)
仕事内容
教育研究の統括・広報・人事、及び、アウトリーチ活動。今年度も気合いと根性で「論文執筆・投稿」。
やりたいこと
週刊誌(Nature, Science)をgetすること
行ってみたい所
沖縄県のどこでも
好きな言葉
環境は人を創り、人は環境を創る(元・理化学研究所所長・仁科芳雄博士)
研究室について
ひと言
植物の花を実験材料に扱うこと。それがこの研究室の特徴。それも、花粉と雌しべの相互作用を考えるというのが売り。そんな細かな研究と思うかも知れないですが、花を咲かせるまで実験を準備する分、競合相手は少なくなると、渡辺の師匠の日向先生が。確かに、研究者人口はストレス応答などのように、幼植物でできる訳ではない分、少ない競合性ですが、その割に、世界の興味を引くような結果が出てきたり。。。そんなサイエンス面でのおもしろさに加えて、受粉から受精の所の理解は、食糧生産に直結する部分。果実、種子を食するもの、イネ、ムギをはじめとする穀類、果物類など、果実・種子生産が不可欠です。そんな応用的なことにも貢献できる。もちろん、間接的かも知れないですが、そんな基礎から応用まで見すえて、研究をできるという点は、おもしろいところかと。
研究をする上で、大事なこと。それは、行う研究の前提条件、最近は「先行研究」と言う言葉が使われるのですが、平たく言えば、その研究の「歴史」を知ること。昔であれば、古い論文は孫引きをして、図書館でcopyをして論文を集める作業から。今であれば、おおよその雑誌はpdfというarchiveとして、簡単に見ることができるわけで。なるほど、昔の研究者はそんなことを考えていたのだとか、今と同じ発想であったとか、そんなことを整理して、研究に望むことで、新しい観点が明確になるのではと。そのためにも、英語、日本語の言語力は、必須事項。日本語は四半世紀を過ぎて、少しずつ上達したかなと思いますが、英語は。。。。そんなことを考えながら、研究室を運営しているわけです。。。。
2017年度の抱負
昔お世話になった植物分子遺伝学の教授のHPを初めて見たとき、「この研究室は平成27年3月まで。。」と言うような表記が。平成14年頃にその記述を見てすぐに理解できなかったのですが、65歳の定年までの年数を考えてと言うことに気がつき。。。そう考えると、渡辺がこれまで農学部・助手、岩手大学農学部・助教授、生命科学研究科・教授として、大学で教育研究を行ったのが26年にも。。(こんなになるのかと思うと、驚きでしかないのですが。)。65年が定年だとすれば、残りが14年。と考えると、残り1/3くらい(もちろん、最後までまっとうしてという話はあるわけですが。。。)。この26年間で構築した植物への理解を糧として、植物の生殖形質を統御している因子を1つでも多く解明できればと。その意味で残り10年あまりのスタートの1年と位置づけ、昨年度以上に研究成果を「学術論文」として、二律背反事象である「質」と「量」の両面を達成できるように。。。幸いにも昨年度は、これという成果を発表できた面もありましたので、これに一喜一憂することなく、2017年度をまっとうしたいと。そのためにも、これまで以上に、多方面との共同研究はその要諦であり、植物、生殖形質に対する理解力を涵養したいと。。。

研究履歴

2005~現在
東北大学大学院・生命科学研究科・教授
1997~2005
岩手大学・農学部・助教授
(1)アブラナ科植物の自家不和合性に関する分子遺伝学的研究
・花粉S対立遺伝子間の優劣性が、SP11の転写の有無により制御されていることを証明
・自家不和合性の雌雄両因子が共進化により、新しい対立遺伝子が生じていることを推察
・葯特異的遺伝子SP11が花粉側因子であることを証明し、その多型性を解明
・柱頭特異的遺伝子SRKが自家不和合性雌ずい側因子で、優劣性を制御していることを証明
・S遺伝子座76-kbゲノム領域の全塩基配列決定と葯特異的遺伝子SP11の同定
(2)アブラナ科植物における花粉表面タンパク質の生化学的、免疫学的研究
(3)ミヤコグサマイクロアレイの作製および生殖器官特異的遺伝子の網羅的研究
(4)シロイヌナズナマクロアレイを利用した葯特異的遺伝子の網羅的研究
1991~1997
東北大学・農学部・助手
(1)アブラナ科植物の自家不和合性に関する遺伝学的・分子生物学的研究
・自家不和合性関連遺伝子SLG, SRKのクローニングと多型性の解明
・集団間での自家不和合性対立遺伝子の多型性と対立遺伝子間の優劣性の解明
(2)アブラナ科植物における遺伝子導入系に関する研究
(3)異形花型自家不和合性植物・ゴレンシの形態学的、生化学的研究
科学者の卵養成講座 植物新種誕生原理 JSSV