東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

激戦、悲願、理(7/20)

2018年7月20日 (金)

 猛暑という言葉を超える言葉というのだろうか、酷暑という言葉を見かけるようになった。身の危険を感じるような暑さと言えばよいのだろうか。。。日暮れ当たりに一雨あれば、少しは気温が下がるのだが、地面などの温度は放射冷却だけでは、下がりそうもない。まだ、4, 5日は続くとか。。。もちろん、関東以西では仙台とは比べものにならない「酷暑」であり、西日本豪雨からの復旧に向けて、物資の代替ルートでの輸送がなされているようであるが、大動脈ともいえる山陽本戦が11月くらいまで部分的ではあるにせよ、つながってないのは大きな痛手である。1日も早い復旧を願うばかりである。そんな「酷暑」の中での作業とは、次元が違うものの、先日の棋聖戦。通算100期というタイトルをかけたものであったが、達成できなかった激戦。その結果、八大タイトルは8名の棋士が。この状態が未来永劫、続くとは思えないが、さらなる激戦で複数のタイトル保持者が出るという淘汰が生じるのであろう。いずれ、平成から次の時代へと言うところで、大きな局面の転換期なのだろう。

20180720162112-2c4de44c0e906424e8aefb8d11065decb2bae70a.JPG 処暑というのだろうか、暑さを凌ぐのを。。。絶滅が危惧されている「ウナギ」。土用の丑の日は、来週あたりとか。クロマグロは、世代を完全に回せる「完全人工養殖」の系があるが、ウナギはかなりの困難らしい。ただ、どこかでそれを打破できなければ、この時期の風物詩もなくなる。まさに、悲願なのであろう。植物もその種類によって栽培条件が異なることがあるが、魚の場合、その理(ことわり)を理解するのは容易ではないのであろう。この技術が確立されたとき、まさに、感慨無量なのかも知れない。感慨無量と言えば、国産ジェットが初の展示飛行とか。。。これも悲願であり、達成されることを切に祈っている。

 先週の米沢出張では福島経由で山形新幹線を山形県内ではじめて利用した。山間地を通ること、レール幅が通常の在来線より広いとはいえ、新幹線のスピードとは言い難い。。。。ただ、すべてを山形新幹線のようにというわけにもいかない。それを打破するシステムとして、トライしていたのは見かけたことがあるが、現実には難問が山積らしい。地元にとっては、まさに悲願なのであるが。。。技術の力不足なのかも知れない。あるいは、理が十分に理解されてないというのだろうか。この難局を何らかの形で、突破することは必要なのであろう。先の西日本豪雨の雨の量が多くなった理が解明されつつあるとか。。。酷暑という局面を乗り越えて、ここで激戦を一閃突破して、秋の実験につながるようにしないと。。。祖先の叡智を理解しつつ。。。できることを限界までやってみるしかないのであろう。暑さに負けることなく。。。

20180720162152-568c577baf4a3dd8cb3818c97b28645ce64ee705.JPG
 わたなべしるす




ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】米沢興譲館高等学校・SSH異分野融合サイエンス, 清真学園高等学校・SSH特別講義, 東桜学館高等学校・SSH講演会(7/12, 13, 17, 18追記)

2018年7月14日 (土)

 一昨日の伊藤さんの記事ではないが、梅雨明け前から夏のような暑さ。そんなことをいっているからか、土曜日には、梅雨明け。。。それも、仙台とは思えないような「高湿度」。日差しがあると、30oCとは思えないような暑さ。湿度が高いことが体感温度にこんなにも影響するとは。。。何事も五感で感じることが重要なのだと。西日本豪雨から1週間とか。それでも2,000人が孤立状態。。。1日も早い復旧を祈るばかりです。この豪雨の原因を探る研究も。何らかの方法で、大きく成長する前の積乱雲をばらばらにするとか。。。雨をまとめて、一定量以上は海に流れるようにするとか。。。空想の話と言われるかもしれないですが、そんなことをまじめに考えた方がよいような。。。

20180714125543-2365b906a483112cd5fdf694b31d0fe4bb6133c4.JPG 米沢興譲館高等学校・SSH異分野融合サイエンス(7/12)

 山形県では現在、3つの高校でSSHを実施しているような。1つが山形県立鶴岡南高等学校。今年度は実施できなかったですが。。。2つ目が、山形県立東桜学館高等学校。昨年度、はじめて講義に伺い、今年度は来週、課題研究について、講義に伺います。3つ目が、山形県立米沢興譲館高等学校。科学者の卵養成講座では、これまで多くの受講生を輩出していることもあり、どこかで機会があればと。。。「異分野融合サイエンス」というこれまでのSSHでは、異分野融合の重要性はいわれるものの、こうした講義を行うのは、はじめて。1回目は、「バイオ産業科学と社会課題--アブラナ科植物における自家不和合性の基礎から応用--」ということで。本来は「モデルケースの人生を見えて、自分の人生を考える」という、キャリア教育も計画していたのですが、時間の関係で、8月10日の実施枠へ。そんなことになったも、今回の講義に、野菜、果実を用意していただき、実物を見て「考える」という新しい企画で行ったこともあって。

20180714125943-3af18c839ff3cc72aa933351e52a1c56bd89ddb2.JPG20180714125954-b8e9ff44f58f3c25edea468d0c4063b97cc25741.JPG20180714130011-b2c275fff79a46dd536b6510992d36c092cd5cc1.JPG 3hrの講義と言うこともSSHでは、初めての企画。6月末に今治での「ふるさと出前授業」で、野菜などの実物で、本物を見ることがインパクトがあるのは、こちらも理解していたので、最初の1hrを使って、野菜、果実などの横断面などを見ながら、その分類、多様性などを考えることに。オウトウ、モモ、リンゴがバラ科果樹ということは、果樹王国の山形県だけあり、開花したところをよく見ていたと思います。一方で、トウモロコシ、オクラ、ピーマンの果実からそれを分類する。少し難しかったかも知れないですが。。。身の回りの野菜・果物に対する理解が今までとは違ったのではないでしょうか。当たり前を当たり前と思わない心を醸成していただければと。。

20180714130028-c84e0c26e7a96832e84c92efa0fdb0a4f8cb7c06.JPG20180714130040-b9fb3f7088a7cf40058eff94a4b08800e44c659d.JPG20180714130051-9a69b32cd856e7e4cc6a09bc68c8120c50c185c6.JPG 後半は、植物の生殖、自家不和合性について。もちろん、この時にも、実物のオウトウ、トウモロコシなど、大活躍。オウトウも自家不和合性。では、佐藤錦の雌しべには、佐藤錦以外の例えば、ナポレオンなどの花粉を交配。これで、ちゃんとした、佐藤錦ができるのか。受精のしくみをきちんと理解できていればよいわけです。小中高で、動物のことは多く学ぶ機会が多い割に、植物のことを学ぶことが少ないことが影響しているのか。。。種子と果実の受精時の関係。改めて、考えるきっかけになったのでは。もちろん、自家不和合性を利用したF1雑種種子の育種とかも。少し難しい内容もあったかも知れないですが、山形の自然を改めて、見直す・観察する機会になってくれればと。。。最後に、代表の方から、今日の講義についての感想。育種に興味があり、これからしっかり自然の観察をしたいと。がんばって下さい。

20180714130110-6e29e2a15ab95c183d13fd203e8510c73188d0c1.JPG20180714130124-6c75db349ff1cc5bd875a63eff2501b9c4015bd9.JPG20180714130139-3dc2f3b8412517de74f9c98fa2744261fc31abf5.JPG20180714130153-32b97ef41472536062a967f7d69503b908e28926.JPG 講義を始める前に、横戸校長先生、海和教頭先生、熊坂先生を交えて、昨今の高大連携、SSHの実施など、多岐にわたり、お話しする時間を頂けました。ありがとうございました。今年度中にまた伺う機会もありますので、こうした場を、改めて、設けて頂ければ、幸いです。最後になりましたが、実施に当たり、今崎先生、熊坂先生をはじめとする関係の先生方には、大変お世話になりました。本物を見ることの大切さを改めて、強く実感できた3hrの講義でした。ありがとうございました。次回は8月の研究室訪問で、お目にかかることができるのを楽しみにしております。

20180714130211-85038f1dd2f82b7b50a2cb91bd0e0ac24ca2211d.JPG20180714130222-e987525ff925cfb76a1707acf048261f18c2b690.JPG20180714130235-a6c23fce9ea5ed1647059fc775565119e10804b4.JPG PS. 7月も半分終わろうとしているのに、片付かないものが多数。時間を見つけて、山形県立米沢興譲館高等学校の歴史である「史料室」を拝見と思ったのですが。。。今回は、かなえることができず。。。是非、また、次回以降に拝見できればと思います。よろしくお願いいたします。

 PS.のPS. 講義の翌日、担当の今崎先生から「何気ないことにも疑問が潜んでいること、ものの見方を変えることで新たな課題が見えてくるということが、身に染みて生徒へと伝わった」というようなmailを頂きました。ありがとうございました。今回の企画を他のSSHなどでも応用できると言うことを実感できました。ありがとうございました。



 清真学園高等学校・SSH特別講義(7/13)

 前日の米沢興譲館高校に続いて、茨城県鹿嶋市にある、清真学園高等学校の1, 2年生が12名、研究室見学に。昨年に続いて、この時期、東北地区にある大学で研修をしているとか。前日は山形大・工学部へ。米沢市内にあります。米沢興譲館高校へ出前講義だった渡辺とすれ違いだったと言うことに。昨年度もこの時期に、研究室に来て頂き、2年連続。

20180714130757-78cebbd4fe83c340e1597ad19725909a209972da.JPG20180714130912-21a83174f8d6845119dd7ba57a5b693668714208.JPG 講義の最初に、身の回り、自然を観察して、自分で考え、行動することの大事さを。manual通りに物事が起きることは、ほとんどないわけで、それに対して、しっかりした対応力をつけることの重要性を。渡辺が所属する大学院生命科学研究科について、また、渡辺の研究室についても概説を。続いて、先の考えながらということに重点を置いた企画。「バナナからDNAを」。プロトコールは、とても簡単に書いてあるわけです。それを見ながら、どのくらいでやってみるのか、自分の判断でやってみると言うこと。途中で失敗もいくつかありましたが、それも大事なこと。最近は、失敗をしないようにということで、色々なセイフティネットを張り巡らせることが多いだけに、それだけでも、新鮮だったのでは。。。予定よりも少し時間がかかりましたが、無事、皆さん、実験は成功。考えることの大事さについては、帰りのバスの中で、さらに、担当された先生方から、指導があったのでは。。

20180714130932-d41b58dcf35fe2e1c183fc4c14ad48234025574b.JPG20180714130943-95dab36ed705b664afe25bfae17484f9b10d2831.JPG20180714131001-96346133fc3abf7805fc8077175bc65e6d1fb5ab.JPG20180714131033-7610d1fd6371a18c170672d0b8efb8f8be5da4d0.JPG 後半は、研究室の見学。はじめて見るようなものであったり、また、この時期に、まだ、菜の花がガラス室で咲いていること。また、アブラナの葉っぱの表面にワックスがあること。二倍体のB. rapa, B. oleraceaは自家不和合性で、B. napusが自家和合性と言うことも。30oCを遙かに超えるガラス室。ここは、短時間で。。。それでも観察の大切さは、理解してもらえたのでは。

20180714131053-ddafd49ab0667e25c563f80f84399d01c2717bcc.JPG20180714131104-885be330eeee14913871063ff26cf98ae7c4a7ac.JPG20180714131117-f8f091bb281234540b457e4608e7cb282d809a4e.JPG 最後になりましたが、今回の企画を頂きました、十文字先生、大録先生、紫谷先生をはじめとする関係の先生方にお礼申し上げます。考えて、行動することの重要性を伝えることができるようなプログラムにさらに、発展させたものにしたいと思いますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。また、TAとして、準備から実験のサポート等をして頂いたD2・岡本君、M1・小川さんにこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

20180714130826-7e9ced26dc979890102c006ccd5a8c8839c33539.JPG20180714130839-288f9e9759d4445888c2b302e6147cf739adfb38.JPG PS.のPS. 講義の翌日、担当の大録先生から生徒さんのコメントを。「他人に指示されて動くのではなく、自分で考えて行動するということがとても大切だと分かりました。どうやったら実験が成功するか周りを見ながらよく考えたので楽しかったしとても勉強になりました。」


 山形県立東桜学館高等学校・SSH講演会「SSH課題研究を始めるに当たって」(7/17)

 先週末は「海の日」をはさんでの3連休。たまっていた案件をあれこれと片付けつつ、できるだけ休養も。。。子どもの頃であれば、30oCを超えても、さほどでもなかったのが、このところ、湿度は高く、30oCを超えられると。。。体力不足と言えば、それまでかもしれないですが。。。先週は、山形県立米沢興譲館高等学校へ、SSH特別講義。あけて、今週は、昨年度からSSHをスタートさせた中学校併設型の中高一貫校である山形県立東桜学館高等学校へ、「SSH課題研究を始めるに当たって」という講義を2年生向けに。仙台も昼過ぎに32oC近い気温を観測するような日。奥羽山脈を越えた山形県側は、もっと暑いかと思ったですが、さほどでも。。。学校への最寄りの「さくらんぼ東根駅」前には、代表的なサクランボ品種である「佐藤錦」、「ナポレオン」の樹が。自家不和合性を有しているので、相互に受粉樹として、機能していると言うのは、聞いたことあっても、ものとして、見るのははじめて。。。本物はやっぱり感動です。

20180717184908-74316bf01e553118cd15c1d9db5375c9826560af.JPG20180717184925-0636212b910a291f9d9f70b3369c7d4d2662c952.JPG 前半は、課題研究を行う上での基礎的なこと。研究するときに、反復実験が必要であるということ、グループで研究をすることが一般的であることから、ノートにきちんと日々のdataをまとめると言うこと。まとまったところで、何を考えるのか。それが議論すると言うこと。こうしたことを踏まえて、論文の形にすること。論文を書くとき、実験をしたほどに、材料及び方法を書いておけばよいと言うこと。もちろん、結果も。その上で、議論を実験をしつつまとめて、それに見合うイントロを書くということ。もちろん、そうでない書き方をという、書物もあるかも知れないですが、慣れないとできないこと。この基本形をベースに、最後に、概要とタイトルをつけること。実験を始めたときと、最後の結論に至ったとき、タイトルは変わるというのが、一般的であること。こうした実験結果を場合によっては、ポスター等で発表するときも、研究の内容をしっかり理解した上で、話をすること。

20180718182704-20ce1f4aa0d5056a7c3154e8ffc81c8ffa2e2e1c.JPG 後半は、渡辺のこれまでを振り返る「キャリア教育」。課題研究とは異なりますが、課題研究であったり、高校での色々なことに活かして頂ければよいかと。実験をするときも、いくつかの実験はできるかも知れないですが、1つの形あるものにまとめると言うこと。これからの高校生活、その先もどうやって、1つのよりよい方向に持って行くというのは、ある種の共通性もあると思いますので。講義が終わったあとの質疑の時間もdeepというか、課題研究のことをしっかり考えているのだなと言う質問がたくさん。多くの失敗を糧にたくさんのチャレンジをしてみて下さい。最後に代表の方からの挨拶も、課題研究の講義だったですが、それ以外のことにも活かしたいというのは、こちらの講義の趣旨でもありましたので。。。なによりでした。

20180718182728-e807f75fe9a7201077d1a024be07c599d21a5d82.JPG 講義が終わったあと、官校長先生、SSH担当・兼子先生とSSHの現状、今後の展開などについて、貴重な議論の時間を頂きました。1つのイベントを行うにしても、どのタイミングで行うのがよいのかなど。こちらも色々なことを考える時間になりました。ありがとうございました。最後になりましたが、官校長先生、SSH担当・兼子先生をはじめとする関係の先生方に、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。


 わたなべしるす

 PS. 講義が終わったあと、今年度の探求型「科学者の卵養成講座」に参加してくれる1年生の方が挨拶に。とてもしっかりしていました。最後まで休まず、がんばることかと思います。楽しみにしておりますので。

 PS.のPS. 7/18(水)、当日の写真撮影をお願いするのを失念しており、渡辺の発表の様子を撮影したものをSSH担当の兼子先生から送って頂きました。ありがとうございました。そのmailの中に「文系の生徒も刺激を受けたようでした」。という文面を見つけて、今回の講義が、文理を問わず、有意義なものであったことを実感でき、ほっとできました。ありがとうございました。


ページの一番上へ

夏日が続く梅雨

2018年7月12日 (木)

毎日暑いですね。
渡辺先生も書かれているように、梅雨なのか、夏なのかよく解らない天気が続いている仙台です。


20180712133629-47cf303c57c220bcb2a02b620f98dd64c5c9dd3a.JPG


朝、水をあげて出かけても
20180712133803-ea2091609bf3999c65995bbbf10c609d7e0444f2.jpg夕方にはこんな状態になっていて、、、
20180712133859-a975c23718bb9993f1fd970cf7204ec621cf6451.JPG水分補給、大事ですね。



シーズン真っ只中で毎日部活に明け暮れる我が子達。
帰宅後の第一声は決まって「疲れた〜〜〜」
20180712134123-caa4de61e29329ffbda4b96c6a295c89bb469449.jpg休息、大事ですね。


暑いと食欲も落ちてしまいがちですが、、、
20180712134308-d71773369ae301ef53f7a1c2b08651cfc701ac5d.jpgのサムネイル画像甘いものを補給するのも大事です。



研究室は機械類の管理のため温度を一定に保っているので、


株分けしてもらったコダカラベンケイソウが研究室の片隅でこんなに大きく成長したり、
20180712134804-c0b499f7116dc75ad37f8e509b80b72ded8de099.JPG
いただいた鉢植えも毎年咲き過ぎ?な程、花をつけます。
20180712135152-f4e336a0f6e3359a94673892bd2c8ea22f040991.JPG

水分、栄養、休息
どれがかけても健康ではいられません。


西日本の大雨災害で被災された方々にも、十分な栄養と休息が取れる環境が早く戻って来てくれますよう、心からお祈り申し上げます。


いとう

ページの一番上へ

苦難、逆回転、乾坤一擲(7/11)

2018年7月11日 (水)

 週末をはさんで、中国・四国・近畿での雨はすごかったというレベル以上であった。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々の1日も早い復旧を祈るばかりである。7年4ヶ月前。東日本大震災。その時のことを思い起こさせるような河川の決壊。車が流れる様子は当時、そのものであった。もちろん、震災当日は、ほとんどそんなことを知るよしもなかったのであるが。。。いつから、このような気象条件になったのであろうか。仙台にきた、1984年当時、梅雨の時期の涼しさと言うよりも、寒さを実感した。梅雨を第2の冬ということもあった。梅雨明けまで、暖房器具が手放せなかった。今は、その逆で、冷房が欠かせない。どちらも「苦難」かもしれないが、巨大台風であったり、地球全体での気象の変化を人類の叡智を集めて、この苦難を突破するしかないのであろう。

20180711192853-26ed850d0ae2aa5a5801ddec37b868c9be5ee11e.JPG 瀬戸内側の梅雨時期は、しとしと降る雨で、梅雨明け前には、かなりの雨と雷が来ると、梅雨明けというのを思い出す。その梅雨明け前の雨がこの豪雨だとしたら、あまりの変化である。小学生の頃、台風の襲来で裏山が崩れそうと言うことで、公民館に避難したことはあったが、これほどになるとは。。。瀬戸内の地形はあまり広くない沿岸部から山が海岸線近くまで迫った地形が特徴なので、陸の孤島になっているところも、被害が大きくなったような。。。この40年あまりで、地球全体でなにがどうなったのか、時間軸を逆回転して、解析することは。。。もちろん、専門家の方々はされているのであろうが。。。

 そんな中で、避難のタイミングについての議論を見つけた。いろいろなことはあろうが、空を見上げて、今であれば、いろいろなところにある気象情報から、個々人がきちんと考えることの重要性をという声も。もちろん、1つの答えというわけにはいかないにせよ。。。空と地面の様子を見て考える。お天道様を理解すると言うことなのだろうか。どんな決断をするのか、天と地を意味する乾坤、そこで自ら決断するという、乾坤一擲。そこまで言うのは酷かもしれないが、東日本大震災の時にいわれた「津波てんでんこ」ということは、まさに、その通りなのかも知れない。3.11とは異なり、ずいぶんと気温も高いこの時期。復旧作業ももちろんであるが。体調管理をされて、1日も早い復旧をというのが、東日本大震災を体験したものとして。。。黙祷。

20180711192704-ecb86b2475b51009adcff37bf3e2111be3e47329.JPG
 わたなべしるす

 PS. 被災された方々のことを思うと、main記事には書けないが、世界的なスポーツイベントもあと数日。これからの方向性について、なるほどという提言が。。。ここだけの問題とせず、広く考えて見ると、より幅広く適応できるのではと。。。難しい問題と言わないで。。。



ページの一番上へ

効果絶大、伝説、記憶(6/30)

2018年6月30日 (土)

 関東では梅雨が明けたらしい。仙台も梅雨明けを思わせるような暑さであるが、来週後半には、雨がもどってくるらしい。中庭では樹木の剪定が行われているが、暑い中ではあるが、雨降りの中でというよりは。。。そういえば、昨日の夕方もゲリラ豪雨と思えるような雨が。結構強烈であった。瞬間と言わなくても、しばらく待てば、雨は上がってくれたので。。。こんな日差しが強い時期、夏野菜の生育は順調なのでは。そんな夏野菜のキュウリに一工夫されているとか。自分で苗を作るのではなくて、苗を買って、栽培できる時代。1つの台木に穂木を2品種。野菜であれば、2品種が限界なのか、。。少なくとも2種類の味が楽しめるという意味では、効果絶大のような。。。近縁で、違う種を穂木にしてみたら、。。ふと、そんなことを考えてみたが、種の特性を完璧に発揮するのが難しいのだろうか。いずれ、考えて見たい。

20180630134716-9428d64620de81f7c5054921bcc367b98d5554c9.JPG キュウリなどのウリ科はちょうど開花時期。というか、出前講義でも受粉作業を行った。いずれ、夏が近いと言うことは、色々な花が咲いてくる。果実が大きくなり、中には、種子形成も起きる。キュウリのように種子が未熟で食すものもあれば、スイカのように種子がほぼ成熟したものも。。。そんな風に、花が咲くのが普通のものもあれば、サツマイモ、サトイモのように開花を見るのが、rareなものも。。。そんな中で、めったに咲かない「タケの花」が開花したとか。子供の頃に、タケでなくて、ササの花が咲いているのを見たことがあるような。いずれも、地下茎でつながっているからだろうか。どこかで開花すると、その群落は全部、開花して、枯れるというのは、伝説なのだろうか。。。開花ホルモンを処理したら、同じことが起きるのだろうか。いずれ、きちんとした実験が必要なのであろう。ちゃんとした証拠を集めるために。。。

 今日で6月も終わり。つまり、今年も半分が終わったと言うこと。後半戦に向けて、この週末は充電をすることに。秋の涼しさが来る前に、きちんとした成果を上げることができるように。。。成果と言うよりも、大作になるように。大作といえば、昨日の金曜日で、野球漫画が46年の歴史に幕が下りたとか。。。最終回を読んでないが、子供の頃から強烈な記憶に残るものであった。改めて読んでみて、これまでの歴史を振り返り、どの様に進めてきたことが、現在の玉座の地位を構築したのか、考えることが、次へのヒントになるような気がする。最後のところでは、また、どこかでとあるように。。。

20180630134731-c0e5d4c380be6a6c30e2897dabc6eb12ea1390e3.JPG
 わたなべしるす

 PS. 人生とはどうあるというか、いろいろあるというのが、。。いずれ、問題を克服し、勇猛果敢にチャレンジすることが不可欠なのであろう。。。



ページの一番上へ

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11