東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

【リモートアウトリーチ活動】探求型「科学者の卵養成講座」特別講義、岩手県立一関第一高等学校SSH特別講義、岩手県立盛岡第三高等学校・SRH中間発表会(7/31, 8/23, 8/28追記)

2021年8月 3日 (火)

 梅雨明け10日で暑さが収束すると思っていたのが、台風の通過が影響なのか、ここに来て、30oCを超える最高気温。もうしばらく続くとか。。。

20210803185235-fec168862c0898765b761630afe97d6c39d0de72.JPG
 7/31(土):探求型「科学者の卵養成講座」特別講義「ダーウィンも注目した高等植物の自家不和合性」

 コロナ禍を受けて、今年の「科学者の卵養成講座」も2年続けてのリモートでの実施。1hr程度の講義動画を講義当日までに見て頂き、当日は20min程度で、少し角度を変えつつ、リアルタイムでリモート講義。50inch程度のモニター越しですが、受講生の反応を見ることができ、場合によってはこちらから質問も可能。少しかもしれないですが、双方向での講義形態を維持できたかなと。講義内容は「植物の生殖、受粉反応、自家不和合性」。小学校で学習を始める植物の生殖の仕組み。意外と植物の生殖はスルーされているのだと言うことを実感。根本的に何かを変えないとまずいと思いつつ。講義の最後は、もちろん、質疑の時間。この掛け合いがあるから、楽しいわけです。ありがとうございました。

 PS. これは別件。秋に2年ぶりで実施する「ふるさと出前授業」。その関係で、これまで統括をされていた先生方、現在の担当の先生も交えて、リモートでの会議。愛媛とは離れていてもよい情報交換ができました。ありがとうございました。

 PS.のPS. その「ふるさと出前授業」で個別に小中学校と事前打ち合わせ。もちろん、net環境などあり、大変さもあるわけですが。。。そんな打合せの中で、受粉、受精の話になり、その本質を捉えておられた先生と話ができる機会が。感動でした。渡辺が小学生の頃からあった「今治自然科学教室」を支える先生方のおかげなのだと。。。ありがとうございました。

20210803185058-044a47baa14fcbba2be969fcbb247b2bcb0ef1e8.JPG
 8/23(月):岩手県立一関第一高等学校SSH特別講義「将来に向けたキャリア形成と『考える基礎』となる課題研究のあり方」

 講義が終わったら、すぐに記事を書くのに、すでに10日ほどそのまま。。。まずはできることから。先週の月曜日が運営指導委員も行っている、岩手県立一関第一高等学校でのリモートでの講義から。昨年度も行いましたが、その時は、録画したものを見てもらい、そのあとに質疑の時間。今回はリモートでの中継。コロナ禍、課題研究、キャリア形成ということで、講義を。今回のトピックは、講義の途中で区切りながら、レポート作成。しっかりと書かれたレポートが先日手元に。また、時間を見つけて、コメントをしたいと。。。


 8/28(土):岩手県立盛岡第三高等学校・SRH中間発表会

 その週の土曜日が盛岡三高のSRH中間発表会。緊急事態宣言が発出され、BCPレベルが3と言うことで、リモートでのアウトリーチ活動のみOKという状態。発表の様子を配信していただき、それについて可能な限りの質疑を。また、終わったあと、生物班との実験についての討論。最初のスタートで苦労をされているようでした。「失敗は成功のもと」といいます。失敗から学ぶことも多いです。2月の発表会を楽しみにしつつ。


 わたなべしるす

ページの一番上へ

【教養講義】「大学生のレポート作成入門-図書館を活用したスタディスキル-」講義への総括(7/27)

2021年7月30日 (金)

 いつもであれば、2回の講義、2回のレポート提出のあとにコメントをuploadするのですが、気がついたら、講義の最終回も終わり。。。with coronaと言うことで行った2年目の講義。反省とfollowと言うことで、記しておきます。受講生の方々に参考になれば。

 講義はいくつかのことが重なり、1回目は録画したものを見ていただき、2回目は図書館の方が論文検索の実習をしてくれました。1.5hrの講義を対面で行うのと、録画でやること、学生さんにとってどちらがよいのかは、それぞれあるかも知れないですが、録画の方が話をすべき内容をほぼ伝えることができると思っています。対面の場合、その場の雰囲気で盛り上がると、その部分の余分の引き出しを開くので、全てを話しきらないことも。いずれ、配付資料を見て、レポートを書くとき、修正するとき、ちょっとしたことに気をつけるだけで、ずいぶんとよいものになりますので。また、databaseは論文を探すだけでなく、多様な使い方があるので、それらを参考して、これからの大学生活に活かして下さい。

20210730184800-1eb8d5330c625bb1c12e8c27e0aeebab15598629.JPG 肝腎のレポート。かなり苦戦されたのではないでしょうか。もちろん、これだけに集中しているわけではないので、大変だったと思います。ただ、実際に他の人からコメントをもらい、自分とは違う角度であれば参考になったり、再考するきっかけになるのでは内でしょうか。また、話のストーリーを考えていても、実際に書いてみると、それとは違う方が、よかったり。いずれ、文章の断片でもよいので書いてみて、それをどの様に繋いだら話が自然でおもしろいのか、ということを、是非考えて見て下さい。起承転結ではないですが、問題提起、それがどの様なことなのか。それ以外にideaはないのか。で、結論は。というのが、起承転結のパターンともいえるかと思います。いくつかのレポートのパターンを持つことで、文章を書く幅も広がると思います。そのためにも、数多くのできるだけ長い文章を書くように心がけて下さい。

 講義の最後に、後期の講義科目のお知らせ。展開ゼミで秋冬野菜を盆栽として育ててみよう--栽培を通して、観察眼を養い、栽培の大変さも理解してみよう--」を、木曜日の5コマ目に開講します。過去の講義はwebで全て見えます。観察をして文章を書くことの繰り返し。このレポートの講義と同じように、feedbackを行います。文章もですが、どんなところに着もするか、それをどう表現するか等々。今年度から諸事情で10名の募集枠にします。渡辺のHPから改めて後日、紹介しますので、興味がある方、申し込んでみて下さい。コスパがよいか、難しいところですね。ただ、文章を書くことが苦痛で亡くなるというのは毎年の受講生の感想です。

20210730184818-02b988da817edd40089a6a1286f5648bfb95955c.JPG
 わたなべしるす



ページの一番上へ

【リモートアウトリーチ活動】福島県立安積高等学校・SSH運営指導委員会(7/15)

2021年7月16日 (金)

 記事を書いているのは、週末の金曜日の7月16日。関東甲信・東北で梅雨明けとか。最高気温も30oCを超える状況。梅雨明け10日と言われる位なので、来週いっぱいは高めの気温の推移に気を配らないと。。。その前日が運営指導委員会。


 7/15(木):福島県立安積高等学校・運営指導委員会

 SSH実施校の運営指導委員会の最後は、福島県立安積高等学校。2期目の3年目。興味深いチャレンジをされているので、何とか形になってほしいなと。実現できるような支援ができればと思います。細かな内容は秘匿扱いということで。

20210716164615-29b980476356b2449fd73837269f6a7382c96ac3.JPG
 わたなべしるす



ページの一番上へ

祝、大学院合格(7/16)

2021年7月16日 (金)

 コロナ禍でも、普段と変化なく、起きているわけで。。。そういえばと思いだしたのが、この時期は大学院入試の試験と合格発表。昨年は失念していたことに気がつき、今になって、申し訳なく思います。

 で、今年度は、7月14日に自己推薦入試の合格発表が。無事、受験してくれた学生さんが1名合格。コロナ禍で大変だと思いますが、半年間、現在所属の研究室でしっかりがんばって、そこで学んだ智力体力を来年の4月から発揮して下さい。楽しみにしております。

20210716155915-04abfebf0c0be80781a4d270b7d0255ec15fec20.JPG
 わたなべしるす


ページの一番上へ

【リモートアウトリーチ活動】宮城県仙台第三高等学校・SSH運営指導委員会、埼玉県立熊谷西高等学校・SSH運営指導委員会、仙台市立片平丁小学校・学校評議委員会、山形県立米沢興譲館高等学校SSH特別講義、山形県立東桜学館高等学校・SSH運営指導委員会(6/18, 21, 23, 7/8, 9追記)

2021年6月22日 (火)

 世の中が落ち着かないからだろうか。このイントロの引用記事を見つけるのが難しい。それくらい不安定なのであろう。

 6/18(金):宮城県仙台第三高等学校・SSH運営指導委員会

 6月はSSH運営指導委員会の季節。この日は宮城県仙台第三高等学校。activeに活動をされているのは、自明のこと。次への積み上げは・・・。このあたりになると、かけないこともあり、というか、教育を短期間で評価できないというのが正しいことなのだろうと。

20210622170700-17ade51787c98b876175752acfcc2e409f883ed0.JPG
 6/21(月):埼玉県立熊谷西高等学校・SSH運営指導委員会

 週の初めは埼玉県立熊谷西高等学校。コロナ禍を受けてのリモートでの開催。午後~発表会だったものについては、後日、動画形式で拝見できるとか。リモートをどの様に使うか、これも難しい問題というのを実感。

20210622170719-e9d5b5fa41496ddca3a80f051a90e958d24a2f60.JPG
 6/23(水):仙台市立片平丁小学校・学校評議委員会

 仙台市立片平丁小学校の学校評議委員を今年度も仰せつかり、学級参観と会議。学校側の資料に基づいての議論の時間も。小学校で英語、情報を扱うようになったのは、あれこれと考えさせられました。小中高大という教育の流れの中で、どうすることがよいことなのか。難しい問題です。どうやって考える力を養成するのか、自分で工夫するのか、教育ユニットをどれくらいにするのかなど、解決が必要な問題が満載なのだと。。。色々なことを考えた時間でした。ありがとうございました。

20210623121643-6042614f4a44939849e05d5c20445db8668b4ceb.JPG20210623121659-5b89925c5224d9f8a1c4af0d57a0f0dd10f3f9bb.JPG
 7/8(木):山形県立米沢興譲館高等学校・SSH異分野融合サイエンス「バイオ産業科学と社会課題」

 子供の頃には考えられなかったような雨の降り方。何とかもう少し分散できないのかと思うわけですが。。。7月になり、今回もリモートでの出前講義。山形県立米沢興譲館高等学校へ。野菜、果物という実物を見ながら考え、その果実などの生産を支える「植物の生殖」についての講義。プラスして、渡辺のここまでのキャリアも。リモートでの講義でしたが、今年度から担当頂いた鈴木先生に講義のスライドを学生の時の学会発表のようにめくって頂き、こちらがやりたいと思うことを的確に対応頂きました。また、受講している生徒さんたちもとても積極的で、渡辺がいつもなら野菜などを切るところを代わりに上手にやってくれたことも感動でした。ありがとうございました。

 おかげさまで、イメージ通りに講義ができました。次回は9月。コロナ禍の収束が気になるところですが、何とか現地でと思っています。もちろん、今回の講義でリモートでの十分な感触も得たことが大きな収穫でした。生徒さんのレポートを楽しみにしつつ。

20210708180933-1f0a6d2f66fa29345221472168c23004bcff6f53.JPG20210708180945-ad0c7457ea0d4bd3ea8f7bf8375bf7546b3e6378.JPG
 7/9(金):山形県立東桜学館高等学校・SSH運営指導委員会

 前日の午後はリモートで同じ山形県の米沢興譲館高校。週末の金曜日午前が東桜学館高校のSSH運営指導委員会。こちらもリモートでの参加。1期目の5年目と言うことで、今年度のプログラムもそうですが、2期目に向けての検討も。どこも同じ大変さなのだと。。。細かな議事内容はご容赦を。発展を祈るばかりです。

20210712191334-ae4cd17a222b22cc1dcceb45b9709af7e8e03ed7.JPG20210712191347-e8bb20c279eb385f04276c3acc29370d774b3b8f.JPG
 わたなべしるす





ページの一番上へ

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11