東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

≪ Prev 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

2017年仕事納めのケーキ会(12/25)

2017年12月26日 (火)

 北海道は台風並みに発達した爆弾低気圧の影響で、猛吹雪とか。仙台も昨日はずいぶん強い風が。。。さすがに、今日は風が収まって、ほっとしているわけですが。。。

 で、だいたい、何かのイベントと連動して行ってきたケーキ会。しばらく行ってないこともあって、仕事納めということで、。大学も一応、公務員の扱いのようなところはあるので、28日にと計画してみたのですが。。。なかなか、難しいところもあって、クリスマスとの連動企画に。25日でしたので。今年1年を振り返るのは、また、別の機会にしたいと思いますが、最初の目標値に対して、どれくらいのことができたのか。そんなことを最初に話をして、あとは、いつものように昼過ぎのひとときを皆さんと。

20171226101917-6c87ea090400b7f3591332e8104d10bd150e73a1.JPG
 今年も実質あと、5日ほど。できることをできる限界までやって、2018年を迎えたいものである。市内のあちこちのお店を回って、おいしいケーキをgetしてくれたM1の皆さん、ありがとうございました。また、2018年もおいしいケーキを頂けますように。。。

20171226102021-7357072af1d5c518ddc4ddd847bec1dd1dedef55.JPG

 わたなべしるす

 PS. 26日の朝、研究室の机の上に、お米の袋が。。とあるところからの贈り物。まさに、クリスマスプレゼントでした。ありがとうございました。おいしく頂きます。

20171226101435-a22f1cbeec0bc82b239f83d7c9b3399831b73861.JPG

ページの一番上へ

未来予測、深層心理、中途半端(12/21)

2017年12月21日 (木)

 ずいぶんと3 wordsでの文章を書いてない。HPをひっくり返すと、1.5ヶ月。その間に、いくつかでないような書類があったり、あれこれと。とはいっても、日々の予定を記した手帳には、あれこれと書いてあり、少なくとも、今年度の終わりくらいまでの向こう3ヶ月は、あれこれと予定がある。では、来年の今頃は。。。ぱっと思いつかないが、9-10月は別の書類書きで忙しそう。それくらいは。。。そんな未来予測をすることは、日々の生活だけでなく、研究はもちろん、教育投資、人材育成にも重要とか。。。10年もすると、さらに少子高齢化が加速する。何を標的にして、隙間を埋めるようなことをするのか、覚悟を持って確実に物事を進めないといけない。とはいえ、簡単なことではない。

20171221161140-c11b66a2a297774e8c4e056d92c8d31d0bd4951c.JPG 今月頭には、とある冊子の原稿書きを。お題は「教養」。公式の冊子であることから、また、自分の過去を振り返るパターンがあったので、それを避けてのトライ。物見遊山のようなことでは、書き切れないだろうから、そこは、起死回生の一手で。その原稿の中身。その点は、また公開されたときに、このHPからお知らせするということで。。。ただ、その文章に秘めた行間というか、深層心理にはかなりの工夫をしたつもりであるので、発刊まで少しお時間を。。。深層心理といえば、相手の手、今の流れをいかに読むかということだろうか。今月上旬だったろうか、前人未踏の将棋永世七冠を達成していた羽生竜王も竜王戦の後半から調子があがっているとか。そんな流れをいかにつかむか。大事なことである。そんな深層心理を理解するために、学生になった頃、ずいぶんと取り組んだこと。「○雀」であろう。最近は、こたつもなく、4人そろえるのが難しいこともあって。。ただ、半日ほどでよいので、周りの流れ、心を読むことなどの複合的思考をしてみるのはよいことのような。。。来週後半からは年末年始の休み。そんな時に、やってみるのも一興かと。そんなことをも出させてくれる「受験関連」記事(??)も。なるほどと思って拝見できた。今の流れを大事にして、年を越さないと。

 10日ほどで、2017年が終わる。来年は平成30年になるとか。平成元年。まだ、大学院生であった。あれからそんなにも時間がたつのだと。驚きではあるが、今の研究を30年以上やっているのだと、理性的に実感できる物差しでもある。この間、最大限、現状を把握し、より多くの収穫を目指してやってきた。もちろん、器機の発達に伴う、文明の利器にもずいぶんお世話になった。時間的・空間的に短縮されたこともかなりのものがある。ただ、全てのことを完璧にできたかというと。。。もちろん、難攻不落のものへのチャレンジも。それを陥落させることが歴史に物事を刻むことになったものもあった。未開の地を開墾してみたものの、中途半端でというものも。その当たりはきちんと反省というか、膨大なこれまでの結果を考えながら、残りの13年を考えないといけない。まさに、2030年に向かって、既定路線ではなく、未知のことを全身全霊で攻略することであろう。それを達成するための「推進力」となるような記事を見つけ、こんなことを考えた、2017年の年末であった。

20171221161202-6f55a73b89906c1112a957df169c490b7edf4b58.JPG
 わたなべしるす




ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】宮城県仙台第三高等学校・中間報告会、グアダラハラ補習授業校・研究室訪問(12/19)

2017年12月19日 (火)

 昨日今日と、寒暖差が激しくて、昨日はずいぶん寒かったですが、夕方から今日の昼書けてはそれなりに暖かく。ところが夜にかけては気温も下がり。。。日本海側では大雪になっていますが、そんな中で、ヒマワリが咲いていると。。。この風景はさすがに見たことがないので。。。盛岡にいた頃には、5月のソメイヨシノが咲いているところに、積雪というのはありますが、冬と夏の組合せは。。。ある種の感動ですが、気温の上下動が激しいというのを物語っているような。。。世の中的には、北海道沖で超巨大地震が予測されるという記事が。。。M9クラスというのは、3.11を思い出すわけで。。。そんな中、午後から2つのアウトリーチ活動。


 宮城県仙台第三高等学校・SSH中間報告会講評者(12/19)

 宮城県仙台第三高等学校は、SSHの2期目。1, 2期を通じて、運営指導委員を仰せつかっており、昨年度から始まった2期目。日程が合わず、十分に貢献できてなかったのですが、久しぶりに、。。。宮城県仙台第三高等学校・SSH中間報告会、授業作り研究プロジェクトフォーラム。諸事の関係で、大谷大・文学部の荒瀬教授による基調講演から拝聴。現職は、大学教授ですが、それ以前は、京都市立堀川高等学校の校長をされ、SSHを始められた方とか。話される内容は、とても納得がいくことであり、なるほどと思いながら、。。。やっぱり、高校生なら、高校生としての「基礎基盤」があった上に、色々なことを考えるというのが、あるのだろうなと。高等教育では、初等中等教育で習得できてないことがあれば、それも指導することが大事だと。。。なるほど。。。もちろん、どうやってということは、「上げ膳据え膳」とは、異なる方法で。。。話を聞きながら、ずいぶんと考えさせられました。というか、大学での教育研究にも、「上げ膳据え膳」でない方法論を構築しないといけないのだろうなと。

20171219204027-f0c02cb5bb900451bb546a62b4eb8f24b60e7fdc.JPG 研究協議のところは、課題研究と理科を拝見。教えることは、難しいなと。。。ドップラー効果の話があって、高校の物理Iの時間に「救急車」の救急の音が近づくとき、遠ざかるとき、というのが例題としてあったような。そんなことが、今の話題なのか、その当たりがあればと。。。ただ、時代はアクティブラーニングの時代でもあって。。。高校生で机を付き合わせて考える。確かに、ありなのかも知れないですが。。。小学校の頃が最後だったような。なかなか、難しい時代になったのだと。最後のところ、講評をお願いされ、先の荒瀬教授の講演にあった内容などを引用しながら。。。何より、自然を観察すること。その変化に気がつくことなど、色々なところで、話をしているような内容だったかも知れないですが、もちろん、新規なことも。最後になりましたが、阿部校長先生をはじめとする関係の先生方に、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。次回は、運営指導委員会で、お世話になれればと思います。

 PS. 宮城県仙台二華中学校の「スタディツアー」でお世話になった加茂先生。現在は、宮城県白石高等学校の教頭先生に。次年度以降の課題研究をどの様に展開するかということで、先日も連絡を頂いたのですが、この日も参加されており、終わったあとにしばし、議論を。課題研究をこれからというところは、大変だろうと思います。何か、お手伝いできることがあれば。。。よろしくお願いいたします。


 メキシコグアダラハラ補習授業校、佐藤先生・研究室訪問(12/19)

 9月だったと思います。以前、七北田小学校、川前小学校でお世話になった内藤校長先生経由で、メキシコグアダラハラ補習授業校の佐藤先生をご紹介いただき、netを介しでしたが、ヒマワリの開花の不思議などをこちらからコメントしたところ、向こうの学校で、渡辺のことを取り上げて頂き、日本の反対側で、日本語であったり、渡辺のことが掲示されたのは、不思議な世界でした。そんな佐藤先生が、一時帰国されるということで、内藤校長先生も交えて、研究室に。先の仙台第三高等学校での議論が長引き、遅れてもどってきたのは、申し訳ありませんでした。研究室の皆さんにお願いして、welcomeして頂き、ほっとでした。

20171219204245-73a8da84753ad60aa3299d0e3423fdefa73b806b.JPG 一緒に、メキシコから来られた演奏家のマリオさん、西中田小学校の保護者の方も交えて、2hrほどだったでしょうか。渡辺のキャリアであったり、出前講義の歴史であったり。。。いずれ、人のつながりのありがたさを、議論できたのは、貴重な時間でした。ありがとうございました。次年度、メキシコへ伺うのは諸事の関係で難しそうですが、また、帰国の折には、是非、お立ち寄り下さい。今度は、きちんとお待ちするようにしますので。


 わたなべしるす

 PS. 最後の集合写真。内藤校長先生が松葉杖を。。大丈夫でしょうか。渡辺以上にパワフルな方なので。くれぐれもご自愛ください。そんな中、ありがとうございました。

20171219204302-89ee68b85104f3fe0fbe0b2075a073425980b705.JPG

ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】飛翔型「科学者の卵養成講座」・研究室訪問、ふくしまサイエンスフェア・出前講義(12/16, 18, 20追記)

2017年12月16日 (土)

 週初めの寒さもこの週末には一段落。いつもの3つの単語を使った「書き物」をしようと思いつつ。師走の忙しさに追われて。。。年末が落ち着いたら、年の終わり、年の初めを何とかそんなことで飾ろうと思いつつ。。。そんな仙台の町中は、光で輝いているとか。。。農学部が雨宮キャンパスだった時代などは、夕方にかけて、近くを通ることもあったですが、今はそんなこともなく。。。そんな年末、世の中も激動のようで。。。将棋界では、藤井四段がA級棋士に公式戦で初勝利し、史上最年少で本戦出場を決めたと。。。また、大きな大学では、任期についてのルール変更が。。。もちろん、ルール通りというところも、。。どちらが正解なのか。よいことなのか。他への波及効果は。。等々、難問が詰まった週末。

20171215164230-3916bca93565978ed1098561511f96fc7f284473.JPG
 飛翔型「科学者の卵養成講座」・研究重点コース「植物の花粉伸長に関わる因子の探索」(12/15-16)

 10月、11月にも研究室では、飛翔型「科学者の卵養成講座」・研究重点コース「植物の花粉伸長に関わる因子の探索」。十文字高等学校・2年の後藤さんと宮城第一高等学校の高澤さんが。。そんなことを書く時間がなくて、。。今回は諸事により、金曜、土曜の開催。今回もラボスタッフのオガタくんがサポートしてくれましたが、最後のdata整理とプレゼンのためのポスターの作成。このあたりは、学生さんの方が詳しいわけで。

20171215173710-1c7f69eca541354ae911182d9586598994c3a0da.JPG20171215164016-7876597dcf743d6105d76edd9c329698b9bba632.JPG 今回は、M1の皆さんにもサポート頂きました。さすが、学部時代に、学内外で発表してきただけのことはあり、実験等の合間に、適切なコメント等を。ありがとうございました。こちらもdigitalで、A0ポスターを作るのは、苦手なので。。。1月には、ほぼ完成でしょうか。続きは、また、次の機会にということで。。


 ふくしまサイエンスフェア「バナナからDNAをとろう」(12/16)

 先日お知らせした「ふくしまサイエンスフェア」。今年で6年目。毎年ですが、渡辺の企画は「バナナからDNAをとろう」。生命体の設計図である遺伝子の本体であるDNAをバナナから単離して、目に見えるようにしてみようというもの。これまで、研究室見学などにきてもらった高校生にもよくトライしてもらう実験系。

20171216135556-861e250e075d2a8d3d527e48a3e4f0cef09538f8.JPG20171216135616-5bccb248ddfcf647bb5bd62172cf221f6bd5a4b6.JPG 簡易的なプロトコールを使うとはいえ、渡辺だけではなかなか。今年も福島高校の生徒さんたちにサポート頂きました。おかげさまで何とか、時間内にたくさんの子供たちに楽しんで頂けたのではないでしょうか。プロトコールを見て頂ければ、分かるとおり、意外と簡単な実験系。自宅に戻ってからも是非、また、チャレンジしてみて下さい。今年も、こうした企画・運営を頂いた福島県立福島高等学校・SSH関係の先生方、生徒の皆さんには、この場を借りて、お礼申し上げます。

20171216140831-7a9aefe3ee8d07163b719a21e2379c75b748d522.JPG20171216140903-638e22bb40dc6bd4ee5c51b4776e13cf05ea4748.JPG20171216140942-aa2c43fb3e4c140f6429371638e49ea776b78bca.JPG また、福島高校以外の県内の高校も数多く参加しており、そうした先生方とも、今後の交流などについて、お話しできたのは、何よりの収穫でした。ありがとうございました。

20171216140957-c2674409b2cc11d53d9518e07c3439016edc7845.JPG PS. 12/18(月), 10:15. イベントでお世話になった細谷先生から、当日の延べ参加者は、1,832名という大盛況だったと。少しは貢献できたのかなと。また、次年度も。。。よろしくお願いいたします。

 PS.のPS. 12/20(水), 14:10. 慌ただしくしていて、頂いた名刺の整理ができておらず。。。電子顕微鏡を扱っておられる企業の方も参加されており、以前、岩沼市の「理科大好きフェスティバル記念講演」で子供たちに話をしたことがあり、その時に、電子顕微鏡を作られた只野文哉先生を記念して、企業のブースもあったとか。こちらはそんなことも存じ上げず。。。5年あまりの時を経て、このような場所でまた、お目にかかることができるとは。。。今後とも何卒よろしくお願いします。


 飛翔型「科学者の卵養成講座」・コンソーシアム第2回会議(12/16)

 土曜日の夕方までは、飛翔型「科学者の卵養成講座」。今月は、工学部・中山先生に花の色素合成などの生化学というか、遺伝子工学というか、そんな講義を。後半が、たまごの卒業生のひよこさんたちを含めた、海外へ留学経験のある学生さんたちとの交流。そんな合間に、受講生が参加頂いている、県、市、あるいは、高校の先生方との年、2回のコンソーシアムの会議。実施する側だけでなく、普段の高校での高校生を統括してくれている側の方々との意見交換会も有意義なもので。新規な企画も動き出したり。。

20171216141104-631726022cf2e292eb33d0bc9424c2871660f333.JPG プログラムの関係で、後半のところからでしたが、今年度で終了の飛翔型「科学者の卵養成講座」とはいえ、何とか、次年度以降も継続をと考えておりますので、ご協力のほどお願いいたします。ありがとうございました。

 PS. 講座が終わったあとは、運営を手伝ってくれているひよこさんたちを交えての年末恒例のおつかれさま会。今年度もあと3回、よろしくお願いいたします。



ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】仙台市立長命ヶ丘小学校・理科特別見学会「大学の研究室を見学してみよう」(12/9)

2017年12月11日 (月)

 関東は朝から10oCを超える気温とか。仙台も昼過ぎには、13oCまで。一方で、明日の朝には雪なのか、みぞれなのか。。。いずれ、気温の上下動が激しくて。。。出張、書類書きに追われて、uploadが遅くなりましたが、先週末の土曜日には、仙台市立長命ヶ丘小学校の児童の皆さん、保護者、先生方が研究室へ。これだけたくさんの小学生が来てくれたのは、いつ以来なのか。。ずいぶん、久しぶりのような。

20171211143230-7e9dd597ad606bfc378968accbf9aa8fd3aaa183.JPG 仙台市立長命ヶ丘小学校での出前講義の時にもHPに書いたとおり、研究室を見学したいと。そんな風に、児童の皆さんからの発案だったのは、はじめてのような。。。いずれ、楽しい児童の皆さんでした。最初に、研究室の不思議なものを簡単に説明。そのあと、教授の椅子に座って、教授の気分を満喫。もちろん、渡辺の白衣を着て。皆さん、大喜びで。welcomeすることに専念で、写真撮影を失念するくらいで。

20171211143247-25ae85108e1c71ac7be6211f9d4c19ccd223b303.JPG20171211143300-cf4faca4c1976aa4b42ef38aae1065e7e5906d0f.JPG そのまま、研究室内を見学。学生さんが勉強するスペースは自分たちの教室みたいなもの。一方、実験室は、概ね、理科室でしょうか。-80oCの冷凍庫があるのは、感動だったようです。1mlよりも遙かに少ない量を測定というか、分注できる「ピペットマン」にも。また、遺伝子を増やす装置にも興味津々。遺伝子の並びを決めるDNAシークエンサー、その値段だけでなくて、たくさん読むことができることも。こんなことを説明したら、あっという間の1hrでした。

20171211143312-6a995e0914ee510c9979cecd09e15f4350942373.JPG 最後に、親御さんの車に乗る前に、正門脇にある大銀杏の木を見学というか、大きさの測定も。身の回りにもたくさんの自然がありますので、是非、それもあわせて、観察してみて下さいね。ということで、板橋先生をはじめ、5年生担任の先生、保護者の皆様、お世話になっております。ありがとうございました。また、時間を見つけて、いらしてください。楽しみにしておりますので。

20171211143215-68f8bf5447640910d4eb0eaf75815c57e060df53.JPG
 わたなべしるす

 PS. そうそう、どこかで書こうと思いながら、そんな時間もなくて。。。羽生棋聖が渡辺竜王に挑んだ第30期竜王戦第5局で羽生棋聖が4勝1敗で勝利。これで、永世竜王の資格を。。。史上初の「永世七冠」に。。。七冠を同時に奪取したのが、20代だったような。その時も感動でしたが。。。さらなる感動。もちろん、研究者で「永世」○○というのはないのですが。。。あったら、。。。ふと。。



ページの一番上へ

≪ Prev 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15