東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

≪ Prev 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

大掃除!

2019年11月21日 (木)

こんにちは。
M1のふるいです。

まだ11月ですが・・・大掃除をしました。
12月はみんな色々忙しいので・・。

line_2148071166790403.jpg

まずは高田さんから大掃除の説明。

line_2148055067237876.jpg

今回は居室からスタート。
居室にあるものをすべて実験室に運びます。(実験室がすごいことに・・・)

20191121_102019.jpg

最初にエアコンのフィルターを掃除してごみを下に落としてしまいます。
エアコンは力&背丈のある男性の皆様にお願いして、我々女性はほかの場所を。

20191121_103411.jpg

ブラインドを軍手で掃除するますこさん。

20191121_104803.jpg

床は掃除機をかけてから洗剤で濡らしたモップでふきました。
そのあとに激落ちくんで汚れを更に落とします。
一生懸命汚れを落とす、あおいちゃんと小川さん。

汚れが落ちて床が乾いたらワックスがけです。
ワックスを掛けるとしばし立ち入り禁止なのでその間にお昼ご飯を。

line_2148091288167619.jpg

20191121_115128.jpg

line_2148834542527395.jpg

お弁当は予め各自が食べたいものを選んで注文しました。
私は牛丼。幕の内弁当はますこさん。
(なべさんごちそうさまでした。)


お昼ご飯を食べてエネルギー補給したら午後の掃除。
実験室に運び出したものを居室に戻して今度は実験室を掃除します。

line_2148096508220538.jpg

冷凍庫の霜とりも忘れずに。
今回は我々M1が手の冷たさを我慢して頑張りました!(^^)!
なべさんもお手伝いしてくださいました。(ありがとうございます♪)

20191121_130628.jpg

実験室も午前と同様に掃除します。
モップに洗剤を染み込ませて床を拭く高田さん。

実験室にもワックスを掛けて乾くまで休憩。

line_2148839806585276.jpg

なべさんがアイスを買ってくださいました♪
みんな動いて暑かったので冷たいアイスが丁度よかったです。

ワックスが乾いたら実験室を元通りにして大掃除終了。


今回はラボのメンバーの他にバイトの須藤さんと竹本くんも
大掃除を手伝ってくれました。お二人が手伝ってくれて本当に助かりました!
ありがとうございます☆彡

大掃除が終わると気分は年末・・・。
でもまだ2019年は1カ月ほど残っているのですよね・・。
(私の場合は実験も山ほど残ってる・・気づかなかったふりをしたい・・)

と、いうわけできれいになった研究室で残り1カ月、また頑張ります!


M1 ふるい





ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】山形県立米沢興譲館高等学校・SSH特別講義、兵庫県立豊岡高等学校・サイエンスリサーチ(11/14, 17追記)

2019年11月14日 (木)

 先週の出前講義でもそうでしたが、秋と冬との季節の変わり目。仙台でも朝方、部分的な虹が見えたのですが、途中の福島駅周辺でもきれいな虹が観察。電車で移動中の方がきれいに見えたのですが。。。さらには、米沢駅でも。着実に冬が近いのだなと。そんな週末に近い木曜日。記事を書いて、木曜日を感じていることがすでに、感性が落ちているのですが。。。瞬間的に動けなかったという点では、雪国ならではの樹木を守る雪囲いというのでしょうか。そんな準備も校内では。その写真をと思ったのですが、帰る頃には日が暮れて。。。まさにタイミングの重要性を理解した瞬間で。。。

20191114193402-ade36a9517ce85e34a769b5273d42bf69531e52d.JPG
 11/14(木):山形県立米沢興譲館高等学校・SSH異分野融合サイエンス「バイオ産業科学と社会課題」

 昨年度から出前講義を年4回お願いされていたものを今年度から2回に圧縮になった山形県立米沢興譲館高等学校での出前講義。講義の大枠が「異分野融合サイエンス」。バイオ産業というのを広く捉えれば、学校周辺の農業も。ということで、これまで通り、果実の仲間分けから。縦横に切ったり、それぞれが何かを考えたり。身の回りのもので十分サイエンスができるというのを実感して頂けたのでは。というか、秋の野菜・果物を是非、観察してみて下さい。

20191114193522-810ab24fdbf115585b503d943484459c260785f4.JPG20191114193538-49162e74d012dc082e91fdb5fdf787cd78e08244.JPG 観察の大事さを伝えると言うことは、最後のところでも書いたように、柿崎校長先生との話でも議論になったこともあり、半分の時間を消費。残りで、3つの課題を。かなり駆け足でした。その最初が植物の生殖の話。被子植物のほとんどが両性花。また、小学校からの理科の時間で自殖性、他殖性と言うことを習った記憶もないので。。。そう考えると、自分の花粉が自分の雌しべにつくのだろうと。一方で、多様性を高めるためには、他殖をすることが重要。その2つの局面をつなげて、理解してもらうことが大事だろうと。そんな理解してほしいところに力点をおいたら、自家不和合性のところなど、駆け足になり。。。サクランボ、リンゴなどを食べて、また、思い出してください。

20191114193602-c91957e0dad6afedf85a82bf7a0c10715c81ff69.JPG 歴史の話は、いくつかの事例を元に、先達が行った成功、失敗からたくさんのことを学んでほしいと。もちろん、失敗例は大事にして、同じことをしないように。また、歴史の影になっている部分に光を当てると、意外なことが見えてきますので。そんなことも。また、キャリア教育のところは、渡辺が科学好きになった理由、テレビの影響、科学が発達することでもちろん、よいこともあれば、そうでないことも。現実を受け止めると言うことでは、大学進学で仙台まで来てよかったと言うこと。もちろん、結果論ですが。。。なので、よりよい師匠のもとで学んで、師匠を超えてほしいと。。。質問の時間も十分でなかったですが、博士まで頑張りたいという生徒さんも。。。未来に光を感じた瞬間でした。頑張ってください。で、最後は、代表の方から今日の感想を。感想の内容もしっかりしていて、とてもniceでした。置賜の自然を見て、なぜと思い、考えるという習慣をつけてほしいと。また、その不思議同士をつなげて考える癖をつけることの大切さも。。

20191114193622-1c0a1f749f136c5ead92a073cbfdd32aac67512e.JPG20191114193634-6fa720f0363e8b5ade76b0a4eb3f0535a136b985.JPG 最後になりましたが、柿崎校長先生、山口先生、今崎先生をはじめとする関係の皆様にお世話なりました。今後ともよりよい形で何かのコラボができれば、幸いです。ありがとうございました。

 PS. 講義が始まる前に、柿崎校長先生と少しだけお話を。以前、山形県内のことで教えて頂いたこともあり。また、講義のことなどを少しばかり。ありがとうございました。もっとゆっくり話ができる時間を作らないといけないと改めて、実感。次こそはと。。

 PS.のPS. 講義で学校に伺った時点で、渡辺に声をかけてくれた生徒さんが。科学者の卵養成講座の受講生だと。ありがたいことです。

 PS.のPS.のPS. 担当頂いた先生方との話の中で、課題研究を夜中まで頑張っている生徒さんもいるとか。ふと、学生時代に遅い時間までやっていて、守衛さんに声をかけてもらったことを思い出したり。。。しっかりと方向を見すえて、頑張って下さい。

20191114194117-cd4d891fe09e5d5b23f600d1946f8b197b5f0ade.JPG PS.のPS.のPS.のPS. 12/15(金)となる翌日ですが、市内の小学校で「タマネギ」を材料にした「出前講義」を見学。自分が行う出前講義は終わったあとに、こうした文章を書きながら、あれこれと考えるのですが、自分の出ない講義を拝見することで、こんなこと、あんなことが工夫できるのではないかと。ありがとうございました。また、講義の合間の話で新しいコラボの機会も頂きました。人のつながりのありがたさかなと。その詳細は、また、どこかで。

20191115141958-81e5bd62188ed3492bd6c186a5717cd77a131a1a.JPG20191115142009-cf90b5381a450e0cc73351b752e07af34e3bbc07.JPG

 11/16(土)-17(日):兵庫県立豊岡高等学校・サイエンスリサーチ

 今年で5年目となる兵庫県立豊岡高等学校のSSHサイエンスリサーチ。大学での先端的な取組を通じて、観察する、注意力を持ってみる、考えるなどを学ぶというもの。渡辺が高校生の頃、自宅から大学に通うというのは無理な時代。豊岡高校も同じような環境。そんな不自由さはあるかも知れないけど、自然観察をする、その自然の変化から学ぶと言うことはとても大事なこと。小学校から高校までの12年間をそうした環境で学んで、大学でその感性をさらに高めるというのは、よいことではないのかと。そんなイントロで始まった今年のサイエンスリサーチ。4名の生徒さんは例年、男子、女子が半分ずつなのですが、今年は男子が4名と引率の清水先生。

20191117114355-58696ec7d6a8526e45f7f2a50a29afc658b46579.JPG20191117114413-9efa0555db3d3d7525830292b8959c3f8894fead.JPG20191117114426-acde74bda3e3b640d8e4f10ea9398bd2a94a9e18.JPG 時間を効率よく使うと言うことで、最初にガラス室にある菜の花を使っての自家・他家受粉を。結果の解析は翌日の午前中に。そのあとは、東北大の歴史、先端的なことを片平キャンパスを歩いて見学。科学の研究で言えば、先行研究という言い方が一般的になってきましたが、いわゆる、研究の歴史。それを知ることで、意外なことを理解できたり。。。と言うことで、1.5hrくらいかかったでしょうか。ちょうど、日が暮れるくらいまで、自然観察も兼ねての見学。不思議なところで、繋がっていたり、思わないものがそうであったりなど。あったのではないでしょうか。もちろん、自然の中にあるものを活かしての課題研究もありだと思いますので。チャレンジしてみてください。

20191117114454-505a6b4672828148a6b49af515427bf3782fb4be.JPG20191117114504-819696f7e49d6815f8da759d2df6bbff1b93afc0.JPG20191117114514-8b85661ee8c788760c99016de29028fe0df5322a.JPG この1週間くらいは日が暮れるとすっかり寒くなって。1日目の最後は「バナナからDNAを」と言う実験。7月の清真学園高等学校でも、恒例となっているmanualの行間を理解しながらの実験。悩ましいところもあったと思いますが、今回のテーマの考えて行動をすると言うことに繋がったのではないでしょうか。もちろん、ここのサポートは、TAの古井さんと矢野君。今年は、果実だけでなくて、皮からもと言う2つにチャレンジ。その差の違いも理解してもらえたのではないでしょうか。実験のあとは、研究室内の見学を。高校では見ることができないような実験器具もあったのではないかと思います。質問する時間が取れなかったのは、続きの日曜日にと言うことで。

20191117114807-1664202602bd018eee0d98b18f43b4c7ad0cad65.JPG20191117114828-02d06cf1d53b7ef578f375d0091abd8532c029cc.JPG20191117114845-3e6ae7019e6b88f6ac26a96f55edbc51933a602f.JPG 2日目は、花粉管の観察、渡辺研究室での研究の概説と質疑の時間を。大学、大学院で何が行われているのか。将来の進学を考える時期に、それぞれの生徒さんの進路のことを聞きながら、大学で何を学ぶのか、その先の社会人を見すえて、大学、学部、学科を選んでほしいと言うこと。また、あわせて、渡辺の研究室で何が行われているのか、という概略的なお話しを。後半は、前日に交配実験を行っためしべのアニリンブルー染色。染色時間の合間には、昨日の実験等の質問コーナーもTAの方が設定してくれて。例年は実験時間をより多く取ることに重きをおいた面があったのを、できるだけ、高校生との対話の時間を多く取り、そのことを、豊岡高校に戻って、他のグループに広めてほしいと。

20191117115032-2af29d399285ff2ddf5037dd0a0edc635cb491da.JPG20191117115040-93bef7bd14015e929f2ab5f29af29703ef796669.JPG20191117115050-240514c4dc388fca8eabd114f36a087bc2267f7c.JPG 最後になりましたが、今回の企画を頂きました、豊岡高等学校・足立先生、清水先生をはじめとする関係の先生方、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。また、こうした機会を頂戴できればと思います。また、今回のTAをしてくれたM1の古井さん、矢野君、ありがとうございました。


 わたなべしるす










ページの一番上へ

防災訓練 in 生命科学研究科

2019年11月14日 (木)

真冬並みの寒さの日もあれば、ポカポカの秋晴れの日もあり、目まぐるしい気温変化に日々の服選びにも慎重になる今日この頃。
生命科学研究科の総合防災訓練がありました。

20191114134543-4e62a070c55d033a6481c58c0255af1e32305b5c.JPG

震度5の地震が起こったことを想定して安否確認登録訓練も同時に行われました。
大学から届いた安否確認メールに「無事ですよ!」と返信した後、各自に配布されているヘルメットを被って避難です。
外は寒いから服を着込んでから避難しようかとか、研究室は施錠しておいた方が良いから・・・鍵!鍵!鍵はどこかな?と探したり、、、なんだかんだ避難までに時間を要してしまいがちです(反省)


20191114144641-e528d268e48a9ba000d9bc1f886273859b80614f.jpg



研究棟の入り口付近で研究室ごとに安否確認をした後、消防署の担当者さんによる講話を聞いて訓練終了です。
地震や災害はなかなか我が身に降り掛かってくるとは思えないのもですから、訓練は大事ですね。

暖かい研究室に戻ってホッと一息。
訓練は訓練だけで終わるのが一番だな〜なんて思いながら仕事再開です。

20191114134843-e3d6a80b2aba561861fc158b8967c822be9b6bc2.JPG


いとう




ページの一番上へ

生命科学研究科芋煮がありました

2019年11月 8日 (金)

11月8日(金)、生命科学研究科の芋煮がありました。



今年秋のソフトボール大会は台風21号の影響で牛越橋下運動公園が使えなくなってしまい、中止になってしまいました。停止線の張られている牛越橋公園。その隣で芋煮の材料を配布する院生会の皆さん方。

IMG_9975.JPG

そこで、今回は芋煮のみ河原で行いました。(遠くに手を振っている皆が見える。。。)

IMG_9976.JPG

風が強くて火がつきづらいけど、がんばる面々。

IMG_9993.JPG

芋煮を見守るM1を見守る妖精(M2おがわ)。

IMG_9982c.jpg

待っている間、ソーセージを焼いたり、焼き芋を掘り出して食べたりしました。うまい!

M2おがわがおにぎりを作ってくれました、芋煮に合う!

IMG_9987c.jpg

追い白菜投入。

IMG_9991.JPG

暦の上ではもう冬の仙台ですが、つかの間暖かい芋煮で温まりました。準備くださった院生会の皆さん、担当のM1矢野くん、お疲れさまでした!





マスコ

ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】山形県立東桜学館高等学校・SSH特別講義, 青森県立五所川原高等学校理数科課題研究発表会・講評者(11/5, 7追記)

2019年11月 6日 (水)

 このところの晴れ間が続いていることで、湿度が急降下とか。また、あちこちの高い山では初冠雪が。確実に冬に向かっている感じが。確かに夕方の日が暮れるのが早くなってきたし、朝晩は寒くなって。10月には台風で大きな被害があったり、最終日には世界遺産で火災が。どれも痛ましい。1日も早い復旧・復興を願いたい。何ができるのか、考えないと。考えると意味では、身近である大学入試についての問題が。共通一次世代で、今のセンター試験よりもハードだったというのがある。その方向性だけは見間違いをしないようにと思うばかりである。

20191106180910-742a7dff98183ab4bf9edf6d261ed1b498d411d6.JPG
 11/5(火):山形県立東桜学館高等学校・SSH特別講義「SSH課題研究を始めるに当たって」

 今年度から運営指導委員を賜っている山形県立東桜学館高等学校課題研究についての講義は2年生のはじめにというパターンを今年度から1年生の11月にシフト。前倒しで、基本的なことを。ちょうど、この時期、文理選択が終わったあとだったとか。質疑のところで、そんなことが分かったのですが。

 課題研究をなぜやるのか。同じSSHを実施している観音寺一、福島などで行った講義をベースに。こちらの準備が至らないところがあったのですが。。。自然豊かな山形・東根。その自然の不思議を感じること。また、なぜと思う心を醸成することがどれだけ大事なことなのか。そんなイントロから、課題研究のある意味、方法論というか、ルールというか、そんなことは実験を始めてから覚えることからも知れないですが、お作法くらいは知っておいた方がよいかと。是非、繰り返して実験をしてみて下さい。

20191106180957-7237e84fd1a2f6602d1dfd9260e8fa49caef4311.JPG この時期に文理選択と言うことが分かっていれば、もう少し講義を工夫したのですが、課題研究とキャリ形成の接点。文理選択であれこれと悩んだ末に、どちらかに決めたはず。高校1年生と言うことで、キャリア形成と言われても、ピンとこないのかも知れないですが、キャリアと言うから難しいので、これからの人生全体と考えればよいのでは。成功もあれば、失敗も。課題研究もうまくいくこともあれば、失敗も。もちろん、子供時代からいろいろな経験で失敗をしているはずですが、昔に比べると失敗経験が少ないのでは。是非、この課題研究を通じて、自分のキャリアを高めてほしいと。将来のキャリア形成に向けて。講義の最後にはずいぶん多くの質問が。悩むと言うことは考えていると言うこと。頑張って下さい。

20191106181138-762698cdad6cffd4e69a4a9fae395e54c50b4b48.JPG 講義が終わったあと、2年生の課題研究の中から、3つの発表を拝見。そのあと、質疑応答というか、こちらが気になったことを質問。渡辺の専門外もありましたが、何かの参考になったのでは。。。是非、いろいろなところで発表して、刺激をもらって下さい。今回は出張で官校長先生、小野先生にはお目にかかることができませんでしたが、兼子先生をはじめ、企画頂きました関係の先生方にこの場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました。次回は、年明けの東北地区の発表会でしょうか。楽しみにしております。


 11/7(木):青森県立五所川原高等学校理数科課題研究発表会・講評・助言者

 今年で4年目になるでしょうか。青森県立五所川原高等学校・理数科課題研究発表会の講評・助言者。五所川原高校への移動中に冬が近いと思えるような「雨」が。もちろん気温も仙台より低め。写真を忘れましたが、校内の木々も紅葉していて。秋の終わりから冬の近さを感じたのでした。

20191107191213-c225eae6fdc137329a475e6b2b63c8b88c789895.JPG SSH実施校などとは違い、ここでは理数科だけの課題研究。deepな研究をやっていることもあり、質問、助言をするには楽しい時間でした。で、研究内容は、昨年度の研究を継承・発展させたグループ、新しいテーマにチャレンジしたグループ、領域融合的な研究にチャレンジしたグループなど、なるほどと思う8題の発表でした。細かなことは企業秘密と言うことで。プレゼンをする上で、大事なこととして、その内容を知らない人が聞いても分かるように説明をすることかなと。図の説明は下に、表の説明は上に、これは約束ですので。発表会の最後のところで、発表会全体への助言と言うことで、8つの発表の色々な面を取り上げながらのコメント。これからの残りの課題研究を行う上での参考になれば、幸いです。

20191111175259-85b117a9ace11c10dc0290ca6fd004bfb1e21a96.JPG20191111175312-8a14f8b6b2c1909551a74e41cca0faf3d65b1ede.JPG 講義が始まるまでの時間、中村校長先生、玉井教頭先生との昨今の教育事情についての議論、ありがとうございました。高大連携とか、高大接続というのが言われていますが、相互にdeepな議論をする時間を持てることは、これからの大学のあり方を考える上で、大事なことですから。そんな話の中で、授業(lesson)と講義(lecture)が日本語ベースでなくて、英語でも違う。つまり、明治の頃に英語が入ってきたとき、それに異なる意味をつけた先達に思いを馳せないといけないのだと。そんなことを実感できた時間でもありました。ありがとうございました。最後になりましたが、今回の企画を頂きました、五所川原高校・中村校長先生、玉井教頭先生、佐々木先生をはじめとする関係の先生方にお礼申し上げます。次回は、2月の1年生向けの講義でお世話になります。よろしくお願いします。ありがとうございました。

20191107191245-2ba151cfc42ddde6afc956cc1f73602dbc33edd4.JPG
 わたなべしるす





ページの一番上へ

≪ Prev 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15