東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

≪ Prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

【アウトリーチ活動】上島町立魚島小中学校・ふるさと出前授業、ふくしまサイエンスフェスティバル、今治市立常盤小学校・ふるさと出前授業、兵庫県立豊岡高等学校・STEAM概論, 福島県立安積高等学校・SSクラス先進地域研修, 岩手県立一関第一高等学校SSH高志探究IIB本発表会(12/5, 10, 12, 13、19, 21追記)

2022年12月 6日 (火)

 この記事を書いているのは12/6(火)の朝。天気予報通り、昨日の夜から雪が舞っている状態。このまま、本格的な冬が来そうです。


 12/5(月):上島町立魚島小中学校・ふるさと出前授業「魚島の外はこんな世界が!!」と「ヘチマとそのなかまたち」

 2017年に魚島小中学校へ伺ったのが初めての「ふるさと出前授業」。昨年は「キャリア教育」今年は上島町4つの小学校を結んでのリモートでの「ふるさと出前授業」。今回は担当の手塚先生とも相談しつつ、前半はこれまでの出前講義とは趣を変えて、「魚島の外の世界」を渡辺が撮影した写真を元に紹介。外を見るということの大事さが伝わったようでした。

 後半はヘチマでの学びを復習したあと、「ウリ科」の多様性を、「果実」、「子葉」、「雌花」などを使って講義。そうした中で、写真を見てたくさん考えて発表できたのはniceでした。これからも考える理科を続けてください。講義の初めに行って頂いたミニ企画、忘れられない時間でした。ありがとうございました。

20221206100402-6c12480a910de2acee4d44c8dc90fbd0766a2f6b.JPG PS. この記事を書いている時間に魚島小中学校のHPに当日の記事を見つけました。ありがとうございました。


 12/10(土):ふくしまサイエンスフェスティバル

 2012年からスタートしたふくしまサイエンスフェアを今年から「ふくしまサイエンスフェスティバル」に改称されましたが、11年連続で実験講座を担当。「バナナ」からDNAを取ってみようという毎年恒例の企画。

20221210154441-bf7440c4b41fa5110b5ab5c2c10dd106cdd072ad.JPG20221210154500-1fc94126faca684107e4846a2f808b12d0697781.JPG 1回の実験で20名程度の方に参加頂き、エキストラタイムを入れて、5回の実験。ここまで盛り上がったのも実験を手伝ってくれた福島高校の1年の清栄ともいえる生徒さんたちのおかげ。用意した実験器具を効果的に利用して、100名を超える方々に楽しめるようにサポート頂きました。ありがとうございました。最後にはお礼のうちわも頂きました。書道部の清栄が書いてくれた「自家不和合性」、感動です。

20221210155248-16e176f6c8cd2cd77c8b3667c37f6754be6d8328.JPG おかげさまで今年も盛り上がることができました。今から来年の参加が楽しみです。ありがとうございました。

20221210155306-d929b8be65794fe3ef43b432ba28e0147febc75a.JPG PS. 実験講座の合間には関係の先生方と色々な情報交換、それもまた有益でした。ありがとうございました。


 12/12(月):今治市立常盤小学校・ふるさと出前授業「花の不思議な世界」

 この先もしばらく寒い予報。やれることをやれるだけやって、年末年始にしたい12月の第3週。週初めの月曜日はふるさと出前授業をリモートで、今治市立常盤小学校へ。6年生に「開花から結実」までについて「リンゴ」をモデルにした講義。とても活発に発言をしてくれ、積極的なトライはとてもniceでした。前半の受粉のところまではよいペースだったのですが、後半、そんな活発さをこちらがコントロールできず、最後は駆け足で、自家不和合性、過日の内部形態の観察。慌ただしかったですが、振り返りの授業、おうちに戻って今日のことを話すなどして、今日のことを定着させて下さい。

20221212184659-3d263854ea14a41d94b8a7159d358f2c0a25c264.JPG20221212184713-e09dfed063398ed40bd5686779a4b8bb7668fa10.JPG さて、今年度のふるさと出前授業は吉海小学校に始まり、今日の常盤小学校で11回目の仕事納め。1回の出前授業で複数の学校で実施したようなこともありました。リモートだからこそできる強みの部分でもあったかと思います。お世話役を頂いた、常盤小学校の大澤校長先生、吉海小学校の木山教頭先生、ありがとうございました。また、次年度に向けての議論ができればと思います。よろしくお願いします。


 12/13(火):兵庫県立豊岡高等学校・STEAM概論「身の回りの不思議を実感し、なぜと思う心を醸成する」

 初めて兵庫県立豊岡高等学校へ出前講義で伺ったのが、2012年。それから11年目。2012年以降、伺ったり、来て頂いたり。コロナ禍ではリモートで。今年度は改良を加えて、完全リモートで、ツールも可能な限り使って、植物の過日の観察とそれに纏わる講義。植物を「科」の分類群で分けることから。もちろん、「科(family)」について、細かく知っているわけではないので、文字列、これまでの知識などを総動員して、グループごとに分類とその説明。そのあとに、こちらから解説というか、分類についても簡単に説明。また、せっかく用意頂いた果実を色々に切って、その断面の観察。そこには歴史が出てきたり。今までとは違った側面から植物を見て頂けるのではないかと。

 後半はそんな植物の果実ができるまでの「生殖」に纏わる話。何故、そんなことが起きるのか、なぜ、ということを双方向で考えてもらう時間に。植物に自殖性、他殖性があるということを知るのも初めてだったと思いますが、よく考えて答えてくれていました。後半の後半は渡辺のこれまでの歩み、キャリア形成をどうするかを渡辺をモデルとして紹介。将来について考えるヒントになっていれば、幸いです。最後の質問の時間、講義の本質をしっかりと理解した質問が多く出たのも印象的でした。こちらからの最後のコメントは、豊岡の自然からたくさんのことを学んで下さいと。それが将来の大きな成長の礎となるでしょうから。

20221213183636-35dbbde1feb1d09fb01ef01867d05a78f244a818.JPG20221213183649-66b964ae3683d0e5f7c2021140a4e2d4abae375d.JPG

 12/19(月):福島県立安積高等学校・SSクラス先進地域研修

 with コロナの2年前からスタートし、今年で3年目の福島県立安積高等学校の「先進地域研修」。科学研究について関心を高め、質の高い課題研究につなげることがこの研修の目標。3つのグループが、工学部、農学部、生命科学研究科を3hrかけて見学。スタート時には猛烈な「吹雪」の洗礼。雪がやむのを待って研修に。

20221219174044-9d66dc4e77b24e4a589751d1ff16f91df807b57d.jpg20221219174057-ddcc862a3e6dd1dbba59aa7af5fb202acadd04b2.jpg 工学部、農学部では先端的な機器類などを見学できるでしょうから、片平キャンパスにある生命科学研究科は片平に大学ができてからの歴史も概説。歴史というと科学と関係が薄そうですが、先行研究を理解することはすなわち、研究の歴史を知ること。それによって意外なことに気がつくわけです。あわせて、渡辺の研究対象の植物についても菜の花、樹木などを観察して考えることができるようになったのではないでしょうか。写真を送って頂いた原先生、ありがとうございました。

20221219174116-eec98b11b38e5e1e924b685c2cd6abe0c8a76569.jpg
 12/21(水):岩手県立一関第一高等学校SSH高志探究IIB本発表会・指導、助言

 12月4週目は昨年度と同じアウトリーチ活動、非常勤講義パターン。月曜日は福島県立安積高等学校の研究室訪問。雪が舞っていました。火曜日は大阪教育大の非常勤講師として大学側から提供する「課題研究」に関係した事象などの集中講義。で、今日水曜日は岩手県立一関第一高等学校のSSH課題研究の本発表会。物理、化学、生物、数学、情報についての課題研究の成果発表。

 9月末の中間発表の時からどれくらい進捗したのか、何を工夫したのかなどのプレゼンを受けて、SSH運営指導委員などをされている大学の8名の教員が現地、オンラインからの助言、指導、質問を。発表後に生徒さんから質疑を受けるという仕組みはniceな取組ではないかと。先生方からの質問、suggestionなどへの対応もよくできており、deepな議論ができた3hrでした。

20221221155343-6436a9ed737a3f0f23098cbbceb6c799ceb23f9b.JPG
 わたなべしるす
























ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】今治市立朝倉中学校・ふるさと出前授業、上島町立岩城小学校・ふるさと出前授業、今治市立立花小学校・ふるさと出前授業、今治市立九和小学校・ふるさと出前授業(11/21, 25, 12/1, 2追記)

2022年11月21日 (月)

 11/20(日)からサッカーW杯開幕。いつもは6-7月に開催が11-12月の中東。これまでの大会とは異なる気温、湿度などの環境条件。何かが起きるのか見たいところですが、時差の関係は大きすぎると。。。悩ましい問題です。

20221121163320-91cc091366bc1ab7ba2cb34786b7768ab74f9ebb.JPG
 11/21(月):今治市立朝倉中学校・ふるさと出前授業「自分の将来を考えて、どんな職業でがんばるか考えてみよう!」

 開幕翌日の月曜日は午前、午後で「ふるさと出前授業」。お昼前に朝倉中学校。渡辺が通っていた桜井小学校、中学校の隣の校区。自転車でよく遊びに行っていました。そんなことを入口に、渡辺のこれまでを振り返りながら、色々な経験をすることの大事さ、これでよいのだということを決めたら、一生懸命頑張って、やってみることとの大切さを。中学校での講義はまだ1桁回数ということもあり、どうも慣れないところがあり。。。こちらの意図は伝わったでしょうか。

 今治市立朝倉中学校はJFAアカデミー今治に所属する生徒さんが通う中学校。かつての上朝小学校を宿舎にしていると。そんな話は聞いていましたが、講義をしていると、「スペイン」に遠征したとか。。。普段の学習とこうした活動のいずれの生徒さんにも刺激になるような虹技に勤めましたが、いかがだったでしょうか。振り返って、新聞の記事を見ていたら、W杯関連記事が。。最後まで見るには新聞などが必要なようですが、そんな心構えが進歩させるのだろうと。

20221121163111-2b5a58770ea5b2daba34a5465f8dfccce9ea7d35.JPG
 PS. 12/2(金), 17:00に朝倉中学校のHPに当日の記事を見つけました。


 11/21(月):上島町立岩城小学校・ふるさと出前授業「自分の将来を考えて、どんな職業でがんばるか考えてみよう!」

 午後からは上島町立岩城小学校。講義内容は午前と同じ「キャリア教育」。午前よりも時間的に余裕があったこともあり、午前よりも双方向性を高めて、手を挙げたり、答えてもらう時間を。小学校5, 6年生には少し距離がある「キャリア教育」だったかも知れないですが、将来のことをしっかり考えていたと思います。なによりこちらからの問いかけにとても積極的に答えてくれて、5, 6年生全体で考えることができたのはよいことかと思います。

 最後の質問と振り返りの時間も学んだことを反映させて、次へのステップのことを考えたり、自分自身にもっと自覚を持たなくてはいけないということを感じたり、積極的な5, 6年生でした。岩城島で栽培されているたくさんのカンキツの生長を日々観察して、それを味わうことで、何が変化しているのかということを実感して、さらに経験値を上げて下さい。

20221121163223-f3f631aacfda14165ba26da575750bb36fed05b3.JPG
 PS. 12/2(金), 17:00に岩城小学校のHPに当日の記事を見つけました。


 11/25(金):今治市立立花小学校・ふるさと出前授業「キャベツとブロッコリー」

 午後はリモートでの「ふるさと出前授業」を今治市立立花小学校今治市立国分小学校以来の「キャベツとブロッコリー」。昨年度と同じように5, 6年生での実施。最初に仙台に来たことある方の話を聞いてみると、驚きが。。。こんな偶然があるのかと。びっくりでした。そんな前置きのあと、植物の形態がどうなっているかをいろいろな植物で復習。そのあと、キャベツとブロッコリーの生長を写真を使って説明。茎、葉、花がどのような関係にあるのか。このことを踏まえて、キャベツとブロッコリーの遺伝子を混ぜるとどうなるのかということをグループ学習で「絵」を書いてもらうことに。

20221125222422-d16e67ac0a5509b583a3c8ca3db860534bbc5a71.JPG 吉海小学校、国分小学校では、パソコンに書いたものを集めて、グループごとに発表。立花小学校では手書きの画像を写真で取り込んでの情報共有。グループごとに何故、このような絵を描いたのか、その説明とそのあとは質疑応答。質問も最初は控え気味でしたが、慣れてくるととても活発でした。これからも考える「理科」を大切にして下さい。また、最後に挨拶した代表の6年生、とても立派でした。これからもがんばって下さい。

 PS. 渡辺の記事が公開される前に、すでに立花小学校のHPには記事が。ありがとうございました。


 12/1(木):今治市立九和小学校・ふるさと出前授業「環境問題を多角的に考える」

 12月になり、仙台も冬らしい気温と天候に。そんな日の午後からのリモートでの「ふるさと出前授業」は、今治市立九和小学校へ。お題は環境問題。少し暖かい天候が続いたのは「地球温暖化」の影響なのか。そんな導入でした。また、環境問題は世界で起こっている地球レベルの問題だけでなく、身近な身の回りの「環境」の変化も忘れずに考えてほしいと。

 もちろん、地球レベルで起きている温暖化、遺伝子汚染など、実例を出しながら考える理科に。皆さん積極的に答えてくれたのはniceでし、何より「遺伝子汚染」という環境問題への意識の高さには感動でした!!!!! 玉川地区の豊かな自然環境が大人になっても継承できるように、心の隅でよいので「環境」のことを考えながら、毎日、ちょっとずつがかばって下さい。

20221201153431-f20cc04cee217b5163874eea5a17df14db2bc2e0.JPG
 わたなべしるす



ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】宮城県仙台第三高等学校「三高探究の日」・講評者、青森県立五所川原高等学校理数科課題研究発表会・講評・助言者、みらい型科学者の卵養成講座・特別講義、山形県立東桜学館高等学校・SSH特別講義(11/8, 10, 15, 27追記)

2022年11月 9日 (水)

 記事を書いているのは翌9日。帰宅時間にはすでに月食が始まっており、月食の観察は工夫がなくても可能。同時進行の天王星が月の後ろに隠れるという惑星食はさすがにテレビで確認。現象の原理を理解したら、なるほどですが、442年ぶりのイベントであり、次は322年後と聞くと絶妙なタイミングで見ることができていることを実感。

20221109173920-b4d2d61a463afd55896989a48d83f6bcf22acaf9.JPG
 11/8(火):宮城県仙台第三高等学校「三高探究の日(イノベーションフェスタ)」・講評者

 第3期目になった宮城県仙台第三高等学校のSSH。運営指導委員を仰せつかっていることから、課題研究の発表の機会である「三高探究の日(イノベーションフェスタ)の開会のところで、運営指導委員を代表してリモートから挨拶。県内外との交流、英語での発表、大学院生の発表も。大学院生はこれまでのSSH履修生である卒業生が担当。高校生にとってはよいロールモデルになる企画だと。もちろん、その日の夜にある月食を観察することの大事さも。実施する生徒さん、先生方のご苦労はあるでしょうが、参加した生徒さんには刺激になったのでは。

 午前の口頭発表。午後からの英語でのプレゼンに可能な限り質問を。英語はやっぱり慣れないですね。夕方に講義があったので、少し早めに切り上げましたが、niceな企画でした。

20221109173939-e45e7a4ea841ec05b2d5eabd56f6d8e3bb463b67.JPG
 11/10(木):青森県立五所川原高等学校理数科課題研究発表会・講評・助言者

 新型コロナが第8波に入りつつあるレベルで、県内でも感染者が増加中。感染対策を講じての青森県立五所川原高等学校の理数科課題研究発表会の講評・助言者、今年で9年目。途中の盛岡では雨模様。五所川原市内では午前中に雨が降ったとか。仙台市内でも落ち葉が増えてきて「冬」が近いことを実感。冬前に収穫をすることの大事さも。

20221111184140-3c94e017e427755e770e2c64d3c65b400b089e07.JPG 今年は物理、化学、生物、数学の4分野で8課題。昨年同様に発表に対して鋭い質問が生徒さんから。自分の考えをまとめるという意味でも大事なことかと。渡辺は今年の2月に抗議したことを踏まえつつ、課題研究を行い、それを発表する上でのポイントというか、大事なことを助言する方に。8課題の発表が終わったところで、全体への講評。地域に根ざした課題もあり、よかったと思います。さらに発展させるためにも、さらに考えることをしてみて下さい。来年の2月の1年生向けの講義依頼も頂きました。楽しみにしております。

20221111184157-4abb911f86760d7372595179f118c2adfcb3d228.JPG
 11/12(土):みらい型科学者の卵養成講座・特別講義「教授の進路選択アドバイス-人生を戦略的に考える-」

 工学部・電気系の講義室とリモートでの実施のハイブリッド開催。7月30日(土)には「植物の生殖、自家不和合性」についての講義。今回は「将来を見すえたキャリア形成」について、渡辺をモデルにした講義。講義のあとの質問タイムでは、工学部・安藤先生農学部・伊藤先生も壇上に上がり、渡辺以外のキャリアに対する考え方も。ポスドク問題についての質問など、将来の科学者としての成長を期待しています。

 このあとは、科学者の卵養成講座を修了した「ひよこ」さんたちと興味ある学部ごとに議論。ちょっと先、その先の道を見つけることができたのでは。


 11/15(火):山形県立東桜学館高等学校・SSH特別講義「SSH課題研究を始めるに当たって」

 リモートでの出前講義、会議などが便利になったこともあり、多い日は1日に4件の会議、講義があるような今年の11月。そうしたこともあり、今年の山形県立東桜学館高等学校・SSH特別講義もリモートから。事前に接続テストを行い、どうやれば、生徒さんたちに伝わるか、伝えるポイントを担当の先生方と協議。

20221116094520-1dbc46aab9202bbb23f7e8da4da7e0a2a07fae44.JPG
 講義の内容は「課題研究」をなぜ行うのか、行う場合、どのようなことに注意するのか。また、実験材料、実験方法も詳細に検討する必要があることなどを講義。また、発表会等で口頭発表を行う場合に原稿を見ないなど、基本的なことも。講義は1年生向けでしたが、1年ちょっとで研究成果を文章にまとめることも求められるわけで、まとめることの重要性も。この課題研究で学んだ「答えがないことへのチャレンジ」については、これから先の大学、大学院、社会に出てからも取り組む課題、問題点への取り組み方。是非、高校生の時に、この考え方を学んでほしいと。換言すれば、人生のキャリア形成という観点からも「答えがないことへのチャレンジ」は大事なことということで、渡辺のこれまでを簡単に振り返り、どのようにいろいろな事象にチャレンジしたのか、決断をしたのかを紹介。これからの課題研究、さらにキャリア形成のヒントになればと思ったのでした。

20221116150846-6b1f8857967d002d4feab9b1ee697546f89ad581.jpg PS. リモートでの講義でしたので、現地の講義風景を写真で頂きました。ありがとうございました。


 わたなべしるす




ページの一番上へ

【全学教養講義】「中級アカデミック・ライティング--現代的課題に関する文献講読とレポート作成--(自然科学における研究論文の実際, 自然科学における文献検索)」(11/1, 8追記)

2022年11月 3日 (木)

 今年度から教養教育のシステムを大幅に改革。それに伴い、基本的なアカデミック・ライティングは前期の講義で全学部の学生にcareするように。ただ、パラグラフライティングのレベルということで、昨年度まで行っていた「大学生のレポート作成入門--図書館を活用したスタディスキル--」は、後期に開催となり、開講する講義名称も変更。基本的に講義を担当する教員などは変更なく、これまで通り、図書館職員との協働によるパートも維持・発展するという形式に。開催枠が前期・後期、何コマ目になるかによって、受講生数も変動。改訂版での実施による初年度。少しずつこの講義を受講する意義が学生に伝われば、拡がっていくのだろうと。

20221103125549-6efdaa02256a937d259c8254f100f2bdfd2629e4.JPG コロナ禍もあり、一昨年はリモート。昨年度も諸事情でリモート。今年度は3年ぶりの対面。簡単に自己紹介した後で、自然科学系の研究として、渡辺の研究内容を紹介。花を形成する被子植物の多くが両性花なのか、どうやって自殖を回避して、遺伝的多様性を維持するのか。その仕組みとしての自家不和合性の紹介。後半は、その研究を論文化するときに必要となる論文等の情報をどのように集めるのか、雑誌、研究者の評価なども簡単に紹介。最後は質問の時間も用意したのですが。少人数だったこともあり、特にこれという質問もなく。何かあればmailなどでお知らせ下さい。レポートを書くためにこの講義がヒントになればということで。

 PS. 講義が終わったあと、図書館職員の方と今回の講義と来週の実施に向けての反省会。来週の11/8(火)には、deepな実習ができるようにしますので。

 PS.のPS. 講義で紹介した書籍についての情報はこちらから。何かの参考になればよいのですが。。。。

20221103125619-66c97464a6dd5364f155f566a88bc752f77316a4.JPG
 翌週の11月8日は実際の文献検索。渡辺は講義補助で実際には工学分館農学分館の職員の方がdatabaseの利用などの講義と実習。講義当日のプレゼン資料を作るまで、数回の図書館職員との打合せを経て、講義に。実際のdatabaseがどの様なもので、どうやってつかうのか、つかうに当たっての工夫など、さまざまな面が見えたのではないかと思います。ここで覚えた手法を活かして、この講義のレポートを作成するだけでなく、これから先の論理的な文書作成に活かして頂ければと思った2回の講義でした。


 わたなべしるす




ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】上島町4小学校(魚島小、弓削小、生名小、岩城小)合同ふるさと出前授業(11/1)

2022年11月 1日 (火)

 今日から11月。今年も残すところ、2ヶ月。残された時間でどこまでやりきることができるのか、第72期ALSOK杯王将戦リーグを見ていると、改めて実感。最後まで歯を食いしばって頑張ってみるしかないのだと。。。

20221101143030-5ba0d9c746bf972b58eb8bbf03ccf022c91a2ace.JPG
 10/20(火):上島町4小学校(魚島小、弓削小、生名小、岩城小)合同・ふるさと出前授業「花の不思議な世界」

 離島の4つの小学校を結んでの合同ふるさと出前授業。これまでも旧玉川町の九和小、鴨部小、玉川中の3つの合同はあったものの、4つ(魚島小弓削小生名小岩城小)は初めて。また、4年生に「花の不思議な世界」を講義するのも初めて。そんな緊張感を和らげて頂いたのが、教育長をされている高橋典子先生から児童の皆さんへの温かい言葉。また、潤滑油的な立場として、教育委員会で指導主事をされている八木先生が各学校への発言を促して頂き、スタート。

 花の写真から名前を当てる、花から結実するまでに起きていること、リンゴの話でしたが、ミカンのことと対比しながら結実までに起きることを考える理科ができたと思いました。理科というと覚えることと思いがちかも知れないですが、これまでに学んだことを基礎として考えることの大事さは伝わったかと思います。

20221101142906-d3bf0a76d73ce8275656a154b9e0da8cea92635c.JPG 講義の最後には質問、気がついたことを各学校から。また、4つの学校を代表して魚島小学校の4年生から今日の学びとお礼の言葉を。とてもしっかりしていました。4つの学校といういつもと違う環境でしたが、このことを大事にしてこれからも学んで下さい。


 わたなべしるす




ページの一番上へ

≪ Prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ARCHIVE