東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

≪ Prev 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

【招待セミナー】神戸大農学部・安田(高崎)研究室で「アブラナ科植物の自家不和合性--分子機構を歴史から振り返って--」、招待セミナー(12/5)

2017年12月 7日 (木)

 12月になって、かなり寒さが例年よりも厳しいような。。。出張で仙台をあけていたのですが、仙台も積雪になったのか、気象学的なことは分かりませんが、かなり寒く、雪が降ったとか。出張先の関西だけでなく、西日本全体が寒かったと。神戸の風は冷たくて、これを「六甲おろし」というのだと。。なるほど、さすがと思った次第で。。。

20171207115250-feb4761d26bc3f7e09e051b8367a07caa46eefd4.JPG そんな12月。神戸大・農学部へ。セミナーを外部でお願いされるのは、久しぶりのような。。。考えて見れば、渡辺が日向教授の下でアブラナ科植物の自家不和合性研究をはじめて、31年目。。。そんなになるのだなと。その間、色々な学生、コラボレーターといっしょに研究をできたことで、ここまで来たと。そんなことを意味して、「歴史から振り返って」ということで。この30年のトピック的なことを時代の流れとともに。なにせ、教授をされている安田(高崎)先生とは、30年弱の長いコラボですし、SRKが雌しべ側S因子であることを証明した方ですから。30年の歴史からは、前の話になりましたが、安田(高崎)教授の前任の中西名誉教授は、CO2で自家不和合性が打破されることを発見し、それが現在の育種現場で利用される技術になっている訳なので、その話ももちろん。

20171207115359-6465898269626b5439a0e4e5858c356bbcf30e70.JPG 久しぶりのセミナーで、deepな質問・議論もできました。こちらもよい刺激を受けて、楽しい時間でした。ありがとうございました。また、折を見て、こうした機会ができればと。。。今後ともうまくコラボできればと。。

20171207115140-71de48cb4887b31fcd0a7748257bf4c7da03ebfa.JPG
 わたなべしるす

 PS. 無理をお願いして、普段の講義の様子も拝見。講義をする上での共通性というか、多様性というか、そんなことも学ぶことができました。ありがとうございました。

20171207115028-bc17a3ad4257bb15756803abdc8957eb5d1f4064.JPG


ページの一番上へ

第32回生命科学セミナー「シロイヌナズナの集団ゲノムデータから探る生殖システムの進化」開催(11/30)

2017年11月30日 (木)

 明日から12月、師走。書類書き、会議、打合せ。。こんな状態で、何かができるのか。そんなことを考えた11月30日。このHPからは、9月の終わりにお知らせしていた生命科学セミナー。今回は、千葉大・理学部の土松先生にお願いを。お願いをした頃に、分かりやすい自家不和合性の研究についての本を書かれていたこともあって。よいタイミングでした。

20171130212826-74ceaf5d2efab6386826a48a8da4b76976fba09a.JPG 当日は、2010年にNatureに共著で論文を掲載したあとの研究について、生殖システムなので、自家不和合性を制御するS遺伝子座がどの様な進化をたどったのか。普段から「進化」ということを塩基レベルで考えるのが苦手なので、。。今回は、多くのことを学ぶことができたのは、よかったなと。というか、普段からもっと、色々な論文をfollowしてないといけないのだなと。このあたりは、反省でした。アフリカ、欧州、アジアという広がりがあること、また、その多様性、その起源などを見たとき、ヒトの進化というか、移動というか、そんなこととの関連を考えると、ある種のロマンを感じるところもあって。。。おもしろいことだなと。。。

 後半のGWASを使っての解析。その奥の深さと実際的な大変さを実感できた瞬間でもあり。。。候補遺伝子がそれらしいものであれば、まあ、それでよいと思えるのでしょうが、そうでないとき、。。もちろん、deepな解析が必要で。。もう少ししっかり考えないといけない遺伝学的手法なのだろうと。。。これからの研究を展開していく過程で、使いたい方法論であり、よく考えないといけない手法だと。。。ただ、一方で、これを解析するのは難しいと思えるような「明確に1-0でないような」形質の場合、おもしろいのだろうと。。。なるほどでした。わくわくのセミナーの時間でした。ありがとうございました。

20171130212848-878f063f14f93c8cba24d2fcf2b17a4d85f6e535.JPG
 わたなべしるす

 PS. 研究室に来て頂いた時間、こちらは会議。。。そんなで、1hrほど、スタッフの高田君と研究室を案内してもらいながら、あれこれと議論をできたようで。これからも色々なコラボができればと思いますので。ありがとうございました。

20171130212808-60c2f7a897ee521f06339685722f345fb1dcf916.JPG

ページの一番上へ

お上品なお飴

2017年11月30日 (木)

こんにちは!M1の佐藤です。
最近は寒さに慣れ、通学時に汗をかくくらいになってしまいました。
これが「若さ」ですね!!!

若さとかいいつつ、暖房をつけっぱなしで寝て喉がやられてしまいました。
みなさんもお気をつけください。


さて、寒い季節!お口がさみしい季節!なんとラボにこんなものが届きました!
20171130141921-8203f46f369ad8f8d0093314f4ccbdb0b2ab4c10.jpgあめやえいたろう」の飴!!!
これは飴か?と思わせる見た目。なんともお上品。

中には紙のようなペラペラの飴も!
なんともお上品な香りがして、私のような一般人には理解できないおいしさでした。
こんな素敵な物を贈っていただきありがとうございます。
いつかこんな贈り物ができる大人になりたい!と思いました。

そろそろお歳暮の季節もやってきますので、お菓子コーナーが楽しみですね!




そして私事なのですが、つい先週ラクロス部のコーチの任期を終えました。
私は1年生の育成コーチをしていたのですが、新人戦では東北地区準優勝という結果でした。
6年ぶりの優勝まであと一歩だったのですが残念!!!
コーチをやってからは毎日1年生の若さに触れ、楽しそうな1年生を見るだけで元気をもらってました。
正直、コーチが終わってしまったのはさみしいですね。

とはいえ!そろそろ研究だの、就活だのに本腰を入れていかねばなりません!
気持ちを切り替えて頑張っていきます!


M1サトウ

ページの一番上へ

台湾行ってきましたよ。

2017年11月21日 (火)

11月6-7日の日程で台湾・台北市で開催されたTaiwan-Japan Plant Biology 2017に参加しました。

20171121210434-4981dda9e4d33edab6070ec6131705a7c61da644.jpg

TSPBJSPBの初めての合同会議という記念すべき大会に参加することができました。この合同会議は今後も数年おきに開催することになっている様です。互いに英語が母国語ではないということもあり、議論の際には時間がかかってしまうこともありますが、個人的には気楽にいってくることができました。どちらの国の若い研究者にとっても、価値ある経験ができる会議になるのではないかと感じました。


ポスター発表と5分間・質疑応答なしの発表を行いました。ポスター発表が口頭発表の前に行われたこともあったのか、生殖関連の仕事に興味のある人がそれほどいなかったのか、ポスター発表では孤独な時間を過ごしました。質疑なしとはいえ、国外で英語での発表は初めてでしたので、しっかり緊張しました。5分の発表は何度か練習すると丸暗記する程度ですので、発表は無難にこなしたと思います。発表後に台湾の研究者3人と少し話しましたが、自家不和合性は知っていても、種間・種内の一側性不和合性についてはやはりなじみがないらしく、丁寧に説明しないとミスリードしてしまうと感じました。なかなか難しいことですが、今後はintroductionをもっと工夫して発表したいと思います。


今回の学会参加は新学術領域「植物新種誕生の原理」の国際活動支援班から支援をいただきました。感謝申し上げます。

20171121210523-1aa3fce64bec16c66f69f31fcb01c829943da4e7.jpg

高田

ページの一番上へ

サイエンスリサーチ(豊岡高校)

2017年11月20日 (月)

みなさん、こんにちは。
D1おかもとです。
最近一気に寒くなってきました。布団から出るのだけで一苦労です。

さてさて。なべさんのダイアリーにありましたが、先日の11月18日と19日の二日間で兵庫県の豊岡高校の生徒さんと先生がサイエンスツアーの一環としていらっしゃいました。
僕がTAとして参加するのは今年で3回目(1回目2回目)。なんと初年度から参加しているんですね。びっくりです。
毎年毎年遠いところからご苦労様と言う感じです。

今年は僕とM1の乳井君高橋さんの3人がTAで参加しました。
実際に研究室でやっている実験だったりをしてもらい、研究や植物に興味をもってくれればうれしいですね。
では、どのようなことをやったか簡単に。
1日目は去年とあまり変わらず、
バナナのDNA採取
20171120135338-219f7b679f4053dd997114d2b653a6911f97b157.JPG以外に簡単に、自分で材料等が準備できる範囲でできる事が分かってくれればと。
ラボと片平キャンパスの見学
20171120140138-f93ab90b9c167a9173b746d969f51d53c1e4410f.JPG20171120140240-fa4e720b25b754ebae07c1bf5ae9cb5f6229550e.JPG簡単な紹介しかできませんでしたが、研究室、大学ってこんな感じなんだって思ってくれれば。
2日目の観察(花粉管観察)の前準備
20171120140547-2df7676b175eb65d0434ae59084d14a92ea0c18e.JPG除雄に手こずるかなと思っていましたが、意外や意外、みんなすんなりやってくれたので教えるのがとても楽でした。
さて、2日目。
今年は新たにキャベツの解体を行いました。植物ってどのように葉っぱが生えてるの?規則性ってあるの?など気づいてもらうためすごく簡単な実験?をやりました。
20171120141009-10ff8465bc3e6a4eff58e5d873fafefaba9c24ae.JPG20171120141033-0fdc27cacbf0f409e503feb2d69f0cd728964acf.JPGかなり原始的な実験だったにもかかわらず、みなさんすごく真剣に考え、楽しそうにやっていたのでよかったのではないかと思ってます。
あとは、花粉管の観察であったり、花粉動態の観察など、普段私たちが行っていることを簡単ですが体験してもらいました。
かなり細かいことをやってもらったにもかかわらず、先ほども言ったとおり、みなさんそんなに時間もかからずパッとすましてしまったので僕としてはもう少し手こずってほしかったところですね。

最後になりますが、
このような機会を通して、植物に興味を持ってくれれば幸いです。
でも、それぞれの夢や目標が結構はっきりしていたのでそれに向けて頑張ってください。

ではでは


D1 おかもと

ページの一番上へ

≪ Prev 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16