東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

≪ Prev 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21

新しいポスドクの林です

2021年2月18日 (木)

はじめまして、昨日からポスドクとして渡辺研でお世話になっている林真妃(はやしまき)です。ブログを書くことは人生初なので読みにくい文章になっているかと思いますが、簡単に自己紹介をさせていただきます。

私は金のシャチホコで有名(?)な愛知県名古屋市出身です。大学院から名古屋大の木下俊則教授の研究室で、シロイヌナズナを用いた気孔の研究をはじめて学位を取得しました。引き続き木下研で1年半ポスドクを勤め、その後にデンマークにあるコペンハーゲン大学のMichael Palmgren教授の研究室で、昨年末まで2年半の間ポスドクとして研究を行いました。

来年度から渡辺研で学振PDとして研究できることになり、コロナ禍で世界中が大変な状況の中ではありますが、昨年末に帰国しました。有難いことに採用前から研究をさせていただけるとのことで、昨日からお世話になっています。昨日は研究室で歓迎のケーキ会を開いていただきました。苺のミニパフェ、とても美味しかったです!ありがとうございます。

これまでは植物の環境応答や、植物細胞のイオン輸送について主に研究を行ってきました。これからはこれまでの経験を活かして、受粉時の雌雄間でのイオン輸送について解析し、アブラナ科の自家不和合性メカニズムの解明に役立てる研究ができればと思っています。

受精研究は私にとっては新しい分野なので不安もありますが、チャレンジできることに感謝をして、精一杯頑張っていきたいです。どうぞよろしくお願いします。

仙台の冬はコペンハーゲンより寒く感じて、驚いています。写真はコペンハーゲン大学の植物園に咲いている桜です。暖かい春が待ち遠しいです。

図1.jpg

こちらの写真はコペンハーゲンより北にあるDyrehaven(鹿公園)と呼ばれる自然保護区域に行った時のものです(鹿が見づらくてすみません...)。真夏でとても暑かったですが、広大な敷地にある自然と鹿に癒されました。コロナが落ち着いたら、また訪れたいです。

図2.jpg

図3.jpg

ポスドク 林

ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】埼玉県県立熊谷西高等学校・SSH運営指導委員会、岩手県立一関第一高等学校・SSH運営指導委員会、香川県立観音寺第一高等学校・SSH発表会・運営指導委員会助言者、宮城県仙台第三高等学校・SSH運営指導委員会、仙台市立片平丁小学校・学校評議委員会(2/10, 12, 17追記)

2021年2月16日 (火)

 研究室ではこの時期、学位審査。今年は2名の修士の学生が審査に。詳細は別記事にあるとおり。そんなことが重なり、気がついたら、3つのアウトリーチ活動の報告を失念。地震も重なったと言うことでご容赦を。

20210216122523-3452ebf16a257ba160d3a45854fc29baacf7504a.JPG
 2/10(水):埼玉県県立熊谷西高等学校・SSH運営指導委員会

 緊急事態宣言が発出されている埼玉県ということで、リモートでの熊谷西SSH運営指導委員会。今年度の実施内容、次年度に向けての計画を。その中身については、秘匿事項と言うことで、ご容赦を。コロナ禍ではありますが、リモートなどの活用で活路を見出せるのではと。。。

 PS. 当日は、山形県立東桜学館高等学校の運営指導委員会も。ただ、学位審査と重なり、現地での開催となったことから、ご容赦を。。。


 2/12(金):岩手県立一関第一高等学校・SSH運営指導委員会

 水曜日の熊谷西高に続いて、岩手県立一関第一高等学校の運営指導委員会。東北地区と言うことで感染者も少ないですが、それでもリモート開催と言うことが、感染者を少なくすると言うことにつながっているのだろうと。多くのリモート開催のイベントにトライされていて。渡辺もリモートでの講義を行いました。今年いっぱいくらいはこの状態になるような。。。次年度もまた、講義ができればと思います。


 2/12(金):香川県立観音寺第一高等学校・SSH発表会・運営指導委員会助言者

 この日はいくつかの掛け持ち。観音寺一高SSH発表会での質問は現場での質問とは迫力が違う、それをどうすればよいのか。そんなことも実感。ここでの楽しみは数学での取り組み。質疑もいくつかでしたが、deepな議論もできました。運営指導委員会では、次年度以降を見据えて。。。詳細はご容赦を。ありがとうございました。

20210216122556-0df6507431a2d68299b7b094cd9223c00aa8c135.JPG
 2/16(火):宮城県仙台第三高等学校・SSH運営指導委員会

 運営指導委員会も、熊谷西、一関一、観音寺一に続いて、仙台三高で4校目。実施内容については、秘匿事項と言うことで。今年度の振り返り、次年度の計画、その先の将来計画の議論。取組をどうやって広げて、深化させるのか、学ぶところは多く、大学での教育研究にも活かすことにしないと。。。


 2/17(水):仙台市立片平丁小学校・学校評議委員会

 研究室がある片平キャンパスの近くにある、仙台市立片平丁小学校の学校評議委員を仰せつかり、**月に1回目があったのですが、2回目の開催。小学校での学習のスタートが大学でのまなびの基礎になるということを考えると、教育の継続の重要性を改めて、実感。今の小学生が大学院で学ぶ頃には、渡辺は退官。彼らに高等教育の場で関係することはないのかと思うと、残念ですが・・・。コロナ禍で実施が困難なことも多い中で、先生方の努力を垣間見た時間でした。ありがとうございました。

20210217153958-ffb1aa378b417c3e8709410d54a1e3556c973029.JPG20210217154013-bbe6a5584ca4cfaf59e76b1289a1ae98c2fbcab9.JPG
 わたなべしるす

 PS. 玄関先には春らしい花が。季節を先取りする「花もの」とはいえ、菜の花が開花しているとなると、春の交配シーズンが来るのだろうと。今年は大丈夫かと心配になるところです・・・。

20210217153944-206ee6a0297eeb64244b205d0137b1823e8b3bfd.JPG



ページの一番上へ

【速報】2021年2月13日, 23時08分頃の震度5弱の地震からの復旧(2/15)

2021年2月15日 (月)

 土曜日の夜中に、いきなり大きな揺れが。日曜日の朝、現場を確認して、唖然と。どうなるのかと思いました。また、3.11からの復旧と同じくらいと思ったのですが、電気、水道、ガスが通常であったことから、足の踏み場がなかった状態から、現場を確認しながら、15日の朝から、研究室のメンバーで復旧作業を。被害を受けたものも大きいですが、暫定的ですが、一見すれば、何となく、元に戻ったように見えます。もちろん、影響は大きいので、しばらくは不自由な側面もあるかもしれないですが。。。

20210215121435-f64c319ed99925d4a7a8915303a946e3a9347f01.JPG 朝から精力的に復旧作業をしてくれた研究室の皆さんに感謝です。ありがとうございました。


 わたなべしるす



ページの一番上へ

【速報】2021年2月13日, 23時08分頃, 福島県沖(M7.3)地震に伴う影響(2/14)

2021年2月14日 (日)

 このところ、コロナ禍のことを気にすることが多く、あと、1ヶ月弱で3.11から10年になろうという土曜日の夜中。大きな搖れが。。テレビをつけると、M7.3の地震で、仙台市は震度5弱。結構揺れたので、研究室の状況を心配しましたが。。。

20210217163350-191fb1426f384c88c5e088569c5e35e12fc3a1e2.JPG 3.11に近い状態の崩れ方。日曜日と言うこともあるので、片付けは月曜日以降で。人的被害はでてないですが、10年目の3.11を無事に迎えることができなかったのは。。。今回の災害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。


 わたなべしるす



ページの一番上へ

2020年度博士前期課程最終試験

2021年2月11日 (木)

去る2/9に、博士課程前期の最終試験がありました。当研究室からは、M2古井さん、矢野くんが試験に臨みました。

今年度の最終試験はオンライン上での開催なので、発表を研究室の自席から行う学生が多いみたいです(自宅からもアリ)。もちろん、主査、副査の先生方も自席で臨みます。いつもの環境、いつものパソコンを使える利点もありますが、オンライン発表ならではのタイムラグや音声の不明瞭化もありまして。そのあたり、チャット機能もうまく使いながら座長の先生方が運営を行っているようでした。練習の成果もあり、スムーズに発表が進んでいきます。えらいぞ、M2~ず・・・


・・・あ、話は変わるんですが、東北大学は、英語でTohoku Universityと訳されます(スペルあってる?)。この「University」、分解すると「Uni」+「verse」+「ity」=「ひとつの」+「向きを変えた」+「こと」、転じて、「(学びが)一つに集まる場所」、「(教師と学生の)共同体」、という意味があるんだそうです(「College」はどうなるんだ、という君は自分で調べるとよろしかろう)。今までは、先生が(授業などで)訴えかけ、学生がそれに質問し、それに答えがもたらされる、という形ですが、最終試験ではそれが逆回転になり、共同体の中で学びが周る。もちろん、修士論文をまとめた上での話ですけど、こういう形での最終試験って「大学」という場を象徴するようなラストステージだな、と思ったりしています。かといって、私、もう一回やりたくないけどね~・・・



・・・とかなんとかぼんやりしているうちに、昼前、無事にM2ーずの発表と質疑応答が終わりました。ほっと一息のようすのM2ーず。私もほっとして遅めの朝のコーヒーを淹れたのでした。座長である先生方もお疲れ様でした。

発表が終わった後は、各自希望のキルフェボンのケーキを、ひとりひとりの席で、黙々といただきました(なべさん、御馳走様でした!大変美味しかったです)。あと、M2に記念品(tile)とアルバムと小さなブーケをお渡ししました。アルバムはM1金さんが手をかけてくれました。ありがとう!



今年度はコロナ禍で、色々大変なことがたくさんあったかと思います。そんな中、M2~ずは本当によく頑張りました。お疲れ様でした。しばしゆっくり体を休めてください!




マスコ

ケーキ.jpg

ページの一番上へ

≪ Prev 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21

ARCHIVE