東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

≪ Prev 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

名古屋で班会議

2019年5月13日 (月)

こんにちは。M1のふるいです。
10連休も終わり、葉の緑が眩しくなってきましたね。

さてさて、5月9日と10日は班会議に参加するために名古屋に行ってきました。
(人生初の東海道新幹線の旅でした)

班会議とは、これです↓
20190513124853-7d7044390f0b9181e574bd18c43ad9150042c9a4.jpg

会場に入ると「ん?この部屋椅子だけで机がない!?」と思いました。
実際は机は前の椅子の背もたれあたりに収納されていてありました。(よかったー)

机をさっそく出して準備万端。
20190513125227-f7e23a3543d5774aa0f3c53cbe95e21d042b6c91.png机の上はこんな感じ。
会場が冷房効いて寒かったのでホットコーヒー。
難しい話をたくさん聞くので糖分補給のためのお菓子。
そして発表の要旨集。これまでも要旨集をもらったことはあるけれど・・・
右ページにメモするスペースのある要旨集は初めてでした!
このスペースを存分に(?)活用してメモをしながらお話を聞きました。


肝心のお話は・・・難しい!だけど面白かった!
どれも面白かったですが、特にFTの話と柿の話が面白かったです。
しかし、話を聞いても全部理解できずに、????となってました。
特にタンパク質や構造の話...知識がないなと改めて思いました。

今回の班会議で植物に関する最先端の研究について知ることができ、
視野を広げることができました。面白いなと思ったテーマについては
論文などもぜひ読んでみたいですね。
でも、同時に自分の知識不足も痛感したのでもっともっと勉強しようと思った
班会議になりました。


M1 ふるい

ページの一番上へ

お留守番部隊

2019年5月 9日 (木)

大型連休も終わりましたが、仙台は心地よい風が吹き、青空が広がっています。
気持ちよくサイクリング気分で出勤してきた伊藤です。

DSC_1671.JPG



交配真っ盛りの時期で、連休どころではない!職員や学生さんもいましたが、、、
今日の研究室は静まり返っております。
そう!今日は新学術領域研究の班会議!
主要メンバーが名古屋入りしている為、広〜い研究室にお留守番部隊が3人。、、、静かなはずです。

初めて班会議に出席する学生さん達、無事に目的地に着けたかしら?
初体験や解らない事だらけの会議となるでしょうが、いろいろな経験をしてこれからの研究生活に役立ててくれればなと、母のような気持ちで見守っております。

さて、連休中の我が家ですが、受験生を2人抱えている為、特に出掛ける予定も立てていなかったのですが、、、、勉強もせず部活に明け暮れる受験生sの送迎や応援に振り回される日々となりました。
しか〜し、ピカピカの中学1年生の娘は部活もない10連休ですから、、、少しぐらいお出かけをと思い立って行ってきました!泉ヶ岳!
仙台市内の小学生なら一度は登る泉ヶ岳!

Collage_Fotor-2.jpg


侮るなかれ!!運動不足の母さんはその後2日間筋肉痛に悩まされました。

それから、ちょっと足を伸ばして白石にも。
お目当は、こけしコンクール


DSC_1681.JPG

根っからのこけしファンと言うわけではないのですが、、、最近のこけしは斬新で可愛くて、ホッコリした気持ちになりました。


Collage_Fotor.jpg


連休をだらだら過ごした割には、「元号も変わったことだし頑張ろう!!」という気持ちになれたのは、このホッコリのお陰かもしれません(笑)

さあ、今日も1日頑張ろう!!


いとう








ページの一番上へ

【非常勤講師講義】東北芸術工科大学・全学共通科目「芸術平和学」(5/7)

2019年5月 7日 (火)

 史上初の10連休。どの様に捉えるかは、それぞれの立場があるので難しいところではあるが、菜の花の交配という農繁期にあったことは厳しいとしか。。。そんな連休中に元号は「平成」から「令和」へ。元号を最初の「大化」から現在までをうまくまとめたものを発見。こんなこともある種のイノベーションといってよいのでは。菜の花の交配は、学部時代に教えてもらったとおりの「昭和」のやり方で。休みがなければ、もう少しcoverできたような。。。

20190507164117-fe38e3d3ca1450c74ecfb2d269f6bd523c1c1eb6.JPG そんな10連休明けは、山形県山形市にある東北芸術工科大学での非常勤講師。講義科目が「芸術平和学」。絵を描くのはとても苦手だったという小学生時代。高校になって、油絵を描いたり、デザインをして、少しだけはできるのかなと思ったこともありましたが、やっぱり、餅は餅屋。「平和」という観点から見ると、学部、大学院、助手時代の教授である日向先生の言葉に、植物の遺伝、育種の研究をしてもノーベル賞の中の「生理医学賞」ではなくて、「平和賞」だと。。。穀類の短稈育種(緑の革命)の基礎を構築したボーローグのことを言っていたような。そんな点では、育種と平和という言葉に繋がりはあるのかも知れないですが。。。もちろん、トウモロコシを使って、動く遺伝子の基礎を作ったのは、マクリントック。彼女はノーベル医学生理学賞なのですが。。。

20190507164208-c5a45a80d62b42811532662bb125d319cdac69a8.JPG 講義は、受講する学生が600名で、講義室が300名と言うことから、2回に分けて。。講義全般を通じての柱は「人類の歴史から学ぶ」ということ。とある人の言葉に、人類はこれから生き方の宝庫であると。。。生命体の基礎である「DNA」の構造が決まった過程。さらには、その構造決定というか、塩基配列決定の高速化によって、何が起きたのか。さらには、クローン、遺伝子組み換え、生命倫理をどう考えるのか。もちろん、光と影があるわけです。それぞれがどの様に捉えるかが、大学で学ぶと言うこと。自分としての確固たる考えを持つことも大事なことなので。また、歴史上の人物、事象を見たときの光と影も。20枚を超えるスライドの中で、1枚くらいは、これというのがあったのではないかなと。。。

20190507164258-6a82d25866892b3bf15341f025a9a6a376cfa231.JPG はじめて講義をしたこともあり、やっぱり時間超過。足りないところは、mailで質問をして下さい。最後になりましたが、本企画を頂きました東北芸術工科大・吉田先生をはじめとする関係の方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。いろいろな意味で物事を考え直すきっかけになりました。また、よい形でコラボができればと思いますので。

20190507201337-34d7a21342aa6bebc52cad0f46fcf9f7a5332887.JPG
 わたなべしるす

 PS. 講義のあと、担当の吉田先生と最近の大学での教育研究について、deepな議論の時間を頂きました。ありがとうございました。とても有意義でした。

ページの一番上へ

【磐城高校生 訪問】一年生が来てくれました

2019年4月24日 (水)


お久しぶり?です。 M1矢野です。


先週の水曜日(4・19)磐城高校の1年生が総合学習の時間に東北大・生命科学科に見学に来てくれました。

DSCN0507.JPG

なべさんから研究室や大学が行っている取り組みの説明などなどがあって、その後に研究室を見学。


DSCN0523.JPG

僕達も(今ラボにいる学生総動員で)TAとして、研究室を案内しました。

眼の前にいるのは初々しさの残る高校1年生ですが、僕自身も配属されて数週間(初々しさは、、、?)

研究室を案内するのは初めてということで四苦八苦してます。みんなの無垢な眼差しが痛い!





DSCN0527.JPG

途中、ますこさんや高田さん(写真ないです、ごめんなさい。)にも案内を手伝っていただきました。

お忙しいのにありがとうございます!




時間が少し余ったので、質問は?と聞くと、実験器具、植物のこと、大学のことなどいろいろな質問が。中には答えづらいものもあって、頭を悩ませましたが、僕の話や質問の回答を聞いてメモを取っている生徒さんも。

少しでも理系、研究室、実験、植物のことに興味を持ってもらえたなら嬉しい限りです。






一方、僕自身「どんなことに興味や関心があるのか」とか「こう伝えた方がわかりやすいんじゃないか」などの課題や反省点も残るはじめての研究室訪問でした。次もあるそうなので、この経験を活かせたらな、と思っています。

余談ですが、終わってからドッと疲れました...。(30 min×4 の2 hだけでしたが。)

5分ぐらいあしたのジョーのあのシーンのごとくラボのディスクに座ってました。





今回は生命科学研究科の4研究室のみでしたが、

東北大学に興味をお持ちの方はオープンキャンパス(http://www.tnc.tohoku.ac.jp/opencampus.php)へ。

渡辺研究室が気になる方(他の生命の研究室が気になる方も)はオープンラボへ(https://www.lifesci.tohoku.ac.jp/admission/detail---id-48492.html)!お待ちしております!



以上、M1矢野でした。

ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】宮城県仙台第一高等学校、探求型「科学者の卵養成講座」、広報福島県立磐城高等学校・大学訪問研修、福島県立福島高等学校・SSH特別講義、山形県立東桜学館高等学校・SSH特別講義(4/18, 4/19, 23追記)

2019年4月20日 (土)

 日中の気温は高めに推移して、夜温が下がるという今年の春。そんなことが関係しているのか、関東九州ではちょっと不思議な植物の現象も。もちろん、今年の気象が直接影響なのかは、不明ですが。。。そんな中、週末は、いくつのアウトリーチ活動を。


 4/18(木):宮城県仙台第一高等学校に、探求型「科学者の卵養成講座」を広報

 科学者の卵養成講座も探求型に変わって、2年目。おまけに4-5月に10連休があることから、できるだけ早めの広報を。例年、10名弱の説明会への参加なのですが、今年は、20名弱の参加。ありがとうございました。

20190420163816-6cfe398ef3afc81ff3d67190ba6d573039fe95d2.JPG いつもそうなのですが、前年度の受講生が参加してくれていて、受講して何がよかったのかと言うことなどを、コメント頂けること。渡辺の説明もあるかも知れないですが、それ以上に、講座から何を学んだかというのは、インパクトがあったのでは。それに続いて、渡辺からの説明は、例年はwebだけというのがほとんどなのですが、昨年度作成のパンフレットがあるので、それを元に、講義内容を簡単に。科学者の卵養成講座の方向性として、自分が好きな領域はもちろん、そうでない領域にも興味を持つようにと言うこと。また、作文力をつけると言うこと。もちろん、考えるということもですが。。

20190420163831-240cc5798ce26870812085a5afc95cd72f659b6f.JPG これという質問はなかったのも、今年はパンフレットがあったからでしょうか。しっかりとした答案が投稿され、新しい年度に新しい受講生とお目にかかれるのを楽しみにしています。最後になりましたが、今回の企画を準備頂いた生物担当の小松原先生にお礼申し上げます。ありがとうございました。

20190420163846-d7512107e109cc6e24e874f6b4a9f4451a24737d.JPG PS. 説明会の後、担当の小松原先生と高大連携についていくつかの貴重な情報交換の時間を頂きました。改めて、考えて行動することの大事さを。。。ありがとうございました。今年度も春夏、秋冬という2つの企画をコラボできればと思います。


 4/19(金):福島県立磐城高等学校・大学訪問研修

 翌日は、福島県立磐城高等学校の1年生の皆さんが研究室見学。今年で8年目。1年生と言うことは、1ヶ月弱前までは中学生だったわけで。そんな時期に、高校の先のことを考えるという仕組みはよいことなのだろうと。渡辺の研究室以外にも研究科内の3つの研究室を30minずつの見学、研修。最初に玄関先に来てくれたところで、研究科、大学、科学者の卵養成講座、キャンパスマップなどのパンフレットを配布して、簡単に説明を。1年生の1クラスだけが、生命科学研究科の見学だったので、学校に戻って、他の学部、研究所を見てきた友達と情報交換をしてほしいと。それによって、さらに、興味が醸成されるでしょうからと。

20190420172247-de1171d7c33c9a949e230536a9b21e4e0f96210f.JPG20190420172258-5ce7efd14ea78258d5febf8bef4639b2de5d74d0.JPG 今年度、説明を担当してくれた学生さんは4名、D3, M1と4年生。研究室内の説明だけでなく、他の研究室の見学のバランスを取ってもらったり、他の研究室での説明のお手伝いだったり。4年生、M1の方々は、説明が慣れないものだったかも知れないですが、4回の説明で、何をどうやったら、分かりやすくなるかなども、学習する機会をもらえたのでは。もちろん、スタッフの方々のサポートも頂きながら。。。で、肝腎の来てくれた高校生。さすがに始めてみる研究室というところで、緊張感がありましたが、4つ目の研究室の見学の頃には、少し慣れて、なるほどと思って頂けたのでは。。。

20190420172502-857684cd00411da9722396166b686a2c6a6679db.JPG20190420172514-5f70c8f1d40c1531265c0a053618bc4d98ce1787.JPG 4つの見学が終わったところで、改めて、玄関先で、お昼を挟んでの片平キャンパスの見学についての概説。キャンパスマップというのがあるので、それをそれぞれの生徒さんに。メインは、金属、電気という理工系の研究所が多いのですが、片平キャンパスが東北大がスタートした場所。その歴史から現在の科学がどうなっているのかを、考えてほしいと。最後になりましたが、企画頂いた二瓶先生、伊藤先生をはじめとする関係の先生方にお礼申し上げます。ありがとうございました。次年度以降もよいコラボができればと思いますし、オープンキャンパスの時に時間があれば、また、お立ち寄り下さい。

20190420172535-d486f90f6c9fced8e3601a51f42d728156336c74.JPG PS. 午後からは、渡辺がこの後に記してある福島県立福島高等学校へ出かける途中で、キャンパス内を地図を片手に散策している生徒さんたちを多数発見。色々な歴史を見つけたでしょうか。


 4/19(金):福島県立福島高等学校・SSH特別講義「将来に向けたキャリア形成のポイントとそれを考える基礎となる課題研究のあり方」

 午前中の福島県立磐城高等学校の研究室訪問に続いて、午後からは福島県立福島高等学校へ。仙台駅から福島駅への移動中に新幹線からの風景をゆっくり見ることができてないのですが、県境では、モモなどの果樹の開花・受粉がピークだったとか。本当は、そんな現場を見ることも大事だと思う訳なのですが。。。今から収穫時期が楽しみになるわけです。

20190420201216-6a6a8745c1ebb297f65c46f004de8e13c8cb1dc6.JPG20190420201228-ff0c26aaf67379511b44fea26e054b22702af50e.JPG さて、いつもは1年生向けの「キャリア教育」なのですが、他のSSH実施校からのリクエストで、「キャリア教育」と「課題研究」を融合したものを、SSH主任の高橋先生に見ていただき、急遽、いくつかのスライドを差し替えで。配付資料と少し違った講義だったですが、課題研究をなぜやるのか、それが将来にどの様につながるのか、というキャリア形成と課題研究の関係についての講義に予定変更。

20190420201253-3784606908fba89eb63f84cb67261b41d8ba2ecc.JPG20190420201305-0427e8244bd25441c6bfa215a76af429512807eb.JPG 渡辺の紹介は、SSH主任の高橋先生から。過分な紹介。恐れ入ります。で、講義の前半は、渡辺がこれまで歩んできたキャリアをサンプルとして、高校、大学でどんなことを考えてきたのか、今の高校生たちに何を考えて、行動してほしいのかを、講義。何かをすることについて、きっかけは意外なところにあって「植物遺伝学、植物育種学」に興味を持ったわけです。高校生の間に、自分の将来を考えて、大学で何を学び、社会で何を為すのかを考えてほしいと。

20190420201329-a8f28ceb1e37900497f24bc7e4ac1fb807f2adcf.JPG20190420201348-adea1ec4a223752ceb1eb6f019cb10a996e04ae1.JPG 課題研究を行うということが、SSHなどの高校では多くなってきたこと。それも全校体制で。その課題研究を行うのは、身の回りの不思議、自然を見つけて、「なぜ」という思いを持って、その原因を考える心を醸成することが、大事だと言うこと。答えがないことへのチャレンジ、失敗をいかに活かすのか、などなどをこの課題研究を通じて、習得してほしいと。講義のあと、20minくらいだったでしょうか、ずいぶん数多くの質問をいただき、渡辺なりの回答でしたが、これからのヒントになったでしょうか。また、講義の最後には、代表の方から講義の感想を。とてもしっかりしていました。この思いを忘れず、高校生活を過ごして下さいと。。。

20190420201406-80d2e00814751b3fc514dc5d0b35cb2e4b29fcad.JPG20190420201421-b8c9e456c8012f27a1dcf5d32905e5d520ded7c5.JPG
 4/19(金):福島県立福島高等学校・SSHコース開講式「課題研究を始めるに当たって」

 1年生向けの講義が終わったあとは、課題研究を集中的にやっている部活動と言えばよいのでしょうか。1, 2年生向けのSSH部の生徒さんに、1年生向けの「課題研究」とは違った観点というか、大学から先の「研究」とはどんなもので、それと同じことを考えてほしいと。いわゆる、研究を行う上での「お作法」についてを講義。1, 2年生あわせて、去年と同じくらいだと。1年生は、続けての講義で違う観点からだったので、「あれ?」と思ったかも知れないですが、2年生はすぐにも始まる課題研究をどう展開するのか。それに向けての体制が整っているという感じでした。

20190420202216-4b383c4845cec2e4e6e56d761d8b04455a465db2.JPG 研究をする上での大事なことは、繰り返し実験というか、反復してやること。また、独立した実験で再現性があること。もちろん、統計的な処理が成されていると言うことも。1年生にはかなりシビアなレベルだったかも知れないです。また、実験をするだけでなく、結果をまとめて、発表すること。発表も自分の言葉で。暗記するのではなくて。まとめるという意味では、文章としてまとめることの大事さも。質疑の時間は2年生がほとんど。それだけ、実験に向けて考えているのだろうと。1年生、がんばって下さい。

20190420202232-e3dfc26f55b7b918fc967b172e4f5debcaaa4b9c.JPG20190420202246-c386b5939030be700500495a269d6ff7a2eebf1c.JPG この課題研究のあとに、前日に仙台一で行った、探求型「科学者の卵養成講座」の講座紹介を。同じように2年生で受講生だったからの感想を。結構シビアな講座かも知れないですが、やってみるだけのことはあると思います。是非、応募して、チャレンジしてみて下さい。多くの先輩方が活躍していますので。講義が終わったところで、2年生の代表の方ら、講義の感想。その思いを大事にして、よい課題研究を展開して下さい。発表会が今から楽しみですので。最後になりましたが、今回の企画を頂きました、SSHの高橋先生、渡部先生をはじめ、関係の先生方にはお世話になりました。ありがとうございました。今年度もできるだけのサポートを行いたいと思いますので。次は、運営指導委員会で伺いたいと思います。

20190420202140-e38ed7c105a0155aec8cc4f0934ad3194b1cca78.JPG20190420202154-71c2103977afa3452af5a4ce3041f6363ebcf1b9.JPG PS. 講義が終わったあと、SSH主任の高橋先生との議論の中で、昨年度まで、物理領域を担当していた先生が異動になったと。新しい場所で興味深いSSHを始めたと。。。そんな話をしていたところで、その先生から連絡を頂きました。ありがとうございました。その学校のことなどは、また、改めて。。。


 4/23(火):山形県立東桜学館高等学校・SSH特別講義「SSH課題研究を始めるに当たって」

 連休前、最後のアウトリーチ活動は、山形県立東桜学館高等学校へ。片平キャンパス内の木々は、少しずつ緑の部分が多くなりつつありますが、宮城・山形の県境の山間部はもう少し暖かさが必要かと。もちろん、峠筋を超えると、いわゆる「サクランボ」の開花を期待していたのですが、サクランボの開花には、少しはやく、モモ、ウメの開花時期だったような。遠くの風景しか見ることができないので、正確ではないですが。。。サクランボはアブラナ科植物とは異なるシステムを使っている自家不和合性。同一品種間では、不和合性となることから、受粉樹が必要なので、開花期の違いで何か分かるかと思ったのですが、さすがに、そこまで見分けると言うことは難しかったです。(最後に別の結末が。。。)

20190423194246-b8e038d0e06f8ff359eb5051fe7c04c65a397524.JPG 前置きが長かったですが。昨年度は、7月に行った「課題研究」を行うに当たっての心得。先週の福島県立福島高等学校での講義を踏まえて、なぜ、課題研究をやるのかと言うこと。もちろん、2年生対象なので、ある程度は理解されているにしても、なぜと言うこと。さらには、考えることの大事さについて、スライドも使わずに、15minくらいの双方向での講義を。それに続いて、いわゆる、研究をするためのお作法について。ちゃんとしたルールがあるということは理解してもらえたのでは。反復実験、統計的な処理など、大変ですが、やってみて下さい。

20190423194505-7f3f82eaa69f334a565510f344197a2d5476d8f9.JPG20190423194530-015aa8585751d55331ce74029cc83b0cba4afc13.JPG その話に続いて、キャリア形成の話。課題研究とどうつながるのか。難しいところもありますが、次々と起きる予想不可能な問題をどうやって切り抜けて、キャリアを積んでいくのか。そう考えれば、課題研究での失敗などは、キャリア形成においてのヒントになるであろうと。渡辺のこれまでのことを実例にして、なるほどと言うこと、自分たちの世代とは違うことなどを理解してもらえたのでは。質疑のところでは、座右の銘とか、今を生きるものとして、科学の進歩というか、それがどう影響したというか。とても難しい質問でした。講義の最後は代表の方が、感想と挨拶。講義内容をしっかりと捉えて、自分の言葉にしていたのは、よかったですね。明日からと言わず、今日から実行して下さい。

20190423194608-828e19bc21098956c546db58f2b2828946ad480b.JPG20190423194659-1c0436b75150785230611c04d000ec7d8667a7f9.JPG 講義が終わったあと、官校長先生、兼子先生、小野先生を交えて、課題研究のことなどについて、議論を。その中で、今年度から賜った「運営指導委員」について。あとは、SSHをいかに発展させるのかと言うこと。これまでの渡辺の経験則をお話ししたりだったですが、よい方向になってくれると、。。中高一貫の部分もあることをどの様に活かすのかなど、たくさん課題はあると思いますが、実現できる内容かと。これからもサポートを続けたいと思いますので。最後になりましたが、官校長先生、兼子先生をはじめ、企画頂きました関係の先生方にこの場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました。次回は、運営指導委員会でしょうか。楽しみにしております。

20190423194712-f4fb8bef337cebe74b95c975f3e98b9543349128.JPG20190423194740-b9adf3253d0133f42838452c6e6f30cab0a9a1c0.JPG PS. 校長先生のホワイトボードにこれはというつかみになりそうな言葉が。よいヒントを頂きました。ありがとうございました。

20190423194312-3ce765da5b0ef977f0d5a17308cb237971fb3683.JPG PS.のPS. さすが、東根。駅前には、ちゃんと、品種毎の見本木が。これだけ、多様な品種があれば、受粉作業をしないで、訪花昆虫が来れば、果実が実るのではと。最後のところで感動でした。

20190423194354-7709df18a8194eed0f35539614228e7019121307.JPG20190423194405-eac4331569cfdd6d4d39f653e4167bec7271e11c.JPG
 わたなべしるす

 PS. 昨日、今日で、第77期将棋名人戦七番勝負・第2局。豊島挑戦者が2連勝。第3局は10連休明けの5/7, 8(火・水)とか。。連休明けが今から楽しみなのでした。













ページの一番上へ

≪ Prev 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24