東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

≪ Prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

さよなら三角

2018年3月27日 (火)

こんにちは。M2の岡本ですっていうのも最後になります~
今日で卒業です。
 

思えば1月の目標以降全くダイアリーを更新させていませんでした。なべもとさんのダイアリー増子さんのダイアリーにもあるように修論発表、追いコンなど様々なイベントがありました。追いコンではとても手の込んだ色紙を頂き感動しました。ありがとうございました。伝えるのが遅くなってしまいましたが、本当に嬉しかったです。

ここのラボに来て二年経ちますが、他大学から来た私を温かく迎えてくださったなべさん、高田さん、増子さん、伊藤さん、尾形さんには感謝してもしきれません。謝辞にも書きましたが、先輩方にもとてもお世話になりました。ありがとうございました。

そして同期のまゆちゃんにはめちゃくちゃ頼ってばっかりでした。本当にありがとう。
あ、あとM1ズは個性的なのに調和がとれていて、そのうえ頼りになるからやっぱり沢山頼りました。本当にありがとう。おかげさまで頑張れました。
 

追いコンが終わって、あっという間の卒業式でした。

学生生活もあっという間でした。あっという間すぎて最後の集合写真しか撮れなかったです。これです。

20180327173110-95226ff2a41090fd9e3ffbc1b966bc7b388a9beb.jpeg
今後は私のことをこれまで応援してくれた方々に恩返しができるように頑張りたいと思います。
あ、集合写真というのに一人忘れていました。すみません。

20180327173436-e692cddf808b3dbcfcd9c02fd62f82dac3f00c58.PNG皆の頼りになるゴンちゃん!今日は会えませんでしたがまたどこかで会えたら嬉しいですね。

...流石ラクロスの元主将を務め、ゴールキーパーとして活躍していたので、ゴンちゃんがいるだけで写真に漂う安定感が違いますね。
20180327173802-8e0b3e0bb71d93aa6093e04cacba463285b30556.PNG沢山いるともっと安定感が増しました。いや~深沢君も来てくれて、最後に皆に会えたのでうれしかったです。

 

さみしいですが、また会う日までさようなら~



M2 岡本

ページの一番上へ

まとめ:渡辺教授の手記 "3/11(金)、14:46から今日まで" 

2018年3月22日 (木)

渡辺教授が、東日本大震災発生当初から現在に至るまで綴っている手記について、以下にリンクをまとめました。

東日本大震災では、東北大学も被災し、総額約800億円(平成23年5月時点)とも言われる甚大な被害を受けました。震災下において、研究室を預かる一教授の葛藤や心の様子、年月とともに移ろう変化などをご覧頂ければと思います。


東北大学全体の震災対応、その記録はこちらにまとまっております、併せてご覧ください。

20180322122314-81fe4b794b01a2c51e74ccf0a40351a12f55f81b.JPG

20180322124428-818efb1d88e8c01f7cd3c6d76ac488c32649dd94.JPG

20180322124447-fb361130ebedcb8dd7c4bceef346189cf8893d75.JPG

20180322124506-e1edf42fa69d4f9b38f5bee1bb3d8137c7a51fcc.JPG

20180322125217-e951b9a2b3ee57d6d0453673b63dad1ffb4c7439.JPG

ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】2018年・飛翔型「科学者の卵養成講座」米国リバーサイド研修-4(3/21)

2018年3月22日 (木)

 リバーサイドでの研修も4日目。前日が、市庁舎、美術館という市内でのイベント。それに対して、この日は1日、RSAで研修。かなり朝から忙しく、1時間目は、RSAの生徒とサイエンスチャレンジ。一定の長さのスティックをつなげて「橋」を作ると言うことを、日米合同で。それぞれのideaで。。毎年、違ったチャレンジで今年も、盛り上がりました。

20180322083822-90c6050fdd967469013bf7cdf81042382404d50d.JPG20180322083840-1158488964a425a77fdc59ee73411d961cac7641.JPG20180322083854-0a703636efef6e5d31a8b3fd7438307f3218d429.JPG20180322083912-ce53ca1392efb1884bf833adebc7a74d1239e202.JPG20180322083927-e7a0ee4d156fb1bef9ecab0e077f66f2d75a8943.JPG20180322083947-b64b209692ab5d34068e5a028389f2096c4f36f6.JPG20180322084005-e64e2f92d1ab18891ebbad997b23d790fe496b61.JPG20180322084023-9146b92698e9e088725a8b1af962d06ab1d34eb5.JPG 2, 3時間目が、受講生が準備をしてきたEGGS activity。「習字」、「風呂敷」、「御朱印帳」。日本の文化・歴史を説明して、実際にアメリカの生徒さんたちに実習してもらうという試み。「習字」は例年好評なので、継続課題ですが、「風呂敷」、「御朱印帳」は新たな試み。エコバッグが広まったとはいえ、どの様な形状でも包むことができる。さらには、アートにも。そんなことをやってもらうプログラム。「御朱印帳」は、四国でいえば、四国八十八ヶ所のお参りの時に、押印してもらうもの。愛媛県人の渡辺から考えると。日本は色々なものに「神」が宿るという発想。八百万の神といえば、いいのでしょうか。それに対して、西洋では「神」は1人。この違いを理解してもらうことも含めて。。「習字」は、「日本」、「米国」、「川岸(リバーサイド)」などの分かりやすいものから、英語の名前を聞いて、それを「漢字」になおして、もちろん、イメージであったり、「音」があうとか。。。

20180322084450-eb70e03480973f4c30de125656197526a9eaf363.JPG20180322084502-b94a7e983f80458e8a498854b628526af51e113c.JPG20180322084516-6f0a82d4bce57885aaceeda7698a524a34d3d38b.JPG20180322084643-047bef14ca9fe3782a4cc02f8c95e8a5cdecdf15.JPG20180322084658-d98e21897f9b519b883033d95a50f063758449b6.JPG20180322084711-a178c767464337a18f426731b6f31395a6862cf3.JPG 4時間目は、その時間帯に行われている「授業」にそれぞれの希望でjoin。授業科目は、日本とは全く異なるので、「ピクセルアート(これは、美術の時間と思えば。。。)」、「レゴ(これも美術の変則だと思えば。。。)」、「プログラミング(これは、情報科学でしょうか。。)」。その一方で、「瞑想(これは、体育になるのでしょうか。かなり、難解。。)」。いずれ、日本の教育と違うこと、その良さであったり、日本の方がということを理解できる一端になれば。。。

20180322084914-38da7d421925c9d309eb166ef2e97ed948a64d79.JPG20180322084930-39cb4a653ab61419ec3297f5ece17b2e1794d1c1.JPG20180322084943-3256b51d03429db26a0227948b5ff09f752fda5c.JPG お昼ご飯は相互の生徒さんが交流の時間。もちろん、その前に、先の「EGGS activity」で行ったことの振り返り。明日は、もう1回、今度は今日よりも高学年の生徒対象になるので、さらなるパワーアップをということで。午後からの5時間目。細いパイプを半分にしたものをつないで、ビー玉を転がす競争のイベント。意外と競争心をつけるというか、そんなイベントが多いような。盛り上がることもありますが。イベントそのものは、今回は拝見できなかったのですが。。。

20180322085052-9e1c15fa4ec7712cac33614c6053e9b2a755eb01.JPG 渡辺は諸般の事情で、これで研修のサポートを終了。この後を伊藤先生、下山さん、メンターの古井さん、川口さんにお願いして。。。もちろん、現地のUCRの佐藤先生、川村君にお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。

20180322083413-48d8569bda9e0a49ecd8abc378b942d520f52d7a.JPG
 わたなべしるす

 PS. これという追記はないような。。。いつものように、アブラナ科の花の写真をいくつか。。。厳密に種名が不明なのが。。。コラボで、解析ができれば、おもしろいと思うわけですが。。。また、何かの折りに。。。そうそう、welcome boradを帰る前に見つけたというのも。。。

20180322083506-0d61706da65e041ff02a7f48f2a1672cca60a3d1.JPG20180322083518-cb41573cf21bbcce96c11eb92a09594e0e6b2877.JPG20180322083637-18336c442b48827bacbf70b7c595d4b68ff27eb8.JPG


ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】2018年・飛翔型「科学者の卵養成講座」米国リバーサイド研修-3(3/20)

2018年3月21日 (水)

 リバーサイドでの3日目。前日は、RSA、UCR、BOURNSでのイベント、見学などでしたが、この日は、リバーサイド市庁舎へ。仙台市とリバーサイド市は姉妹都市。仙台市バスでリバーサイドと書いて、ミカンの絵が描かれたのを見たことがあるかと。姉妹都市を締結してから、ずいぶんと歴史があるということを、市の国際交流担当の方から。緊張をしながらもしっかり聞いていました。そのあと、会議を終えた市長が登場。毎年、とてもfriendlyで。市庁舎から見える姉妹都市のことを記した場所、日本庭園があるところなどの説明も頂きました。

20180321131050-9adc4669865831ec6be1ed2e4aa235f0e49e9a22.JPG20180321131105-dabedaac5ebaa05aa37b31a31a544813824879d4.JPG20180321131134-eb1746effba95dbab74e11b53b2d642312343c57.JPG ここで、毎年、恒例ですが、研修に来た受講生を代表して、仙台青陵・山本さんが挨拶のあと、仙台市・郡市長からの親書を手渡し、また、仙台二華・立石さんからお礼の言葉とお土産の品を。お二人ともとてもしっかりとしゃべっていて、リバーサイド市長からもお褒めの言葉があったほど。渡辺が高校生の頃を考えると、絶望的なくらいのすごさで、感動でした。大役、お疲れ様でした。

20180321131219-65f8e27198e56976e0ab1977db82d4bc605a7876.JPG20180321131235-e914046b0d7db20a03613ea833cf2601652ccf23.JPG20180321131253-c072fb9ddaa4c2a6c807f2575ea00e7c0536a047.JPG お昼をはさんで、市役所から少し離れた美術館へ。美術館を見学したり、絵を描くという実習を。実習の絵はそのあとのイベントに使ったとか。。。イベントは別の場所ということで、そこはRSAの方々にお願いして。というか、最初の予定では、「Harada House」への訪問、見学の予定だったのですが。。。改装中などということが重なり。。。残念でしたが、今回は、give up。リバーサイドに到着して、3日目。疲れも出る頃だと思うので、若いとはいえ、少しセーブするようにと。何事もなく、それぞれの自宅に戻るまでが今回の「海外研修」ですから。

20180321131314-e1446ab6cd5d9f133d958e3124f94bc27692482a.JPG20180321131330-486a803527630e2183f7f020d2bc6c14e46f04d5.JPG
 わたなべしるす

 PS. 昨日は、毎年、お手伝い頂いているUCRの佐藤先生を紹介しましたが、今日は、学術交流協定を結んで、交換留学プログラムでUCRに来ている教育学部・川村君。科学者の卵養成講座のひよこさんとして活躍してくれている方を知っていて、今回の海外研修のことを聞いて、昨日からお手伝いを。ありがとうございます。出身は岩手県とか。渡辺も岩手大に7年あまりいましたので。不思議なご縁です。最終日までお世話になります。よろしくお願いいたします。

20180321131153-c4884f739d2449db512b599af49d525b905af334.JPG


ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】2018年・飛翔型「科学者の卵養成講座」米国リバーサイド研修-2(3/19)

2018年3月20日 (火)

 リバーサイドへ研修も2日目。東京とリバーサイドの時差が、サマータイム中で16hr。ということで、3/18(日)が、2日あった形。19日(月)から、リバーサイドのSTEMアカデミー(RSA)で現地の高校生と交流会。それぞれが自己紹介。今年の受講生、なかなか、プレゼンもgoodで場内から、かなりの歓声が。。さすが。そのあと、渡辺から仙台、東北大のことを簡単に紹介。最後に、時間が少しあったので、こちらの研究である自家不和合性について。何となく、植物も考えているというイメージができたのではと。。。もう少しプレゼンを工夫できればと、反省もあったのですが。次回はということで。。。キャンパスを見学している間に、次への移動の調整。。。今回はいろいろあります。

20180320060107-97d6c308f58d6a77841fb25303750a9cccd0361f.JPG20180320060133-851624cc3aca71c541ceeb14ee20f40353e04da5.JPG20180320060152-94203a7f5adc9e4de7110649cca5f1a4f36b976f.JPG20180320060253-dfcf0da29bf999c496cfcf0a7e36965c6892b6e9.JPG20180320060705-7bad2dddcee996e1559bd002137b27bc25a873f1.JPG20180320060735-bdc2e8d92c5bb9fb09397bed77d77ade6ac9c2ee.JPG20180320060754-2494f062ffe939c6ccee8e404b330c6c27ce7558.JPG20180320060814-ee72f6512e8d8fd605d76be373c7acd84c778c58.JPG20180320060835-9490af527734a0d2195991b37a49cae932624908.JPG20180320060852-6784388950f6c963d9ae38893ace305de99cf05f.JPG20180320060914-900cc0098707d52624180212740f0cdf8f4542ba.JPG20180320060934-e59b3b42ae4b2999493005d1b965c947bc7d7f72.JPG20180320060956-0c1aa911ff5e3b539cf4314f7ee5b30efb832af9.JPG 昼前後は、UCR・工学部、BOURNSの見学。東北大・工学部もいくつかの研究室しか見たことはないですが、空気清浄の研究が重要だとか。地理的な背景から。。。説明では受講生の皆さん、熱心に聞いていて、空いた時間帯では、相互に議論を。よいことですね。蓄電池の重要性などをアメリカの地域性を説明頂いたり、。。BOURNSは、1947年に設立の「センサー」をbaseにした企業。設立からの歴史、製品などの説明を社長自ら。。設立当時に使っていたようなtoolであったり、現在の製品、受講生にはとても刺激的であったようで、質問をしたり、写真を撮ったり、分かったことをメモしたり。。。最後に改めて、BOURNSの歴史などをまとめたビデオ鑑賞。色々な国からの訪問があることを想定してか、日本語の解説がついたものが用意されていたのは、感動。。。質疑の時間は社長とdeepな議論も。1日目からかなり刺激になったのを実感。。。

20180320061508-430790c9721dc6b2937e9ac4d9697ec92f5e0c6e.JPG20180320061604-3790cdbe03f57314e56fdd729b77b1af39912c9a.JPG20180320061636-bab4aea40d62d742500e9184799793cb345c9229.JPG20180320061708-cf7ff1355993aaf2443e618b8dc801fb8f86758e.JPG
 わたなべしるす

 PS. 昨日も書いたかも知れないですが、UCRの日本語の教員で、東北大との交流の窓口もされている佐藤先生には、今回もお世話になりました。東北大からの留学生であったり、佐藤先生のところで日本語を学んでいる学生さんもコラボいただいたり。日本、仙台にいらしたときには、是非、welcomeしたいと思いますので。ありがとうございました。

20180320061117-d43fa4ee09fc2792b6ec3c41af8af30224b4feae.JPG20180320061136-582d1a19f920bc33734e7f10007ad63ec2d4ca4b.JPG20180320061301-7c94522d0ff5fcc3d6ad1609faf8d27be7b2d432.JPG



ページの一番上へ

≪ Prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11