東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

≪ Prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

【アウトリーチ活動】平成30年みやぎ県民大学「植物の品種改良」, 岩手県立盛岡第三高等学校・Super Research High school(SRH)(8/30, 9/2追記)

2018年8月31日 (金)

 コシヒカリの突然変異である「五百川」という品種。新聞記事を見てはじめて知ったわけですが、極早生で、短稈、耐冷性もあると。見つけたのは、福島県中通り地域の篤農家。こういうのを見ると、観察することの大事さを改めて、感じるわけです。そんな品種が収穫され、等級検査を受けたとか。。。さすがにこの夏暑かった分、高温障害のコメが混ざっているものあると。いわゆる「心白」という状態だと思うのですが。。。大崎平野で。。。ちょっと複雑な心境ですが。

20180831093551-9153cd7755c4e7e1ca4d7e569a261e6732d3dd9d.JPG 平成30年みやぎ県民大学「植物の品種改良~毎日の食卓を見る眼が変わる~」(8/30)

 昼間には、10min間で15mmくらいだったでしょうか。猛烈な雨。あのまま、1hr降り続けると、100mm/hrくらいになる雨。テレビなどで、テロップで流れるパターンなのだと。10min間で終わったので、事なきを得たわけですが。。そんな月末最後の木曜日。というか、8月も明日1日となる夕方。今年で4年目となる、みやぎ県民大学「地球にやさしいエネルギーと環境・省エネルギー技術 ~半導体・超伝導・AI・植物の品種改良~」。去年と少しメンバーが替わったこともありますが、金属材料研究所の3名の先生方とのコラボ企画。半導体、超伝導、AIという難しい話の最後が、毎年渡辺の出番。今年も50名ほどの方に参加頂きました。ありがとうございました。いつも書くことかも知れないですが、渡辺のポストが旧・農学研究所からつながるものなので、金属と農業のコラボ。農作物の栽培には、多量元素として、窒素、リン酸、カリ、カリウム、硫黄、カルシウム、マグネシウム、微量元素は、鉄、マンガン、銅、亜鉛、モリブデン、ホウ素、塩素、ケイ素だったのを、昔、植物栄養学の講義で、大平先生、前先生に教えて頂いたノートをひっくり返して、金属との関係をあらかじめ、復習しておいて。。。もちろん、玄関先の金属材料研究所の初代所長である本多光太郎先生の写真を撮るのは、忘れずに。。。

20180831093616-542cc3c9a358a8fbfcd80f1d1e591f3da2e6a0f0.JPG20180831093625-79aa8dcf6bdf13feca2e40d8fceef1a2fae3b858.JPG 前置きが長くなりましたが、講義の話は、作物の品種改良にまつわる話。全体のタイトルに「地球にやさしい環境」という言葉があることから、なんとか、それに関連させながら。植物の生殖のしくみを理解することは、品種改良にとって大事なことなのだと。また、植物には自殖、他殖というのがあるということも理解して頂きながら。他殖性を担保するしくみに、雌雄異熟、自家不和合性等があるということから、自家不和合性を使った品種改良について。また、品種改良をする目的。実際には、この目的を決めることが難しく、現場の眼力によるのだろうと思うわけですが。。。

20180831093642-0b42e100618c31950cd3862920754aa03c8feb94.JPG20180831093658-498b200c8314498bd71e36297f794ac4838afce5.JPG 自家不和合性の分子レベルの仕掛けであったり、そもそも、人間が作物として栽培化するときに大事な形質とは何なのか。そんなことも。最後は、自家不和合性を有しているバラ科果樹のちょっとしたからくりとどうやって、そんな品種を増殖するのか。去年までのスライドとは、中身を一新させたこともあって。去年も受講して頂いた方がいらっしゃるとはいえ、少し違った話になったのではないかと。。。講義が終わったあと、30min近い質問時間。色々なことをdeepに学習されている方も折られ、こちらがタジタジでした。。。もちろん、よい刺激も頂きました。最後になりましたが、こうしたアウトリーチ活動の場を提供頂きました、金属材料研究所・松岡先生をはじめ、関係の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。また、次年度も誘って頂ければ幸いです。ありがとうございました。

20180831093715-162bbe095538ff7bffa151e44118352eb8089c02.JPG20180831093724-34fbfcb323a45d6801ff7c664ae6039d4b415f62.JPG PS. 去年の講義にも来ていて、実験をしたけど、うまくいかない。その原因はと。。ちょっと、頭を抱えましたが、いくつかの説明はできたのではないかと。今日の夕食からの植物、野菜、果物への見方が、変化して頂ければと。。。

 PS.のPS. LEDを研究されている松岡先生。今年度で退官と。。。ということで、次年度継続のためには、まだ、誰か統括頂ける金研の先生がいらっしゃることを期待して。。なにより、heteroな組合せは、楽しいですから。。。

20180831093526-294fa55a4ca165c7588ec9e85d59f047ba07371b.JPG
 岩手県立盛岡第三高等学校・平成30年度SRH課題研究中間発表会(9/2)

 猛烈な強さの台風21号が来週の火曜、水曜日には、上陸、縦断になりそうな。。。この前の20号と同じようなルートで、強さがさらに増すというのは。。。そんな9月最初の日曜日は盛岡三のSRH(Super Research High School)。よくあるのは、SSHですが、SSHから独立して、自主財源でというのがすごいところで、今年で2年目。課題研究も昨年度より増えて、物理・化学・数学・生物から10題。生物が2題というのはちょっと意外でしたが。。。それも動物で。植物もおもしろいと思うのですが。

20180902153600-646bcde831731830b4cc04fc504af8c8a3a33b6c.JPG 実験をするときに、何より大事なことは、その時点での先達の実験を理解しておくこと。何が問題で、その上で自分たちは何を解明しようとするのか。ある意味で、これが課題研究をする上でのスタートポイントになると思いますので。また、何かモデルがある場合、そのモデルをしっかり検証すること。その上で、どの変数を改変するのか。改変することで、何が変わるのか。もちろん、実際にモデルが使えるとき、それを手に入れて実験をやってみること。意外なものも手に入ることはありますので。ニュートンがリンゴの果実が落ちるのを見て、重力に気がついたようにではないですが。。。実物を見るのは大事ですから。。。。実際の自然環境の何を見たくて、この実験系を構築しているのか、そこをきちんと考えることも大事なことですので。一方、プレゼンをするとき、どうやると見やすくなるのか。例えば、特定の部分だけを拡大表示すると言うこともあるかと。結論のところで議論をするのであれば、結果のところでは、そのdataをきちんと見せるのが大事なこと。

 発表のあとに、講評を。。。今回の発表のコメントをされた分野の異なる先生方からも。これまでの実験の歴史をきちんと振り返って表現すること、結果をどうやって数値化するのか、自然現象の変化を当たり前と思わないことなどなど。。。参考にしてみて下さい。昨年度と同様に、講評のあと、20minほどの時間、生物の実験班の2つのグループとdeepな議論。実験に関するこちらのコメントが参考になればというか、2月の発表会までの実験の参考になれば、幸いです。

20180902153647-277f2e363afcf3c51c95168409218a0846e0f1f1.JPG PS. 発表会の会場で、21COEを岩手大で行っていた頃の先生にお目にかかり。。。COEが終わってからお目にかかってなかったような。いずれ、懐かしい時間でした。ありがとうございました。また、セミナーでも行いますので、声をかけていただければ、幸いです。


 岩手県立盛岡第三高等学校・平成29年度SRH運営指導委員会(9/2)

 午後からは、2年目となるSRHがうまく展開できるように運営指導委員会。運営指導委員会というよりも意見交換会。渡辺以外にもいくつかのSSH運営指導員をされている方もおられて。。。学校側から今年度の運営状況について、概略の説明を。毎月の職員会議できちんとその月の進捗状況を確認しているとか。。。この言葉は感動ものでした。また、大半の時間の議論に使ったのは、課題研究の研究内容の設定。これは大学でも難しいことで。。。是非、5年くらいの継続をしてみてほしいと。。。あと、課題研究をすることが、進学・針路の向上につながるのか。教育的効果だと言うことを考えれば、長い目で見れば、というか、卒業後の進路調査をされることが重要なのではと。。。時間を超過したのですが、あっという間の議論、意見交換の時間でした。ありがとうございました。

 最後になりましたが、今年度から着任された中島校長先生、SRHを統括されている蒲生先生をはじめとする関係の先生方にお礼申し上げます。ありがとうございました。2月の発表会を楽しみにしておりますので。

20180902153744-cbb34c33f9c78372c24503862d25fdc748766450.JPG
 わたなべしるす





ページの一番上へ

強靭、実力、脱皮(8/29)

2018年8月29日 (水)

 秋雨前線の南北でずいぶんと気候が異なるこの現実。その境目が東北地方と関東地方くらいなのだろうか。いずれ、しばらくは雨模様。少しばかり晴れ間は見えてほしいのだが、前線が南下して、北の空気というか、秋らしい晴れ間に。8月も終わることから、ぼちぼち、低温処理をしている植物を外で栽培したいのだが、ここまで日照不足になると、病害虫の駆除にも気を配らないと。何とも頭が痛いが、どうやら、酷暑と言われた夏も終わりそうである。仙台でも1hr当たり10mmを超えるような激しい雨が降ったが、100mmを超えるというところもたくさんあった。お見舞いを申し上げることしかできないのが、何ともいえず、申し訳ないのですが。。。渡辺が育った瀬戸内沿岸。すごい雨が降るというイメージがない。そんなこともあって、人、物流の大動脈の山陽本線が寸断されたままである。人については、山陽新幹線がある程度のことはカバーしてくれているのであろうが、在来線の意義を改めて、再認識させられる。そんなとき、Internetのように迂回路があることが、現状を看破してくれるのであろうが、時間と規模などを考えると、十分ではないらしい。色々なものを強靭化すると言うことが言われているが、どこに目を向けるのか。難しい問題である。

20180829160227-c89b98e0d8f1615d2f6a802d54bd3b5834138b38.JPG 迂回路といえば、高速バスが意外なところに迷い込んだとか。。。普段は必要としないところを使うと言うことになると、想定してないようなことが起きるのは。。。なんとか、そんな状況にならないようにと言うのであろう。2020年の東京オリンピックにむけて、色々な工事が行われているが、いわゆる「品川新駅」。昔の寝台列車などの客車区があった場所に新しい駅がずいぶんとできてきたらしい。山手線、京浜東北線で通れば、できた駅を通過する構造になっているように見える。ちょっと期待して、見てみたいものである。一方で、新幹線も高速化の波に。現状のE5/H5よりも速くすると言うことのようであるが、騒音だけでなく、それ以外の条件のclearもあるとか。。。規制を封印したままにするのか、解放するのか、色々な議論があるのだろうが、世の中全体が高速化の波の中にあるように思う。もちろん、教育研究も。。。これも難しい問題なのであるが。。。

 そんな教育研究。dataの切り口にもよるのだろうが、日本が窮地にある。なんとか、現状を攻略する戦略を立てないと。。。誰かの言葉だったろうか。「戦略の失敗を戦術ではカバーできない」と。。。教育面だけ見ると、意外なdataも。もちろん、解析の切り口の1つの側面なのだろうと思うが。。。いずれ、現状を脱皮してとでも言えば、よいのだろうか。研究をしていても、今までの切り口から脱皮して、違う方向へと言うことが大事なこともある。どこで何を決断するかになるのだろうが。。。脱皮という意味で言えば、昆虫のように、幼虫、蛹、成虫というように、環境などに適応して、完全変態するというのは、物事の発想、あり方のヒントなのかも知れない。ずいぶんと暑い日が続いたが、しばらくは秋雨前線に泣かされそうな今年の秋なのかも知れない。今年も残り1/3。この時間で、現実を見つつも、強靱な実力を持った本物に脱皮できるように、気合いを入れ直すことにしよう。そんな8月の終わりであった。

20180829160244-8a409d09b87f48ee1aef1e9c003a7cbd6f73b0e1.JPG
 わたなべしるす




ページの一番上へ

第34回生命科学セミナー「植物細胞壁ペクチン生合成と植物の陸上進出」開催(8/27)

2018年8月28日 (火)

 今月になって、台風の発生が9つとか。3日に1つはできている計算。一方、東北は秋への気候の変化というか、前線が上下動。。。体調管理がかなり大変だなと。もちろん、西日本では、まだ、猛暑が続いていることを考えれば、よい方なのかも知れないですが。。。

20180828183150-d800f85dc57b7166a7892343c612c55b3ed01b17.JPG20180828183159-1496efb012a47bfbe722dc36653a539267c5584b.JPG そんな中、以前お知らせした、立命館大の石水先生をお招きして、「植物細胞壁ペクチン生合成と植物の陸上進出」のセミナーを。先日、publishされたNature Plantsの中身について、細かなところまで、なるほどと。というか、学生の頃に、いろいろなBrassicaの播種をしたときに、mucilageという「カエルのたまご」みたいなものがあったり、なかったり。そんなことを不思議に思うか、ふーーーんで、過ごすのか。。。その違いの大事さを改めて、実感。また、前回のセミナーのProfessor Kaoもいっていましたが、実験材料に何を使うのか、それによって、advantage, disadvantageがつきまとってくると。。。ただ、disadvantageであっても、それを違う角度から見て、きちんと論文にまとめるということをすることの大事さを改めて。。。そういえば、師匠の日向先生も「枯れ木も山の賑わい」ということを言っておられたような。。。何より、こんなことの解析はできないと言うことをコツコツとやり遂げて、形にすること。そんな大事さ、餅は餅屋でコラボすることの大事さを改めて、実感したのでした。是非、生殖形質とのコラボができればと思います。ありがとうございました。

20180828183320-6346d89e8badc7536b1e94b7b29950554cfa8586.JPG20180828183334-24fa2184dea211bfaa1672fdf87aef7f3869b6c8.JPGのサムネイル画像
 わたなべしるす

 PS. 師匠である日向先生が退官されたあと、ICRにある「採種実用技術研究所」で研究をされておられ、こちらが岩手大に異動した頃、よく伺っていました。材料とか、科研費のまとめなどで。その後、仙台にもどってから、とあることをお願いされて、ICRを訪問したのは5年ほど前。その後、ずいぶんご無沙汰していたのですが。とあることで。懐かしいと思うのは、年を取ったと言うことなのか。。。いずれ、ありがたいことでした。こうした機会を頂けるというのは。。。



ページの一番上へ

【アウトリーチ活動】植物の花の不思議「楽しい理科のはなし2018」(8/23)

2018年8月23日 (木)

 台風19, 20号が並んだ状態で、日本に接近、上陸。このような状態ははじめて見たような。いずれの気圧も950hPaくらい。。。かなりの強さ。。。まさに、ダブル台風(typhoon)とでも言えばよいのでしょうか。。。先週ずいぶん気温が下がったのが、また、夏の天気に。昨日、今日と、最高気温は35oC程度。土曜日は、それ以上とか。。。どのタイミングで、低温処理をしている植物を外に出すのか。。。頭を抱えます。いずれ、涼しい秋になってほしいものだと。そんな8月末のアウトリーチ活動は、。。。

 植物の花の不思議「楽しい理科のはなし2018--不思議の箱を開けよう--」in 東京エレクトロンホール宮城(8/23)

 今年で3年目となる出前講義として行っている「楽しい理科のはなし」。今年は、
6/28(金)に、楽しい理科のはなし2018の一環で、仙台市立長命ヶ丘小学校・特別講義「キャベツとブロッコリー」を行いました。出前講義と連動しているのが、夏休み最後の週に実施される「楽しい理科のはなし2018--不思議の箱を開けよう--」。会場は、定禅寺通にある東京エレクトロンホール宮城。今年も実施内容は「植物の花の不思議」と冠をかけてもらった、花を解剖して、それを並べてみるという企画。渡辺が子供の頃は、学校の帰り道に、道ばたの雑草である、カラスノエンドウ、ツバキ、あるいは、イネ、オオムギなどをばらばらにしながら、というのが定番でしたが、今はこんなことも難しい時代とか。。。そんなで、こんな機会を通じて、ものを壊してみることの大事さを改めて、感じてほしいというのが、。。。何より、ものづくりの基本は壊して、理解することだと思いますので。

20180823222759-ac7c1672723db99b5c036d1df52a4219ad52f209.JPG20180823222813-186972d243525586c3a405d00e2a297bfa98095f.JPG 4年目と言うこともあって、研究室から持ち出しで準備するものを前日に、研究室のスタッフに準備頂き、こちらは当日、実施すればよいという状態に。。。ありがとうございました。で、当日の今年度のサポートメンバーは、渡辺の講義アウトリーチ活動に関連した方々に。totalで、11名。さらに、実施本部でサポート頂いた4名をあわせて、15名体制。初めての方々が多いことから、最初にまずは、実演。何より、経験してみることが理解することへの近道ですからということで。皆さん、色々なセンスで。これも大事なポイント。花の種類も、キク、バラ、カーネーションなど、多種多様に準備頂き。

20180823222924-973fd03374ef3c61cc536ceaa582b03d78a3c0da.JPG20180823222937-8804b74204f194a701fe740d51fb480648829f90.JPG 10:30からスタート。いつもの年であれば、13:00頃には少し落ち着くのですが、今回はほっとできた時間は、16:00-17:00のところくらい。それ以外は、それぞれ、どの立ち位置で何をするかを理解してくれていて。おかげさまで、900名は超える方々に、実験を楽しんで頂けたのでは。。。去年より少ないのでは、と思うかも知れないですが、担当の方との話で、昨年の準備頂いた用紙の枚数が去年は800枚だったと。なので、今年の方が100名くらいは多いわけです。そんなで、並べた花をシールする機械も途中で一台はdown。。。ピークを過ぎていたとはいえ、。。17:30過ぎまで、子供たちへの対応を頂き、そのあとの片付けが終わって、落ち着いたのは、18:00過ぎていたかと。無事、これだけの数ができたのも、皆さんのおかげです。本当に、ありがとうございました。また、来年もお世話になることができればと。。。よろしくお願いいたします。

20180823223017-d2c3d2db21c0d0d419c94b7d22350747f05ce9b7.JPG20180823223036-c125678b14a42419481055d3a61f2b2350e86669.JPG 最後になりましたが、東京エレクトロンさま、河北新報社さまのご尽力で、今回の多くの花など、たくさんのものを用意いただき、スムーズにことが進みました。ありがとうございました。次年度もまた、開催されることを楽しみにしておりますので。。。

20180823223110-0462f70d2e2fe8b2ac15640573355453b13adbec.JPG
 わたなべしるす

 PS. 途中で、研究室のスタッフの増子さんも子供さんと一緒に参加頂きました。というか、荷物の搬入・搬出のサポートも、ありがとうございました。

20180823223128-bf56e752531d6ad95d73008f0c073f7cc313cc84.JPG20180823223143-82c44050bb74886ed997176881a3bde9d4e090cb.JPG PS.のPS. 高校野球が終わったら、プロ野球。ところが、贔屓のチームは。。。ただ、そんなチームで53年前に先発した投手以来ということも。53年前。ちょうど昭和40年。。不思議なご縁があるものだと。。。




ページの一番上へ

愛にお盆はない

2018年8月16日 (木)

お盆ですね。
皆さん、帰省したり、旅行に行ったり、研究室に残って実験したり、、、、
それぞれの夏をお過ごしのことと思います。

我が家も今年はちょっと遠出して来ました。

20180816115535-cac61995d3ec8edccd3c29fef75c77f806568ab3.jpg子供も大きくなって、いろいろな場面でそれぞれの活躍を見せてくれて、楽しい旅行が出来ました。


そして、久々に研究室に戻ってくると、またまた届いていましたよ!
皆様からの愛が❤️

20180816120240-791d96e5c74f30b38a8238f6720591ccfdf8936f.JPGのサムネイル画像


20180816120308-21bfc5a39311ffcd4712de0d338648f5308c56ec.JPG

嬉しい限りです!

これで厳しい残暑も乗り切れる気がします。

ありがとうございます!!


いとう

ページの一番上へ

≪ Prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11