東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

≪ Prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

【リモート・アウトリーチ活動】埼玉県立熊谷西高等学校・SSH運営指導委員会、岩手県立一関第一高等学校・SSH運営指導委員会、香川県立観音寺第一高等学校SSH特別講義(6/15, 16, 20追記)

2020年6月18日 (木)

 第78期将棋名人戦七番勝負も第2局は山形県天童市。例年であれば、サクランボ狩りによい季節。コロナ禍もあり、なかなか、難しいところだと思います。大学も「行動指針レベル1」に引き下げるという予告を。ただ、出張などはやはり、なかなか難しいようで。大きな変革をもたらすようなことがないとこのままなのか。気になるところではありますが、できることを粛々とやるしかないのだろうと。

20200618113321-04bea763bd56814d149a399c7e4a3fbc97d14ddc.JPG
 6/15(月):埼玉県立熊谷西高等学校・SSH運営指導委員会

 今週は月曜日に、埼玉県立熊谷西高等学校のSSH運営指導委員会。ここはnetでの開催。net環境を揃えるなど、難しいところもあり、統括頂いた新井教頭先生にはお世話になりました。どこの学校もそうかと思いますが、ようやく学校が始まり、SSHのことも考えることができるようになったわけなので、まずは、地に足をつけて、普段の学習基盤を整えて、net環境を使うことで、また、これまでとは違った方向性が見えるのではないかと。詳細はいつものように、企業秘密ということで。

20200618112952-2d19d0e4fcba6b6bc307b81fa84e495a8266e595.JPG
 6/16(火):岩手県立一関第一高等学校・SSH運営指導委員会

 火曜日には、岩手県立一関第一高等学校から書面での運営指導委員会をと言うお知らせを。時間を見つけることもできたので、資料を拝見しながらのコメント。前日の熊谷西同様に、netでの講義の検討などをコメント。ただ、岩手県は5月の連休以外は休校することもなかったのはあるようですが、それでも3密を避けての授業、活動となると、やはり、例年とは違う大変さがあるような気がします。近いとはいえ、仙台からは県外。もう少しこちらも自粛して、netでの対応になるような。。。

 PS. 人材育成、物事を行うときの心構えなど、分かりやすい記事を発見。時間の許す方は、是非どうぞ。


 6/19(金):香川県立観音寺第一高等学校SSH特別講義「将来に向けたキャリア形成と『考える基礎』となる課題研究のあり方」

 先週の月曜日の福島県立安積高等学校での出前講義は、最初は現地での出前講義を企画。緊急事態宣言がでたこともあり、オンラインでと言うのに変更したのが、4月終わり頃。同じ頃、観音寺一高のSSH運営指導委員のリクエストを。それから半月。6月末に例年行っている「出前講義」は難しいという連絡が観音寺一高から。。。10年近く継続したものが、と思って、4月に安積高の原先生からリクエストがあった「オンデマンドとオンライン」を組み合わせた「リモート・アウトリーチ活動」を観音寺一高の床田先生に提案。ネット環境での設定などを頂き、無事に、リモート出前講義に。

20200620121907-dbf37f48a68217014ade9fe6a7fb27a4a1ba4e3b.JPG 渡辺が録画した講義を聴いてもらっている間は、生徒さんの反応を見ながら。最後は、質疑の時間。total 11名の生徒さんからキャリア形成、サイエンス、課題研究など、多様な質問が。直接パソコンに向かってしゃべっているので(もちろん、マスクをして。)、研究室の方に声が漏れていて。パートの伊藤さんからは「たくさん質問する高校なのですね」と。こんなことが研究室のメンバーに公開されるというのも、リモート・アウトリーチの別の効果かなと。というか、毎年、たくさんの質問がある観音寺一高。このようなコロナ禍ではありますが、質問をきちんとすると言う「遺伝子」は継承されているのだなと。。最後になりましたが、本企画を頂いた観音寺一高・床田先生をはじめ、関係の先生方にお礼申し上げます。ありがとうございました。毎年伺っていましたが、このような状況になってもこんなことができるんだと言うことが改めて実証できた1日でした。

20200620121935-b3feeba8b134d234ba9f924edce4c819e9558b6d.JPG20200620122011-8ddebc206826f41cd501acec3f7e9acd62b1275e.JPG PS.6/20(土) 20:00. 渡辺がこの記事を書いたときには、すでに、観音寺一高のHPに、出前講義の記事が2つ。1つは講義の内容もう1つは生徒さんのコメントなど。このような形になれば、リモート・アウトリーチですが、かなり双方向性ができたのでは。もちろん、出前講義は、現地で受講生の皆さんの反応を満てというのがbestですが、カイゼンの余地はあるとは思いますが、betterな形になりつつあるかと。ありがとうございました。




 わたなべしるす




ページの一番上へ

危機、当面、突破(6/11)

2020年6月11日 (木)

 ほぼ3ヶ月以上、徒然なるままの文章を書いていない。書かないのではなくて、書いてよいのだろうかという思いが強かった。HPを見て頂いている方からも、ご心配の言葉を頂いたりもした。もちろん、netを介した講義の準備、大学院の入試に向けたnetでの研究室の公開など、。。。植物病理学の時間に、江原先生から学んだvirusの知識では、もちろん、新型コロナvirusに対応できるわけでない。そもそもの免疫系が違うのだから。植物に免疫系というと、「???」という方もいるかもしれないが、植物も病害虫に対して、defenseをしている、動物と仕組みが違うだけで。。。で、分子生物学などの理解から、新型コロナvirusについて、ある程度は理解できるが、表現型にばらつきがあるというのは、遺伝的要因なのか、環境的要因なのか。いずれ、その道の方々の研究結果を待つしかないように思う。ただ、一方で、北東北を除いて、梅雨入りとか。気温が上がり、湿度が上がる中、窓を開けて、換気をする。地球にやさしいとはいえないが、安全第一で乗りきるしかないのであろう。短時間でのPCR検査系も出来つつあるというので。

20200611151829-fd7d6c569194294d903a5dbc1b8594e5165bb1ff.JPG netを介した会議、講義などがあるが、昭和の人間なのだろう。何となく違和感がある。何をどう言えばよいのか、難しいのであろうが。そんなシステムで評価をするという場面も多くなるのでは。ある程度の時間、しゃべると理解できるのか。。。いずれ、何かを考えないといけない。少し話を戻すが、話題の言葉の中に、PCR、抗原、抗体という言葉が出てきた。抗原抗体反応に関わる実験をしたのは学部4年生の時、PCRをはじめて使ったのは大学院生の頃。当時、そんな言葉が世の中で一般化されるとは、。。。想像もできなかった。ただ、研究を始めて、30年余り。師匠である日向先生、磯貝先生が言われていた「チャレンジングなテーマ」でやってみること。着実にできそうなことはもちろんだけど、新しい展開を生み出すのは、チャレンジングなことをやって、それを世界に向けて発信すること。そんなことを支援してくれるような言葉が並んでいるということを、とあるところから。元気を頂きました。チャレンジングな研究をやって、渡辺が関わっている研究領域の日本のビジビリティーを高めることをしないといけないのだと。。。

20200611151916-0c6abcc9e05389b01dd9edd2d372461dc721bec0.JPG と言うわけで、そんなことをしゃべっても仕方ないというか、前向きに何かをやろうとしないといけないのであろう。渡辺に課された宿題はまだ、ずいぶん残っているので。世の中を見れば、やればできるんだという企画頭脳戦など、始まっている。そうしたものに遅れを取ることなく、少しずつではあるが、前進あるのみなのだろう。まずは、机の上の書類を片付けて、書きかけの論文を片付けるなど、できそうなことをまずはこの6月の残り半月でやってみよう。何かが変わることを期待して。

20200611151852-a287c87bd88e6ad4329255bcd7a36e7d98cf574a.JPG
 わたなべしるす

 PS. 渡辺が所属している大学院生命科学研究科の今年の入試は例年とは大きく変容。何が。まずは、研究科のHPをご覧下さい。色々なご意見はあると思いますが、準備の時期を考えれば、生き物を扱う「生命科学」と言うところでは、安全第一だったのだろうと。。。受験を考えている方。ご相談ください

 PS.のPS. 出前講義でお世話になっているSSH。今年度の採択結果が出ていたようです。そんなことに気がつくことができなかった3ヶ月でした。





ページの一番上へ

【リモート・アウトリーチ活動】福島県立安積高等学校SSH特別講義(6/8, 12, 20, 24追記)

2020年6月 9日 (火)

 先週月曜日、6月1日から大学行動方針がレベル2に引き下げ。移動自粛が全国的に解除されると、レベル1になるとか。。。といっても、「新しい生活様式」などもあって、出前講義は基本、リモートというのが現状。一度重たくすると、なかなか持ち上げにくいものもあり。。。そんなきっかけを頂いたのは、福島県立安積高等学校。早くに企画をしたものの、緊急事態宣言もあり、この時期の実施。


 6/8(月):福島県立安積高等学校SSH特別講義「将来に向けたキャリア形成と『考える基礎』となる課題研究のあり方」

 記事を書くことも久しぶりであれば、アウトリーチ活動も。あらかじめ、録画したものを学校側に提供し、スクリーンに映ったものを見たあとに、質疑の時間。録画したのはずいぶん前。もちろん、直前に録画するのもありなのですが、実施して頂く学校側の準備もあり。。。録画をする時は、パソコンの画面を見ながら。普段であれば、聴講してくれている生徒さんたちの反応を見ることができるのですが、それができないのが問題というか、淡々としゃべらざるを得ないところ。生徒さんたちの感想は、改めてレポートで拝見するということで。

20200612083425-3f1fa96a3efa4871cd6e3557315e22f0ca59ac68.JPG 講義の内容は、今回の新型コロナvirusを導入として、課題研究、渡辺のキャリア形成の話。身の回りの変化に気がつき、そこから「なぜ」と言う気持ちを大事にして下さい。1hrほどの講義のあとは、質疑の時間。パソコンの画面越しに質疑を。これもはじめて。慣れないですね。質問をしてくれた生徒さん、とても勇気が必要だったと思います。しゃべっている人がいないし、リアリティに欠けるでしょうか。そんな中での質問、立派でした。大変な時期とは思いますが、逆境を乗り越えて、がんばって下さい。最後になりましたが、本企画を頂いた安積高・原先生をはじめ、関係の先生方にお礼申し上げます。このような講義形式が通常化するのか、どこかでもどるのか、判断が難しいところかと思いますが、今後とも何卒よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

20200612083512-79d962d9ed62d1fd7002510229e9fff53e343eb7.jpg
 わたなべしるす

 PS. 第91期棋聖戦5番勝負の第1局。渡辺棋聖に挑戦者藤井七段が挑むというもの。両者時間を使い切り、1min将棋に。緊迫の局面が続いて、最後は挑戦者が勝利。「新しい」時代の到来であり、藤井七段よりも数世代前とはいえ、若い者に負けないようにがんばらないと。そんな励みを頂いたような。。。ふと。

 PS.のPS. 6/12(金) 8:40. 安積高・原先生から当日の講義の様子の写真を頂き、掲載できました。ありがとうございました。がんばって質問している様子も分かりました。頑張って下さい。

 PS.のPS.のPS. 6/20(土) 20:00. 安積高のHPに当日の記事の様子が記されているのを発見。10日ほど前に書いて頂いていたようなのですが。気がつかず。生徒さんのコメントを見ると、こちらの意図が伝わったのを実感。ありがとうございました。

 PS.のPS.のPS.のPS. 6/24(水) 9:50. 安積高校の原先生から、生徒さんが書いたレポートへのこちらからコメントしたものが、とあるクラスに掲示頂いたと。こちらからのコメント、1つ1つをpick upして、クラス全体で、こうしたことをがんばろう!!と。type-missがあるのはお許し下さい。これからの高校生活で少しずつ身につくことがあれば、幸いです。ありがとうございました。

20200624095713-7af94c0061733e14e53338097d8bf0db2d8772a4.jpg

ページの一番上へ

3密を避けて。。。(5/10)

2020年5月10日 (日)

 4/17(金)には、レベル4に引き上げ。緊急事態宣言も5/31(日)まで延長。「新しい生活様式」の定着。。。netでの講義など、5月の連休が過ぎたのに、脳みそが整理されない状況。。。まずはできそうなことは、「3密」を避けるということ。そんなことを定着させてくれそうなポスターを発見。とある県のゆるキャラをつかったもの。なるほどと、早速研究室に掲示。

20200510101931-31059bc50c3177febb37cca40f61e830a13c90a4.JPG 冬から春にかけて育ててきた植物を維持管理している状態。3密を避けて、できることをやることなのだろうと。そうそう、時間がなくてできてないこと、学部時代の当時の江原教授から学んだ植物病理学のノートをひっくり返して、植物virusの生活環というか、営みを改めて理解し直して見ることにしよう。もちろん、防除も含めて。3密を避けて。。。


 わたなべしるす



ページの一番上へ

最近の研究室と私と筋肉体操

2020年4月10日 (金)

どうも、どうもどうも、マスコです。


現在、東北大学は4/8から緊急時における東北大学行動指針(BCP)をレベル3に引き上げています。当研究室を含む生命科学研究科でも研究活動の縮小を余儀なくされています。今日も研究科長から、今後の行動についてと、各自いっそう行動に気を付けるよう、動画配信でお話がありました。




大学図書館は4月13日から全面閉館、大学生協でも4月13日から食堂ホールの順次閉鎖や、生協店舗の営業時間変更が発表されています(教科書販売についても変更点があるみたい)。生協各店舗で、入学式・卒業式で販売する予定だったお土産バームクーヘン(賞味期限4/17)を助けて!割引販売なんて情報もあったりします。(部外の方はキャンパス内に入れませんし、部内の方も他キャンパスに行くことはできません。送料・代引き手数料別途で送付も対応くださる様子、いずれも、東北大学広報室さんのtwitterから情報いただきました。@THUv_COOP_KOHO)




日本全体でも、仙台でも、ここ1週間で日々状況が変わっていっています。仙台では公立学校も休業延長だし。娘はテレビの前でNHKあさイチで放映の谷本先生自宅撮りおろし「わんぱく筋肉体操」してるし。浅いスクワットはー、浅はかなスクワットー(名言)。いきなり腕立て10回、そしてスプリットスクワット、スプリットジャンプ。わんぱくすぎて目が覚めた上、息が切れました、ナイス。




なんとなく、状況が東日本大震災の時みたいな感じになってきました。今回は、研究室の何かが壊滅的に壊れたり、ライフラインが途絶えたわけでもないので幸いです。ガソリンも入れられるしね。しかし、先が見えない、仙台だけでなく日本も世界も同じ事で大混乱、原因が目に見えない、というのが、あの時よりも悪いことです。この先の見えない状況に、東北大でも様々な方が知恵をしぼって対応くださっているのだと思います。




いつか、遠い未来、東日本大震災の時のように、今日のことを振り返るのかもしれません。その時まで元気に長生きしたいものです。今日の研究科長のお話にもありましたが、引き続き3密を避け、行動していきたいと思います。




過去も現在も、訳の分からない理不尽な病に人はさらされてきました。そのたびに世の中ってなんて理不尽なんだ、と人は思い知ったりする訳ですが(コレラ、結核、スペイン風邪とか)。そのたびに、さまざまな知恵を出し合い、工夫して乗り切っていくのも、また人だったりします。




まず、この危機的状況に前線で頑張っていらっしゃる医療関係者に敬意を表しつつ、真摯にインフラを支えてくださる皆々様に感謝しつつ、



今週末も不要不急時以外、自宅待機します。





マスコ

ページの一番上へ

≪ Prev 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11