東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • 研究室ダイアリー

研究室ダイアリー

≪ Prev 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

【リモートアウトリーチ活動】岩手県立一関第一高等学校・SSH探究研究、香川県立観音寺第一高等学校・SSH特別講義、福島県立福島高等学校・SSH運営指導委員会、岩手県立一関第一高等学校・SSH運営指導委員会、香川県立観音寺第一高等学校・SSH課題研究発表会、運営指導委員会(5/26, 6/3, 6/10, 17追記)

2021年5月26日 (水)

 一ヶ月ぶりくらいの「リモートアウトリーチ活動」。今年度も多くのアウトリーチ活動がリモートでの対応になるのだろうと。ただ、前年度よりも様々なシステムがversion upになれば、今までよりも身近に議論したりすることが容易になるのではと。

 5/26(水):岩手県立一関第一高等学校・SSH高志探究IIB 研究計画ヒアリング

 今回は岩手県立一関第一高等学校のSSH活動として行われている「高志探究IIB 研究計画ヒアリング」。リモートでもできると言うことから、高校生が立案した計画について、こちらから質問を。なぜその系を使うのか、それで何が分かるのかな。研究室での実験計画の方向性を議論するときのように。こちらからの質問を参考にして、さらによい実験計画にしてみて下さい。その結果としての発表会を楽しみにしていますので。

20210526152455-97fd6a20fe766602289bc17191f35b12ae10889b.JPG
 6/3(木):香川県立観音寺第一高等学校・SSH特別講義

 どこまで梅雨入りしたのか。少なくとも東北地方はまだ。低気圧の通過だろうか。出前講義を行った日の夕方から、記事を書いている今日にかけて強い風と雨。乾いた土にはよいのかも知れないが、一方で雑草が伸びる「水」にもなるのだろうと。ただ、最後の花を咲かせている菜の花も、この雨でもう少し頑張れそうな。そんな6月最初の週。

 いつもであれば、香川県立観音寺一高に伺うところが今年度もリモートからの出前講義。昨年は動画を見てもらい、そのあとに質疑応答をしたのですが、今回はzoomを使ってのリアルタイム配信と質疑。講義の内容は、4月の福島高校での内容と同じ「キャリア形成と課題研究」。Google, Youtube世代なのかもしれないですが、香川の自然を観察して、そこから「なぜ?」という気持ちを醸成させ、その原因をあれこれと考えてみる、そんな習慣をつけるきっかけになればと。。。Google先生に聞いたら、あれこれと分かるのかもしれないですが、自主的に研究を進めるという課題研究をやってみることで、自然、世の中の不思議を考えるきっかけになると思いますし、これからのキャリア形成を考えるヒントにもなると思いますので。この記事がuploadされる前に、観音寺一高のHPに2つの記事が掲載されています。あわせて、ご覧下さい(記事1, 記事2)。

20210604143614-fffd0d7cccd1e8b3bac1765a39474bd45ede19a0.JPG PS. 週の初めに7hrほどのリモート会議。凝視するのに使った「目ん玉」への影響は想定外に大きく。。。しばらくペースダウンになりそうかなと。。。周りの学生さんの若さを見ていると、自分の年齢を忘れますが、年を取ったのだなと。。。

20210604143809-55810ef6147c925d0b3f456663f16df72ae78292.JPG
 6/10(木):福島県立福島高等学校・SSH運営指導委員会

 6-7月は、いわゆるSSH実施校の運営指導委員会の季節。最初は福島県立福島高等学校。様々な事案を考慮して、全てをリモートに。こうした時期なので最大限のdefenseというのは大事なことのような。一方で、2hrの議論はいつものように白熱して。。。中身については秘匿事項もあり、ご容赦ください。現地に行くと、仙台とは違う風景を見たり、風を感じることができるので、それはそれでよいのですが、もう少し時間がかかりそうです。

20210611131050-f620aadd5eac9c3fe152692655d4b4bea677a9c1.JPG PS. 職域接種で、本学も21日からスタートとか。mRNAを接種すると言うことで、いくつか調べてみると、5'末端にはcap構造があるとか。mRNAがコードしているSタンパク質(SARS-CoV-2 spike glycoprotein)が全長で1,200個くらいのアミノ酸が並んでいたような。調べたときにメモを取らないとすぐに忘れてしまうのが、だめですね。。。


 6/17(木):岩手県立一関第一高等学校・SSH運営指導委員会

 今週末は雨模様。このあたりで南東北、北東北まで梅雨入りでしょうか。研究室内の湿度も着実に梅雨モードのようで60%を超えている状況。もちろん、コロナ対策で窓が開いて、空気の流れを作っているからこそ、外気も入ってくるので。よいことであり、湿度の管理が難しいところ。そんな午前中は岩手県立一関一高へ。1期目の一関一高のSSHも3年目。今年度が中間評価と言うことで、そうしたことも見据えながら、昨年度、今年度の実績と方向性についての議論。中身については秘匿と言うことで。。。立場上。。。ご容赦ください。

20210617144008-05614cb34e4b028ba1b154e84f0eea52d9513028.JPG
 6/17(木):香川県立観音寺第一高等学校・SSH課題研究発表会、運営指導委員会

 午後からは香川県立観音寺一高校へ。これがリモートでの参加のよいところ。今月の初めにもリモートでの出前講義でした。もちろん、現地の空気、景色など1年以上伺ってないので、そんなのもあればよいと、思うわけですが、もうしばらくは現状のリモートでというのが続きそうで。。。前半は理数科の発表会。物理、化学、生物に加えて、数理解析があるのが特徴。こんなスポーツも解析するのだと。最後は運営指導委員会。いつものようにdeepな議論。今回の議論が次につながることを祈りつつ。

20210617143014-281651211b8adb29d22ddecd7c2642fae3338d6e.JPG
 わたなべしるす










ページの一番上へ

生命科学研究科入試説明会:ポスターセッション終了(5/9)

2021年5月 9日 (日)

 ちょうど1ヶ月前にお知らせした、大学院入試説明会。昨日、今日といくつかの大学の学生さんがzoomを通じてですが、訪問してくれました。ありがとうございました。これからの進学の参考になったのであれば、幸いです。他の研究室なども見られて、いろいろな刺激を受けたのではないでしょうか。最終的に方向が決まりましたら、また、お知らせ下さい。最後になりましたが、2日間、お手伝い頂いた院生の福島君、益子さん、ありがとうございました。

20210509150811-3ed699b54c7d3b5ce181b7e017259ac4261210a7.JPG
 わたなべしるす


ページの一番上へ

【速報】2021年5月1日, 10時27分頃, 宮城県沖(M6.6)地震に伴う影響(5/1)

2021年5月 1日 (土)

 木曜日から連休が始まっているというのか、この土曜日からなのか。ぼちぼち、行動をと思っていたところで、青葉区が震度4。渡辺が来たときには、ラボスタッフの方が屋内外の施設、設備も点検済みでほぼほぼ、被害もなく。ありがとうございました。

 前回、前々回が震度5弱だったので、震度4なのでよかったとはいえ、菜の花の交配シーズンでもあり、大きな出来事がこの連休にないことを祈りつつ。

20210501121154-8d25d4111455e7d85d8d0fbd17fea8b180d2eba0.JPG
 わたなべしるす

 PS. ラボスタッフの方、事務長が研究室に確認に来てくれました。ありがとうございました。


ページの一番上へ

【リモートアウトリーチ活動】探求型「科学者の卵養成講座」研究発展コース、福島県立福島高等学校・SSH特別講義、SS開講式(4/5, 23)

2021年4月25日 (日)

 平年よりも日中の気温は高めで、朝の気温が低いので寒暖差が大きい今年の4月。今週末からはいわゆる、大型連休。少し低めで気温が推移してくれる方が、菜の花の実験にはよいので、今後の気温の推移も気になるところ。宮城県内にも蔓延防止措置が発出されるのが5/11(火)まで延長。感染防止に気をつけての日々の活動になるかと。そんな4月。


 4/5(月):探求型「科学者の卵養成講座」研究発展コース

 年度を超えて、3/26, 29, 4/2, 5の4日間で、研究発展コースを実施。受講生は大船渡高、宮古高、福島高から1名ずつの参加。ほぼ、1ヶ月前のこと。年度末、年度初めのばたばたで報告が遅れに遅れて。4日間の実習もコロナ禍と言うことで、リモートで。花の観察・解剖、PCRの原理と現状、databaseによる検索、遺伝子の解析。大学院生の福島君、益子さんにも手伝ってもらい、無事に4日間の実習を終了。ありがとうございました。


 4/23(金):福島県立福島高等学校・SSH特別講義、SS開講式

 宮城県内に蔓延防止措置が発出されており、今月初めの4/1からBCPレベルが3。出張の制限もあり、福島県立福島高等学校での、SSH特別講義とSSH部の開講式での講義はリモートで。前半は1年生向けに「課題研究とキャリア教育」。SSH主任の高橋先生はじめ、関係の先生方が各教室の1年生向けに、こちらの講義のpptの映像と渡辺がしゃべっているところをリモート配信。橋爪教頭先生から、渡辺の丁寧な紹介を頂きました。恐縮です。で、肝腎の講義は可能な限り、双方向性を保つために、こちらから質問をして手を挙げてくれた生徒さんとやりとりを。なぜ、課題研究に取り組むのか、また、渡辺をモデルに「キャリア形成」を考えるということに重点をおいての話を。講義の最後はほぼ、各クラスからの質問も。最後の講義へのお礼の言葉、しっかりしていました。SSH課題研究の発表では、是非、対面で議論をできればと。

20210425210312-e9dc15b2c13e31de6198c087328c16f436fbaa15.JPG 後半は、SS部の開講式。課題研究を実際にどうやってやってみるのか。また、それをどの様に表現するのか、文章として、プレゼンとして。実際にやってみると、意外と難しいことなど、気をつけないといけないことがありますので。ある種の「科学的な実験」を行うときのルールですので。しっかりした研究を行って下さい。


 わたなべしるす



ページの一番上へ

更新しました(2021年度)

2021年4月 1日 (木)

今日から新年度!今年は桜が早い、片平キャンパスです。

20210401165347-ea9ab0a27b5917413f817499186db9c432dfee63.jpg



毎年恒例、新年度に係る更新、以下になります。

----

研究室メンバープロフィール

  • 稲葉靖子准教授を追加(クロスアポイントメント制度で宮崎大学と兼任)
  • M1益子さんを追加
  • 卒業生一覧に矢野くん、古井さん、八巻くんを移動。
  • 林博士研究員の職名を日本学術振興会特別研究員に変更
  • 各メンバーの学年を1コ上げ、2021年度の抱負を追加

研究コンセプト>大学院生募集>学生から見た研究室の良い所

  • 福島くん、金さんの原稿に変更

研究プロジェクト

  • 二国間交流事業、基盤研究(A)を終了した研究プロジェクト一覧に移動。

トップページ学生募集中バナー

  • 2021年度入試説明会について記載しました。

研究・教育成果>教育成果>卒業生の進路

  • 2020年度について記載しました。

----



以上です、今年度もよろしくお願いいたします。




マスコ改めスズキ

(M1にマスコさんが入ってきたのでスズキにクラスチェンジしました)

ページの一番上へ

≪ Prev 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12