東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • News Release

News Release

≪ Prev 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18

【広報誌掲載】平成29年度東北大学全学教育貢献賞受賞に伴う記事が、本学全学教育広報誌「曙光」に掲載(3/23)

2018年3月23日 (金)

 春の嵐のような雨降りだったとか。といっても、渡辺は飛翔型「科学者の卵養成講座」の海外研修のサポートで、カリフォルニア州・リバーサイドへ。詳細は、こちらから。で、その前に、紙媒体では公開されていたのですが、webでの公開を見つけましたので。お知らせを。。お正月休み明けには、平成29年度東北大学全学教育貢献賞受賞を頂きました。望外の喜びであり、展開ゼミ、基礎ゼミを受講して頂いた受講生たちにも感謝で始まった2018年でした。

20180314221252-7e5b766772db0462786bee79e00009485b3f68ae.JPG その受賞に関連して「全学教育」に関連した記事を依頼頂き、「」と題したものとして、全学教育広報誌「曙光」 No. 45に掲載頂き増した。今でこそ、全学教育といいますが、渡辺が学生の頃は教養部と呼ばれ、1, 2年を教養部生。3, 4年になると、学部生と呼ばれていたような。学生証も教養部と学部で異なっていたのを思い出します。今のようにしっかりしたものでなくて、少し厚い紙だったような。。。そんな教養部時代を過ごしたこともあり、今回のテーマを「教養」の再考ということで。

 これまでの曙光の記事曙光の由来などと一緒に、No. 45の記事を読むことができます。渡辺の講義きっかけであり、今回のような双方向型の基礎ゼミが、発表会で最優秀ポスター賞を受賞した学生の木幡君が寄稿してくれた記事もあわせて、ご覧頂ければ、幸いです。こうした全学規模の冊子に寄稿できるのは、はじめてのことであり、緊張であるとともに、このことが何かの刺激になればと。色々なところで。。。今回の機会を頂きました関係各位の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。また、これを励みに、精進したいと思います。

20180314221316-a7faf4ce95569c6a9f15282f6eb8de8677ad74b9.JPG
 わたなべしるす




ページの一番上へ

【お知らせ】平成30年度展開ゼミがTGLプログラム指定科目に(3/15)

2018年3月15日 (木)

 新しい年度が始まるまで、あと2週間あまり。昔から比べると、年度の初めがとてもはやくなり、一方で、長期の休みがずいぶんと長くなったような。。。こんな昔のことをいうようになった時点で、年を取ったということなのでしょうか。

20180315140730-8388ff156e543ae8ab1b2e7d91040ca2bbceb724.JPG このお知らせのところで、渡辺が担当している、大学院以外の講義などの案内を。展開ゼミは30年度も後期に開講しますが、科目群、授業科目名、授業題目名という様に細かく分かれているそうです。科目群「全学教育科目展開科目-国際教育科目」、授業科目名「課題解決型(PBL)演習A」、授業題目名「秋冬野菜を盆栽として育ててみよう--栽培を通して、観察眼を養い、栽培の大変さも理解してみよう--」となるそうです。いつから、参画しているのか、失念しましたが、今年度もTGLプログラムに参画しています。分類のパターンが変わったので、詳細は、新しい年度になってから、TGLプログラムをやってみようという方は、そのHPなどを見ながら、受講頂ければと思います。

 渡辺の講義は国際性もあると思いますが、なによりも自分で課題を解決する、自分で考えて行動する、ということを農作物の栽培を通じて、行います。詳細は、また、このHPから。はやい方は、年度が替わったら、すぐに申し込む方も。遅い方は、後期の講義が始まってから。という状況です。昨今、AIの発達などで、英語の読み書きはずいぶん楽に。また、同時翻訳もそうしたツールがあるとか。。。外国から英語での電話があると、それに対して、反応するのは、いまだに苦手な渡辺ですが。。。この展開ゼミの詳細、図書館とのコラボでの「レポートの書き方」に繋がる講義、などについては、またの機会に。。。

20180315140435-ecaad0cac288a86f64c1b4574fdadd2f5f7baec6.JPG
 わたなべしるす

 PS. 平成29年度の展開ゼミの「授業評価結果」が手元に。受講生の平均の学習時間が他よりも飛び抜けて高いレベルであったのは、受講生の方々がしっかり取り組んだ賜物だと。現在ももちろん、投稿できようになっていますので。こちらからも、こちらの畑の様子をまた、時期を見て。。。おしらせします。

 PS.のPS. 先週の土曜日は、飛翔型「科学者の卵養成講座」の最終回。次年度から、新しいプログラムに移行できればよいのですが。。。たくさんの方々に来て頂きました。ありがとうございました。そんなことが、本学のtop pageに。。。時間があれば、そちらも。

ページの一番上へ

【感謝状】仙台市教育委員会より出前講義に対して感謝状(3/13)

2018年3月14日 (水)

 3月もほぼ半分が。。。3月なのに、4, 5月の気温になるとか。寒暖の差が激しのは、体調管理が大変なので。できるだけ、避けてほしいのですが。。。お天道様におまかせするしかないので。今の科学技術では。。アブラナの花粉症だと思っていたのが、アブラナだけでなく、どうやら本命の「スギ」にも感作したのか。。。かなりあやういなと。。年度末なので、data整理であったり、まとめをする時期でも。将棋も年度の記録の整理で藤井六段が四冠に。。あと、名人位への挑戦権をかけたA級順位戦は6名によるプレーオフに。変則のトーナメントで、今月中には挑戦者が決まるとか。。

20180314105419-99faf3a733a57b68cf910c5fa9f94ee2714301c1.JPG そんな3月の半ば。仙台教育委員会から平成29年度「仙台市理科特別授業」に対して感謝状を。一昨年昨年に引き続きとなり、ありがとうございました。今年度は、仙台市内の8つの小学校(川前小学校, 荒町小学校, 館小学校, 幸町小学校, 片平丁小学校, 北仙台小学校, 七北田小学校, 長命ヶ丘小学校)へ出前講義を行い、その貢献に対する感謝状です。本来なら、2月21日に仙台市教育センターで感謝状の贈呈式をということだったのですが、出張と重なり。。。伺うことができず、次年度の打合せを兼ねて、教育センターへ。

 担当の長谷部先生と昨今の教育事情であったり、次年度に向けての特別授業の方向性など。deepな議論の時間を頂きました。お忙しい中、ありがとうございました。今までの形を少し変形するだけで、より刺激的な講義になることも明確化され、楽しみです。ありがとうございました。来年度もよろしくお願いいたします。

20180314105438-8ac0d2ad5570515add016501889ecbecdfe227da.JPG
 わたなべしるす

 PS. 世の中狭いもので。。。渡辺がこちらに着任する少し前ではないかと思うのですが、なので、生命科学研究科なのか、そうでないのかは、伺えなかったのですが。。。いずれ、植物の分類関係の研究をされて、修士課程を過ごされたとか。。。次年度も何卒よろしくお願いいたします。




ページの一番上へ

【広報誌掲載】2017年のNature Plantsに掲載された論文の記事が、本学広報誌「まなびの杜」に掲載(2/6)

2018年2月 6日 (火)

 この前の東北、北海道を中心とした寒波今回は北陸方面でしょうか。仙台では雪もほとんど消えて、ですが、北陸方面の雪が少しでも早く収まることを祈りつつ。そんな寒波との連動なのか、経済市場もかなりの下げ幅。。。研究に影響するのか。。。それは分からないですが、渡辺の出身地・今治市が誇る一大産業の造船に関する記事を発見。世界第4位とは。。今年度もあと2ヶ月弱。できるものをできることから。。。

 そんな中。学内広報誌「まなびの杜」の「Line-up of Leading-edge Research 最新の研究ラインナップ」に、2017年にNature Plants誌上において「新規一側性不和合性の解明」として掲載された論文について、短い記事で取り上げて頂きました。HPだけでなく、こうした冊子体でも取り上げて頂けるのは、ありがたいことで。「まなびの杜」のwebsiteから読むことができますので、お時間の許す方、是非に。。これを励みに、さらに、教育研究を展開したいと思います。ありがとうございました。

20180206110450-e3603716365d405fc0297abe5906c357dae47ed1.JPG
 わたなべしるす

 PS. 世の中的に忘れてはいけないのは、「将棋の藤井聡太四段が初の五段に昇級」。中学生でというのが冠につくようで。そんな時期。。何をしていたのか。高校受験のために、。。だったような。将棋と科学の世界は基礎の部分が違うとはいえ。すごいことだなと。。。

 PS.のPS. 今治といえば。今も話題になっている「獣医学部」。ずいぶんの倍率になっているとか。。。また、出前講義で今治を訪問する機会があれば。。。

ページの一番上へ

【研究成果・受賞】平成29年度東北大学全学教育貢献賞受賞(1/5)

2018年1月 5日 (金)

 大学も昨日の1月4日からスタート。まだ、お正月気分が残るところはあるのかも知れないですが。年末年始は雨、雪という久しぶりの荒天だったような。。。

20171226125310-76410c33053b38dcc55d4553415faf5b09832d04.JPG そんな中、渡辺が行ってきた、全学教育での「基礎ゼミ」、「展開ゼミ」というゼミ形式での少人数教育に新機軸をもたらしたということを評価され、平成29年度東北大学全学教育貢献賞を頂きました。新機軸な点をまとめると、「野菜栽培を通じて、観察力・文章力養成を目標としたwebベースの双方向完全公開型、新規授業手法を構築・実践」したということになります。農学部にいた頃、形態学の実験がつらかったことを思い出します。ただ、一方で、写真を撮ればよいかというと、そうではなくて、見ている全ての場所にピントを合わせるという点では、スケッチをしてみることはよいことだなと、今さらながらに。このHPをご覧の方は、展開ゼミの様子もあわせて、ご覧頂いているのではないかと思いますが、大学での講義をこうしたwebベースの双方向で、かつ、このように完全公開型というのも新規な点です。講義で学生が記録したことに、教員がコメントをするというのは、ほとんど例がないことだと思います。ただ、植物の栽培など、適切なタイミングでコメントすることが重要な場面があり、そうしたとき、どの様な遠隔地でも相互にコミュニケーションができるという点では、他の講義にも応用できるのではと思います。

20171226125105-606d44a5a5518673d8f66902b315f6b0607d5e97.jpg また、何よりも、webベースということから、文章を書くことの重要さを改めて、受講生が相互に比較しながら、自分の立ち位置を理解できるのも、新しい発想です。多くの場合、レポートなどを相互に見せることはないと思いますので。渡辺自身が大学生として、講義を受けていた当時のことを振り返りながら、こんなことができたらということで、始めた形式を少しずつ進化させたものです。このような形での表彰を頂けるとは、望外の喜びでした。何より、この講義をサポートしてくれた研究室のスタッフの皆さん、また、受講生として、基礎ゼミ、展開ゼミでがんばってくれた皆さんにこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。この基礎ゼミ、展開ゼミの概念などをまとめたものをスタッフの増子さんが作ってくれたものを、あわせて、上記に掲載しておきました。展開ゼミのHPを見て頂きながら、その中身でどの様なことを期待しているかなど、参考になれば、幸いです。これを機に、普段の大学院教育に加えて、全学教育にもさらなる貢献ができるように精進したいと思いますので。ありがとうございました。


 わたなべしるす

 PS. 表彰式、表彰状、副賞の写真などは、このような感じでした。ありがたいことです。関係の皆様にたくさんのお礼をしないと。。。

20180105162036-bb9b8297821b5db583b95f09bbd4e237bb6afe70.JPG 20180105162105-6c0428c4f41e03a887afaa0372146a1719edb2a2.JPG
20180105162956-414c19af86923f5a98afc0298e040dab94efc184.JPG 20180105163118-51066ddb7af3b5d2f78f6abe6440098b6c7ec714.JPG
20180105162143-a4e41f585efa7bed46b65a52d5499ef3afc7f2a6.jpg 20180105162203-74f48b52ae55feda0ba78435ee1e48edd1f08846.jpg


 PS. のPS. 研究科のHPにも、関連記事が掲載されています。あわせて。。


ページの一番上へ

≪ Prev 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18