東北大学大学院生命科学研究科 植物分子育種分野 渡辺研究室

  • TOP
  • News Release

News Release

≪ Prev 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25

【お知らせ】オープンキャンパス(7/25-26)に伴う研究室公開について(6/26)

2017年6月26日 (月)

 仙台も梅雨入りしたとはいえ、かなりの日差しと気温も30oC近く。本当に空梅雨になるのか。3ヶ月予報を見ても、7月になると、雨が多いらしい。ただ、8, 9月は高温になるとか。。。9月の高温はアブラナの栽培には、。。あれこれとあった諸事情ももう少しでclearできるのでは。。。というか、今週の出前講義などと週末の大学院入試を対応しないと。。。大学院入試は、研究室の学生さんたちの頑張りもあり、来年度の学生さんの目標値まで達成できそうかなと。。。いずれ、確定するまでは、安心しないように。

20170626105902-8cbfdc9c97a6933b53e5c91afb43730196572e9d.JPG 今年で7年目になりますが、オープンキャンパスと連動した研究室公開。これまでもずいぶん多くの高校生が見学に来てくれました。渡辺が学生の頃には、オープンキャンパスは、もちろんなくて、農学部の助手時代にもそんなことはなくて。岩手大・農学部に異動したあとにも、なかったような。。。仙台にもどった2005年以降は、大学院だけでしたので。。。いずれ、多くの高校生が来るというのは、あちこちから。大学のオープンキャンパスの案内を見ると、青葉山、川内、星陵地区になるかと。片平キャンパスでは、公開されていないかと。ただ、その分、研究室の中まで公開することはできますので。ここだけですが。よかったら、是非、お立ち寄り下さい。なにより、仙台市地下鉄東西線を利用すれば、川内、青葉山キャンパスの帰り道に、という方も時間も読めて、行動しやすいのでは。その途中にある「青葉通一番町駅」から渡辺の研究室がある片平キャンパスまで徒歩で10min程度。平地ですし。学校全体での行動というのであれば、少したいへんかもしれないですが、それでも、昔よりは、時間を読みながら、行動できると思います。もちろん、個人で参加の方は、地下鉄を利用すれば、いくつかのキャンパスをと言うのも可能と思います。

 で、オープンキャンパスは、7月末の7/25(火)-26(水)。この間、基本、渡辺は研究室におります。研究室までの道順は、渡辺のHPにありますし、あらかじめ、いつ頃研究室を訪問というのであれば、準備をしてお待ちしております。ここ数年、2~3の高校から高校生が見学にいらしています。研究室を見てみることで、実際にこんなところで、研究をしているという実感が芽生えるのではと思います。これまでの出前講義科学者の卵養成講座など、お目にかかったことのある方。是非、お立ち寄り下さい。お待ちしております。もちろん、事前申し込みなしでもwelcomeですので。

20170626105950-5fd212f300dc17bae7fb3fbb3e470ca7afae1472.JPG
 わたなべしるす





ページの一番上へ

【お知らせ】生命科学セミナー「Endocrine Network Essential for Reproductive Success and Courtship Memory in Drosophila melanogaster」を7月7日に開催

2017年6月12日 (月)

 生命科学セミナー「Endocrine Network Essential for Reproductive Success and Courtship Memory in Drosophila melanogaster」を7月7日に開催します。今回は、Departments of Entomology and Cell Biology & Neuroscience, UC Riverside, Prof. Michael E. Adamsに、セミナーをお願いしました。

 1つ前のお知らせにも記しましたように、UC RiversideからYamanaka先生がいらっしゃり、セミナーをお願いしました。Yamanaka先生と一緒に来仙されるDepartments of Cell Biology & NeuroscienceのChairをされているAdams教授にもセミナーをお願いしました。先のYamanaka先生の講義は、日本語でお願いしましたが、Adams教授のはもちろん、英語でとなりますこと、お許しください。もちろん、その方が、welcomeという方もいらっしゃるのでは。。。渡辺は苦手なのですが。何より、子供ころは、昆虫を捕まえて遊んでいた渡辺としては、昆虫の話を伺えるのは、楽しみなわけです。

           ↓クリックでポスターのPDF版がダウンロードできます(size=92kb)
20170612151232-003cdd51d646f7376f5a6606615595cf8f3a13b2.jpg では、7/7(Fri), 17:00~18:00に、1つ前のYamanaka先生の講義とあわせて、生命科学研究科・プロジェクト棟・講義室B (片平キャンパス)で行います。たくさんのご来場をお待ちしております。


 わたなべしるす





ページの一番上へ

【お知らせ】生命科学セミナー「昆虫のステロイドホルモンが細胞膜を透過するしくみ」を7月7日に開催

2017年6月12日 (月)

 生命科学セミナー「昆虫のステロイドホルモンが細胞膜を透過するしくみ」を7月7日に開催します。今回は、Department of Entomology, UC Riverside, Prof. Naoki Yamanakaに、セミナーをお願いしました。

 渡辺の研究分野は「植物生殖遺伝学」。昆虫との関係は。。。アブラナ科植物を栽培しているので、その害虫に鱗翅目などの昆虫はいますが。。。これまでの生命科学セミナーも、植物科学、インフォマティクス、教育など多岐にわたっていましたが、昆虫までになるとは(もちろん、渡辺は子供の頃から、昆虫は大好きで、昨年も、片平丁小学校の出前講義で、セミの幼虫を捕まえるというイベントを行ったくらいですから。)。。。こんなきっかけも、渡辺が統括コーディネーターを行っている飛翔型「科学者の卵養成講座」のおかげ。一昨年と今年、そのイベントで高校生を引率して、UC Riversideに訪問したとき、お目にかかり、お世話になったのが、Yamanaka先生。今回、学会が日本で開催される関係で来日されると言うことで、セミナーをお願いした次第です。

 日本で学位を取られた後、UCRで現在の研究を展開しておられます。ということで、せっかく、興味深い話を母国語の日本語でということでお願いしました。ですので、分野が異なる方も、是非、ご参加いただきたくご案内申し上げます。

          ↓クリックでポスターのPDF版がダウンロードできます(size=130kb)
20170612102015-d4f7ff8cd3caecf5f18e59f04dc43f8c0a8e53d7.jpg では、7/7(Fri), 16:00~17:00に、生命科学研究科・プロジェクト棟・講義室B (片平キャンパス)で行います。たくさんのご来場をお待ちしております。


 わたなべしるす

 PS. 渡辺が学部学生、大学院生の頃、東京大・農学部・生物有機化学研究室(鈴木昭憲教授)の磯貝彰助教授のところへ、共同研究で伺っていました。どこかにも書いたことがあると思います。その頃、鈴木先生の助手をされていたのが、片岡宏誌助手。実験、サンプル調整等で伺うと、よく声をかけて頂いたのを覚えております。その片岡先生が農学部から新領域創成科学研究科に教授として異動され、その片岡先生の元で研究をされていたのが、今回、セミナーをお願いした山中先生になります。不思議なご縁で、科学者の卵養成講座というアウトリーチ活動のイベントでお目にかかることができるとは。。。そんなこともありまして。渡辺が企画した次第です。

20170612102532-383991045920ab460948d16f276d4425aa1a509c.JPG


ページの一番上へ

【お知らせ】生命科学セミナー「ハイブリッド・コムギ」を7月13日に開催

2017年6月11日 (日)

 生命科学セミナー「ハイブリッド・コムギ」を7月13日に開催します。今回は、Faculty of Science, The University of Adelaide, Dr. Takashi Okadaに、セミナーをお願いしました。

 Dr. Okadaは、東北大・農学部の鳥山教授のところで学位を取られ、その後、豪州でアポミクシスなどの研究を展開され、現在は、表題のチャレンジングなテーマについて、研究を行っておられます。来日されると言うことで、セミナーをお願いした次第です。農作物の多くは、そろいの良さ、収量などの点で、優れていることから「F1雑種」の種子が流通しています。それを、コムギでというのは、興味深いテーマであります。

             ↓クリックでポスターのPDF版がダウンロードできます(size=140kb)
20170611093128-cac9c120abddc226c62c1b67b61711b33b1e11ee.jpg では、7/13(Thr), 13:00~14:00に、生命科学研究科・プロジェクト棟・講義室B (片平キャンパス)で行います。たくさんのご来場をお待ちしております。


 わたなべしるす

 PS. Dr. Okadaのセミナーの前の週にも、ちょっと趣向の異なるセミナーをsettingしているのですが、少々長めの説明が必要なこともあって。。。少しお待ち下さい。





ページの一番上へ

「第2回 Tohoku INVENTOR開催!」(6/5追記)

2017年5月31日 (水)

 今日で5月も終わり。5月の気候は結構、人間には厳しかったような。もちろん、植物にも。さらに、5月の最後の今日は、西日本では局所的な雨。ゲリラ豪雨というのでしょうか。確かに、かなりの雨でした。そんな5月最後の日。渡辺は基本、サイエンスをやっているわけですが、アウトリーチ活動も。その1つが「科学者の卵養成講座」。今年で9年目。初年度の修了生は大学院生であれば、D1, M2の世代。その「科学者の卵養成講座」の第1期生が企画しているイベントのお知らせが渡辺の所に。中身は以下の通り。

****************************************
 Tohoku INVENTORとは――

 私たちTohoku INVENTOR実行委員会は、「社会をわくわくさせるアイデアを東北から発信!」を合言葉に、2016年5月に本格的に活動を開始しました。私たちは、文部科学省が毎年主催している、学生による自主研究の祭典「サイエンスインカレ」に端を発しています。同大会の出場者であり、飛翔型「科学者の卵養成講座」の出身者でもある代表・日置友智が、東北の自主研究を盛り上げるために立ち上げたのです。活動としては主に、自主研究を盛り上げるワークショップイベントを開催しています。また、「サイエンスインカレ」への参加実績もあります!

 2016年11月には、「第1回Tohoku INVENTOR」を開催し、大成功に終えました!

 そして来る6月25日(日)、今回宣伝させていただく「第2回Tohoku INVENTOR」を開催します!

20170605173528-191b6d858d47ee2da7b65c0fc1b6c35477098e38.jpg 文理を問わず,大学生と高校生が一堂に会し,分野横断的な研究発表や,いま私たちが実現させようとしている科学技術に関するワークショップを行う、それがTohoku INVENTORです!

 本イベントは二部構成で行います。 第一部では、文系理系を含む6名の、分野にとらわれない最新の研究発表を聞くことができます。サイエンスインカレでの受賞者などの優秀な学生ばかりです!

 第二部では、参加者と発表者がチームを組み、ワークショップを通して将来の発明を考えます。高校生・文系大学生・理系大学生・企業、様々な観点の意見が飛び交うワクワクした場を提供します!
(参加無料。途中参加・退室可。)

20170531223104-34fa6fd58313c8df463286cba13825abad0e760a.JPG 堅苦しくなく学問や社会の課題について考えを深められるチャンス!詳しく知りたい!という方は以下のホームページまたはFacebookにアクセス!
 ホームページ https://tohokuinventor.wixsite.com/homepage
 Facebook @tohokuinventor

 申し込みたい!という方は以下のメールアドレスに所属・学年・名前を記入して連絡を!
 Mail tohoku.inventor@gmail.com
****************************************
 渡辺も少しですが、昨年も参加しました。今年は。イベント続きの中の休みがほしい日曜日。気合いと根性で、行ってみようかなと。


 わたなべしるす

20170531223257-09e3359d69274cb4f8ab750af25aa84bfadcdeb9.JPG PS. 6/5(月), 11:45. 書いている文章には間違いがなかったのですが、ポスターに記載されている日付けが、間違っておりました。

 正しくは6月26日 → 6月25日でした。

 修正されたポスターのdataが来ましたら、掲載しますので。修正版を。日付け、曜日だけ、お間違いのないように。。。

PS.のPS. 6/5(月), 17:40. 修正版のポスターも届き、修正した、ポスターです。多くの方の参加を楽しみにしておりますので。











ページの一番上へ

≪ Prev 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25