東北大学・飛翔型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

東北大学・飛翔型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)

平成28年度 活動ブログ

平成28年度 活動ブログ養成講座の活動を記録しています

2017.05.28

海外研修報告会を終えて

こんにちは。埼玉県立浦和第一女子高等学校の川崎弥矢です。私は、昨年度の自己推薦の受講生で、発展コースⅠと海外研修に参加しました。昨日は平成29年度第1回の講義にお邪魔させていただき、海外研修報告会で海外研修のメンバーの1人として、新受講生の皆さんへメッセージを伝えさせていただきました。今回はその内容について書きたいと思います。 

     

海外研修報告会は開会式に続いて、昨年度受講生からの海外研修についての報告、昨年度受講生から今年度受講生に向けて、メンターさんから受講生に向けての3部構成で行われました。私は、今年度の受講生に向けて話しました。印象に残っている方がいたら嬉しいです。 

      

話したことは、私が実際にやってみたことと新受講生に向けてのアドバイスです。内容を少しまとめてみたいと思います。

実際にやったことは、事前の下調べと自分の意見を伝えること、ブログを講義後に書くことです。これらの共通部分は、どれもたくさん得た情報を整理しているということです。下調べは教えてもらったことを整理するための予備知識の形成、自分の意見を伝えることは自分では気づかなかったことに気づくこと、ブログを書くことは得た情報を整理しなおすことが目的だと思います。新受講生の皆さんはブログの更新が早くて良いと思います。ぜひ、忘れないうちに書くことを心がけてみてください。また、他の人の文章も読んで、よりよい文章を作っていってください。そして、ブログの中で質問をしている人がいて、探究心がすごいと思いました。時間は少ないですが、次は全体の前で質問してみてください。意見を伝える力が鍛えられると思います。

アドバイスは自分なりの工夫をすること、友達を作って話すこと、自分で考えて行動することの3つです。自分なりのプランを作ると最適な成長のしかたに近づくことができ、友達を作ると科学の話ができたり違う文化を知ることができたり競い合うことができたりし、自分で考えて行動すると他の人よりも学べる量を増やすことができます。 友達を作るときは、ある特定の環境の中だけではなく、できるだけ外に目を向けて、新しい友達からも多くのことを学んでください。与えられた環境以上のものを使わないと、もったいないです。

       

昨年度の今日は、自分がステージに立つ側になるとは思ってもいませんでした。このように、自分の努力次第で、予想をできなかったものになる可能性は十分にあります。途中で諦めて目玉焼きになるのではなく、精一杯がんばって大鷲になってください。 

      

最後に、新受講生の皆さんは初めてづくしで、とても疲れたと思います。先生から「寝るな!」という印象に残るスライドがありましたが、寝ないためには意志だけではなく、疲れを溜めないことも重要です。レポートのことは置いておいて、ゆっくり休んで疲れを引きずらないようにしてください。

      

平成28年度受講生 埼玉県立浦和第一女子高等学校 川崎弥矢


INDEX

私がこれまでに書いたブログの一覧です。参考にしてください。

海外研修で学んだこととは?

What is 海外研修?

その1  その2  その3  その4  その5  その6  その7

科学者の卵! 最終回!!

第10回 科学者の卵に参加して

第9回 科学者の卵

第8回科学者の卵養成講座

国際女性会議 WAW!2016を聴講して

第7回 科学者の卵

プラチナエネルギースクール@埼玉

第6回 科学者の卵

第5回科学者の卵

第4回特別講義

第3回が終わって・・・

初!科学者の卵!!

※第2回の講義については書いていません。

ぜひ書き続けてみてください。(そして豪華賞品を手に入れてください)

皆さんのブログを見るのを楽しみにしています。

    

〈ブログについて気づいたこと〉

1年間書いていて気づいたことを少しだけ書きます。

  • まちかどサイエンスはスマートフォンからでも上手く書くことはできますが、ブログはスマートフォンからだと改行ができないなど機能が制限されてしまうようです。
  • 1行開けたいときには、開ける部分にスペースを打ち込んでみてください。
  • Wordからコピペした場合には、作成画面の上部にある消しゴムのマークのところで、書式の削除を行うと見やすくなると思います。

読みやすい文章・見やすい文章も追求してみてください。

投稿者:埼玉県立浦和第一女子高等学校

PAGE TOP