【出前講義】石川県立小松高等学校・SSH、生物部特別講義「ダイコンを利用したストレス実験等に関する実験の討論・指導」(5/10)

2012年5月10日 (木)

 先月の中旬には、SSHの課題研究の開講式での講演と言うことで、石川県立小松高等学校におじゃましました。それから3週間ほどでしょうか。また、明日にでも報告しますが、石川県の高校生物関係の先生方への講演会ということで、その前日に、課題研究などの指導、討論と言うことで伺いました。今日も5月というのは変ですが、今回の講義も、「The fascination of plants day (国際植物の日--世界のみんなで植物のたいせつさを考える日--)」の一環ということで。

DSCN2609.JPG 最初に学校周辺にある、ハマダイコンの群落を見せて頂き、これをどうやってSSH、部活動の研究に生かせばよいかなど、担当の寺岸先生と議論になりました。とても多様性があり、また、石川県の小松市周辺にはたくさんの群落があるとか。是非、形態、世代間での変遷など、今の測定技術を使えば、おもしろいことができるのではと思いました。もちろん、このあとの講義で、この話題も。。

DSCN2601.JPG 校内のダイコンは前回伺ったときから考えれば、花盛りも過ぎてしまい、。。ダイコンコンソーシアムのHPにあるように、交配実験は進んでいるのも拝見しました。外のダイコンは、鞘になっていましたが、放任受粉で。温室のは手をかけてあるだけあって、花もまだ残っていて、交配の袋掛けもたくさん。無事、たくさんの種が取れると、おもしろいのでは。最後に、先の群落の解析について、こうしてみたら等のコメントをしたり、課題研究の質問を受けたり。あっという間でした。

DSCN2613.JPG 最後に、SSHのトップをされている松原先生、寺岸先生をはじめとする数名の先生方と1hrあまり、SSHのこれまでのこと、これからのことをお話しできたのは、何よりでした。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。


 わたなべしるす



≪ Prev  | diary Top | Next ≫

ARCHIVE